豪カンタス航空がエコノミーでも、無料でワインの「テイスティングサービス」を始めた理由

オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった乗客に対しワインのテイスティングサービスを実施しているそう。これ、テイスティングという点がキモなんです。

希望者はギャレーの中で
テイスティングできます!

Ef70e3cbc1599eefaeb317bf6b50c0a53d8910ac

でも、単なるオーストラリア産ワインのドリンクサービスという訳ではなさそうです。なぜってファーストやビジネスならまだしも、エコノミークラスでもこのサービスを利用することができると言うのだから。

ところがこれは、あくまでテイスティングとしての位置付けで、ワインが振舞われる場所もギャレー(機内の調理室)の中。しかも、サービス自体があまり公には知られていないもののよう。これって、一体どういうこと?

ソムリエ養成講座
客室乗務員の研修だった

「トラベルボイス」によると、カンタス航空では、昨夏オーストラリアのトップレストラン「ロックプール・グループ」のワイン専門家を交えたソムリエチームを結成。このチームが、ワインやシャンパン、スピリッツなどおよそ1,200種をテイスティングし、国際線と国内線、およびラウンジで提供される飲み物の評価と選定を行ってきたそうです。

また、機内で提供される料理とワインのマッチングを客室乗務員がきちんと説明できるよう、“天空のソムリエ”養成のため、独自の研修プランを始めました。つまり、この無料サービスはその実技試験の一環だったワケ。

豪州ワインのクオリティを
航空会社がアピール

9fee046b772a0a5798a78cd8ffa2f374c9074767

これまでにもワインサービスの取り組みが高く評価され、ロンドンの旅行専門誌が開催した「Cellars in the Sky Awards」にて、毎年のようにカンタス航空は賞を受賞してきました。

ワイン生産量では、つねに世界トップ10に名を連ねるオーストラリア。自国産業の多様性と品質の高さを世界に広める重要な役割を、航空会社が担っているという自負は、「毎年およそ1,500万豪ドル(約11億円)をワイン業界に投資し、機内ワインの選定に力を入れている」という、国際線部門担当のCEOギャレス・エヴァンスの言葉にも表れています。


教育プログラムを自社で構え
ブランドの独自性を打ち出す

各航空会社ともにソムリエの資格を持つ客室乗務員がいること自体は、何も珍しいことではありません。けれど、正式なワイン教育プログラムを自社で取り入れ、客室乗務員があらゆる観点からワインサービスについて学ぶことで、差別化を図ったカンタス航空。

現在、すでに200人のソムリエが育ち、2,000人以上の客室乗務員が、中級または上級レベルのトレーニングを終了している(と同社は報じている)ことからも、その本気度の高さが伝わってくるのでは?

もし、近くカンタス航空の利用を予定している人は、乗務員にワインリストをオーダーしてみてはいかがでしょう。もしかしたら、特別なワインが用意されたギャレーに招待されるかも!?

カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
アメリカ国防総省からは約11億円の投資を受けているそうですよ。
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
先日、カルガリー大学に通っている246人のニコルさんたちが友だちになるという、ちょっと変わった出来事がありました。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...