笑うならば笑えばいい!「マスク型」のワイングラスの真の実力

クラウドファンディングを目的としたサイトKicksterterには、あらゆるモノが登場する。目からウロコの発明品もあれば、次世代ハイテクギア、モノでなくともコンセプトやプロジェクトそのものに出資を求めるものもある。さらに言えば、なかにはこんなギャグ狙い(?)と思えるようなものも。

鼻が高すぎると、
こんな悩みを抱えるのか…

F8acfda0e6dee9d5e8f8672082358eb6e394aa37

正直、開発者の本気度合いがどのくらいなのか分からない(笑)。まさか、鼻の高い人たちがこんな悩みを抱えていた、とも思えないし。

インダストリアルデザイナーJames Piattが出資を求めているのは、誰の顔にもきれいにフィットするワイングラス。その名も「Wine Glass Mask」。どうしてマスクかって?高い鼻の持ち主Jamesに言わせれば、そこがミソ。

顔の形状に合わせてリムを設計

D2db6214584dc83cc0c1fa09d75af7235a35369f

たしかに、ボルドー型やモンラッシェといったタイプのワイングラスは、リム(唇が触れるグラスのふち)の直径が大きいものがある。日本人の場合、ブルゴーニュ型くらいだと、ちょうどワイングラスを空けようとするあたりで、自分の鼻にリムがあたるんじゃないだろうか。

まあ、あれをイヤと感じるかどうかは人それぞれだけど。Jamesにとっては、そこがネックだったようだ。ならばと彼は顔の形状に合わせてグラスをリデザイン。画像からも分かる通り、ご自慢の高い鼻はグラスの中にすっぽり収まっている。

顔のかたちにフィットさせることで、ワインがより飲みやすくなるということらしい。だけど、これじゃあワインの放つアロマをどうやって楽しんだらいい?

ベンチュリ効果で
アロマ香を一網打尽

1a738f8e7b97fa4d5e9481d27c79627569afad91

このグラスを見た目だけで判断してはいけなかった。ほとんどギャグにしか思えない代物には、Jamesの緻密な計算が秘められていた。

じつは彼、マスクのように鼻を覆ってしまうことによるネガティブ面を補うため、グラスの両サイドに小さな空気孔を設けていた。流体力学を応用し、この小さな穴から入る酸素を減らすことでボウル内部のワインアロマを増幅させて香りや風味として鼻に届ける効果(ベンチュリ効果)を狙ってのもの。

完全にヤラレタ…なわけである。

このオモロさが伝わらない?

Bdcfc5b8a50797b84a51e746ca2043f6df74fef6

美しさをいったん抜きにして考えたとき、バカバカしすぎて(それでいて用途を満たしていて)逆にオモシロいと思うけどなあ。ちなみに価格は早期割引が入り、1つ15ドル(約1,700円)とそこそこ。

78,000ドルの目標額に対して、まだ2,000ドルちょっとしか出資を得られていない現実では、さすがに商品化は夢のまた夢か。このグラスの真価を発揮できるかは、残り半月ほどに迫っている。Jamesの心意気と、斜め上をいくセンスに出資したいという人がいれば、どうぞこちらから。

Licensed material used with permission by James Piatt
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
約5,000円から支援可能です。
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
エチケットに暗い色の馬の額とワイングラスをコラージュした図柄が描かれた「ダークホース ピノ・ノワール」。お値段は1,000円台前半。その味わいは名前に反し...
近年、シアトルでは街中や郊外にワイナリーが増加中。そのきわめつけが、都心部から車で30分の場所にあるワイン村・Woodinville(ウィッディンビル)。...