笑うならば笑えばいい!「マスク型」のワイングラスの真の実力

クラウドファンディングを目的としたサイトKicksterterには、あらゆるモノが登場する。目からウロコの発明品もあれば、次世代ハイテクギア、モノでなくともコンセプトやプロジェクトそのものに出資を求めるものもある。さらに言えば、なかにはこんなギャグ狙い(?)と思えるようなものも。

鼻が高すぎると、
こんな悩みを抱えるのか…

F8acfda0e6dee9d5e8f8672082358eb6e394aa37

正直、開発者の本気度合いがどのくらいなのか分からない(笑)。まさか、鼻の高い人たちがこんな悩みを抱えていた、とも思えないし。

インダストリアルデザイナーJames Piattが出資を求めているのは、誰の顔にもきれいにフィットするワイングラス。その名も「Wine Glass Mask」。どうしてマスクかって?高い鼻の持ち主Jamesに言わせれば、そこがミソ。

顔の形状に合わせてリムを設計

D2db6214584dc83cc0c1fa09d75af7235a35369f

たしかに、ボルドー型やモンラッシェといったタイプのワイングラスは、リム(唇が触れるグラスのふち)の直径が大きいものがある。日本人の場合、ブルゴーニュ型くらいだと、ちょうどワイングラスを空けようとするあたりで、自分の鼻にリムがあたるんじゃないだろうか。

まあ、あれをイヤと感じるかどうかは人それぞれだけど。Jamesにとっては、そこがネックだったようだ。ならばと彼は顔の形状に合わせてグラスをリデザイン。画像からも分かる通り、ご自慢の高い鼻はグラスの中にすっぽり収まっている。

顔のかたちにフィットさせることで、ワインがより飲みやすくなるということらしい。だけど、これじゃあワインの放つアロマをどうやって楽しんだらいい?

ベンチュリ効果で
アロマ香を一網打尽

1a738f8e7b97fa4d5e9481d27c79627569afad91

このグラスを見た目だけで判断してはいけなかった。ほとんどギャグにしか思えない代物には、Jamesの緻密な計算が秘められていた。

じつは彼、マスクのように鼻を覆ってしまうことによるネガティブ面を補うため、グラスの両サイドに小さな空気孔を設けていた。流体力学を応用し、この小さな穴から入る酸素を減らすことでボウル内部のワインアロマを増幅させて香りや風味として鼻に届ける効果(ベンチュリ効果)を狙ってのもの。

完全にヤラレタ…なわけである。

このオモロさが伝わらない?

Bdcfc5b8a50797b84a51e746ca2043f6df74fef6

美しさをいったん抜きにして考えたとき、バカバカしすぎて(それでいて用途を満たしていて)逆にオモシロいと思うけどなあ。ちなみに価格は早期割引が入り、1つ15ドル(約1,700円)とそこそこ。

78,000ドルの目標額に対して、まだ2,000ドルちょっとしか出資を得られていない現実では、さすがに商品化は夢のまた夢か。このグラスの真価を発揮できるかは、残り半月ほどに迫っている。Jamesの心意気と、斜め上をいくセンスに出資したいという人がいれば、どうぞこちらから。

Licensed material used with permission by James Piatt
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...