割れても「まだストックがある」の安心感。IKEAの秀逸ワイングラス

6脚セットで税込み599円。結構、衝撃です。

きっとこれ以上、コスパのいいワイングラスはないのでは?もちろん安かろう悪かろうじゃあ、どうしようもありません。でも「SVALKA(スヴァルカ)ワイングラス」は、そこそこ使えるできる子。

ふだん使いならコレ!

【ステム】手に取りやすく適度に細い → 悪くない
【ボウル】ほどよく丸みがある → ナイス!
【リム】唇のあたりもいい → ゴキゲン

何が言いたいかって、SVALKAなら十分デイリーワインを楽しめるってこと。ガンガン普段使いできるワイングラス。のわりにホームパーティーの場面にも恥ずかしくない。

縦長でチューリップのような形状は、俗に言う「ボルドー型」。カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなんかの赤ワインに最適ですが、白でも問題ありません。万能選手です。もちろんミネラルウォーターを注いでも。

よっぽどのフルボディだったり、デキャンタージュが必要なタンニン強めのワインや、「香りにこだわりたい!」ということでない限りは、どんなワインでもSVALKAがこなしてくれます。

というより、こちらを普段使いのベースにしておいて、ちょっと気分のいいワインを飲みたいときは、それ用のグラスを購入するでもいいんじゃないかと。

ただ、ワイングラスって洗ってるときにステムがパキっといったり、食器棚にしまう際にリムを当てちゃったり。で、その都度買い足しをしていこうとなると、グラスの高さにバラつきが出たりして、結局は収納に困るもの。

だったらいっそIKEAの定番ライン。というわけです。

あとは6脚という数とどうつき合うか。そこさえクリアできれば、デイリーワインはSVALKAにお任せです。公式オンラインストアでも購入可能です。

©2020 NEW STANDARD

とまあ、こんな感じにボクらの生活スタイルのなかで、フツーに使えるIKEA商品って結構あるんですよね。

たしかにコスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAモノをボクら目線で選んでみました。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
福岡「オカモト商店」の3代目が新たに立ち上げたブランド「g」が、久留米絣の製造を担う11の機屋と共に作り上げた、一日中着ていたくなる、そしてファッション感...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
新型コロナウイルスの影響で行き場を失った銘柄鶏を、自宅で手軽に楽しめる焼き鳥キット「べランディング鳥幸」。すでに4000セット完売と勢いが止まらない!
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
7月31日、ビヨンセが監督と脚本、製作総指揮を務めたビジュアル・アルバム『ブラック・イズ・キング』が「Disney+」にてリリースされた。
7月30日より「NBA 2019-20シーズン」が再開。「NBA」と「NBPA(NBAの選手労働組合)」は、ユニホームに記載されている名前を社会正義に関す...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...