笑うならば笑えばいい!「マスク型」のワイングラスの真の実力

クラウドファンディングを目的としたサイトKicksterterには、あらゆるモノが登場する。目からウロコの発明品もあれば、次世代ハイテクギア、モノでなくともコンセプトやプロジェクトそのものに出資を求めるものもある。さらに言えば、なかにはこんなギャグ狙い(?)と思えるようなものも。

鼻が高すぎると、
こんな悩みを抱えるのか…

正直、開発者の本気度合いがどのくらいなのか分からない(笑)。まさか、鼻の高い人たちがこんな悩みを抱えていた、とも思えないし。

インダストリアルデザイナーJames Piattが出資を求めているのは、誰の顔にもきれいにフィットするワイングラス。その名も「Wine Glass Mask」。どうしてマスクかって?高い鼻の持ち主Jamesに言わせれば、そこがミソ。

顔の形状に合わせてリムを設計

たしかに、ボルドー型やモンラッシェといったタイプのワイングラスは、リム(唇が触れるグラスのふち)の直径が大きいものがある。日本人の場合、ブルゴーニュ型くらいだと、ちょうどワイングラスを空けようとするあたりで、自分の鼻にリムがあたるんじゃないだろうか。

まあ、あれをイヤと感じるかどうかは人それぞれだけど。Jamesにとっては、そこがネックだったようだ。ならばと彼は顔の形状に合わせてグラスをリデザイン。画像からも分かる通り、ご自慢の高い鼻はグラスの中にすっぽり収まっている。

顔のかたちにフィットさせることで、ワインがより飲みやすくなるということらしい。だけど、これじゃあワインの放つアロマをどうやって楽しんだらいい?

ベンチュリ効果で
アロマ香を一網打尽

このグラスを見た目だけで判断してはいけなかった。ほとんどギャグにしか思えない代物には、Jamesの緻密な計算が秘められていた。

じつは彼、マスクのように鼻を覆ってしまうことによるネガティブ面を補うため、グラスの両サイドに小さな空気孔を設けていた。流体力学を応用し、この小さな穴から入る酸素を減らすことでボウル内部のワインアロマを増幅させて香りや風味として鼻に届ける効果(ベンチュリ効果)を狙ってのもの。

完全にヤラレタ…なわけである。

このオモロさが伝わらない?

美しさをいったん抜きにして考えたとき、バカバカしすぎて(それでいて用途を満たしていて)逆にオモシロいと思うけどなあ。ちなみに価格は早期割引が入り、1つ15ドル(約1,700円)とそこそこ。

78,000ドルの目標額に対して、まだ2,000ドルちょっとしか出資を得られていない現実では、さすがに商品化は夢のまた夢か。このグラスの真価を発揮できるかは、残り半月ほどに迫っている。Jamesの心意気と、斜め上をいくセンスに出資したいという人がいれば、どうぞこちらから。

Licensed material used with permission by James Piatt
他の記事を見る
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...