グラス1杯分のワインが毎月届く。試飲感覚で楽しめる、定期便サービス「VINEBOX」

よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり、勧められるがままに、多くのワインボトルを開けてきたはず。中には、口に合わずに…なんてものもあったのでは?

ここに紹介するワインの定期便サービスは、なんとグラス1杯分から。「テイスティング感覚で利用できる」と評判を呼んでいる。

グラス1杯100ml分
毎月3本届くミニボトル

味はもちろん、産地の異なるワインを毎月楽しめる「定期購入サービス」は、ワイン好きの間ではすでに周知のサービス。認定ソムリエたちが厳選したワインとはいえ、送られてくるのはボトル1本(750ml)単位で、これが数本というのが基本スタイルだろう。

ところが、新たな会員制定期サービス「VINEBOX」は、わずか100mlをボトル詰めした極少量タイプ。これが3本セットになったお楽しみボックスで、毎月自宅に届くというもの。量にしてわずかグラス1杯分。このサービス最大の魅力だ。

というのも、いくらプロのソムリエが厳選した味といえど、自分の口に合わなければ意味がない。もしも、そんなワインが届いてしまったら…。「あの有名ソムリエのセレクトだから」とか「この価格なら仕方なし」、と都合よく解釈してガマンする?ボトル1本は意外に量がある。

中小規模のワイナリーから
隠れた“個性”を見つけ出す

まるでフラスコのような専用ボトルは、それぞれ100ml入り。アメリカで特許取得済みの製法で瓶詰めされたワインが、産地から直送される。このままでも3年間は保存が可能だそう。ソムリエとワイン業界の専門家がタッグを組み、世界中の中小規模のワイナリーから、品質のいい個性的なワインを毎月セレクト。ここに、並々ならぬこだわりと自信が伺える。

たとえば、世界100カ所以上のワイナリーでコンサルタントを請け負うミシェル・ロラン氏を招いてから、飛躍的な品質向上を遂げた「シャトー・キルヴァン 2008」。ゴールデンイエローの美しい「ドメーヌ・グロゼ 2011」。シャトーやドメーヌの大小に関わらず、独自ルートを開拓した個性あふれるセレクトが身上だ。

テイスティング感覚で
自分のお気に入りを
見つける楽しみ

まだスタートしたばかりのサービスゆえか、初期の数カ月間はフランス、イタリア、スペインからの直送ワインが中心。今後、契約ワイナリーをヨーロッパ各地へと広げていく予定だという。

ところで、「VIBEBOX」はワイン通よりもどちらかといえばワイン初心者の人に向けてこのサービスを展開したい狙いがある。というのも、グラス1杯分という小分けにしたのは、それぞれのワインの良さを知ってもらうための、いわばテイスティング用というわけだ。そこでお気に入りの一杯を見つけ出し、ケースでボトルを注文してもらう、というのが真の狙い。けれど、これこそがワイン通の“失敗しないオーダー法”でもある。

そのため、アプリと連動してボックス内のワインの説明やワイナリーの情報を提供。わずか1杯分だが、より詳しくワインに触れるサービスを提供し、自分が試飲したワインのログも残せるようになっている。バラエティ豊かなワインに触れることで、興味もググッと広がるはずだ。

まずは、グラスで1杯。お気に入りを見つけたら、ボトルを注文してワインパーティーで友人を招いたり、友人にプレゼントしたり。少量飲み比べサイズ、意外に使い勝手が良さそうだ。

ちなみに価格は1ヶ月35ドル(約4,000円)、年間購買の場合は月額が30ドル(約3,400円)とお得になる。いづれも会員登録が必須。残念ながら、現在のところアメリカ13州のみでのサービスだが、日本でのサービス開始を期待せずにはいられない。

Licensed material used with permission by VINEBOX Inc
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
パウチパックでウイスキーが飲める。それもお試しサイズのグラス1杯分。
全国のパン屋さんの焼きたてパンが、毎月自宅に届くサブスクリプションサービス「パンスク」。サービス導入は2020年2月を予定。
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
1月28日、東京のHIPHOPシーンで注目を浴びるYENTOWNに所属するラッパー「kZm」と、DJ DARUMAが率いる「FULL-BK」のコラボコレク...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
「OKOLIFE」は、その名の通り「お香」が定期的に届くサブスクリプションサービスだ。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
近年、シアトルでは街中や郊外にワイナリーが増加中。そのきわめつけが、都心部から車で30分の場所にあるワイン村・Woodinville(ウィッディンビル)。...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
車のシェアサービス「Lyft」が自転車シェアサービス「LyftUp」を発表。このサービスは「Lyft」と「YMCA」、さらにレブロン・ジェームスの協力を得...
エンジニアとして活躍するShah Galeeb Ahmedさんが開発したのは、週単位で自分が死ぬまでの期間を可視化してくれるサービス「How many w...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...