この博物館でしか、世界中のワインの魅力を「五感で体験」することはできない

仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年の時を経て完成したこの施設のこだわりは、「細部のつくりまでワインの魂を表現すること」。

さて、そのこだわりとは?

博物館そのものが
ワインのカラフェ型

©Photos AnakaLa La Cité du VinXTU architects

まず注目すべきはその建築。18世紀からの伝統的な建物が並ぶ中心街からトラムに揺られること15分、ボルドーワインのぶどうの生産を支えているガロンヌ川沿いに、突如として現れる巨大な近代建築がワイン文明博物館だ。

天高くうねりながらせり上がっていくこの建物、刻一刻と変わる空模様や太陽の向きによって違う光り方や表情を見せてくれて、見ていて飽きることがない。設計者はワインのカラフェやガロンヌ川の流れをイメージしたという

美味しいワインを飲んだときに体の中を駆け巡る躍動感(や、その年の気候やグラスの中でも味が変化するワインの面白さ)を連想する人もいるかもしれない。

ちなみに建物の中も曲線美だらけ。3,000平方メートルにも及ぶ3階の展示スペースを構成する574本の木製の梁は、1本1本が異なる曲線を持っていてすべてカスタムメイドだ。

パネル展示を廃し、
ヘッドホンとタブレットで
体験と没入に特化

展示のコンセプトは「体験型、没入型、そして直感的」。

館内には、延々と説明文が書かれたパネルはほとんど存在しない。入り口でまず渡されるのがヘッドホンとスマートフォンのような「トラベリングコンパニオン」。 その名の通り、ワインの文化を知る旅のお供になってくれる。

これを館内250カ所にあるセンサーにかざすと、各展示と連動したアトラクションが始まるようになっている。表示言語とオーディオは日本語も選択可能だ。

入り口の大きなスクリーンにはヘリコプターから見た世界有数のワイン畑の映像が次々と映し出され、別のスクリーンでは各地の生産者やマーケティングに関わる人たちが、自分の土地で生産されるワインの魅力をプレゼンしてくる。

インタラクティブな地球儀を回すと、「え?こんなところでもワイン造り?」と驚く産地があるかもしれない。

ワインの歴史は貿易船に乗って

©Photos AnakaLa La Cité du VinXTU architects

歴史もちゃんとカバーされている。「ワイン文明」のコーナーに設置された箱の中にセンサーをかざせば、ユーモアに溢れた寸劇が始まる。

箱から箱へとテンポよく進んでいくと紀元前6,000年の古代エジプトから現代に至るまで、ワインがどのように生まれ、楽しまれ、広まり、守られてきたのかを学ぶことができる。

 隣の鑑賞スペースでは、ワイン貿易船に乗る旅を体感できる映像コンテンツも。飲んだ後に見ると船酔いしてしまうかも?

ワインの特徴を表現する
「香り」も展示

ところで、よく花や植物、香辛料の香りでワインの特徴を表現することがある。それってどんな匂いなの?と首をかしげることも多いけれど、ここではそれらの香りを実際に嗅いでみることができる。それが、このずらりと並んだフラスコ。

常設展示だけでも全部で10時間を超えるコンテンツは、生産者や仲介業者、ソムリエ、レストランのシェフやブロガーのワインの専門家など、まさにワインの魂とも言える人々100人のインタビューをもとに作られているそう。

これを“マンツー”で聞くことができるブースも多く設置されており、誰の話を聞くのか?何について質問するのか?来場者それぞれが自分で自由に動き、自らが触れるコンテンツを選択して、発見を楽しむ。この「旅らしさ」が展示の醍醐味だ。

ワインを飲む人も飲まない人も、知識のある人もうんちくが嫌いなひとも、誰もが楽しめるようにと作られた展示。なんと、こども向けのツアーもあるそう。

入場料にはグラス1杯の
テイスティングも含まれている

街はボルドーワインで有名な場所だけれど、あくまでも世界のワイン文化を楽しめるのがこの博物館の醍醐味。1階のワインセラーでは70か国以上から集められた800種類ものワインを取り扱っており、シリアやエチオピア、バリやタヒチなど珍しい国の銘柄も。また、自由に閲覧できる2階の図書館には世界中から集められたワイン関係の書籍がある。

そうそう、入場料にはグラスワイン1杯も含まれており、360度ガラス張りの9階展望台にて味わうことができる。その1杯をどこの国のどのワインにするか、悩むところだ。

展示や試飲で満足できない人は博物館の主催するワイン教室でテイスティングをより深く学んだり、最上階の展望レストランで食事とのマリアージュを楽しんだりすることもできる。(どちらも入場チケットなしでも利用可能)。

ちなみにワイン博物館で働く人たちのドレスコードはピンクのシャツにカーキのボトムスとカジュアルだ。博物館を訪れた人ならば、町中でこの色合わせの人を見かけると職員だと分かるだろう。これも、ワインとともに生きてきた伝統的な町の中になじむ、粋な仕掛けのひとつだ。

Photo by Akiko Terai
Licensed material used with permission by La Cité du Vin
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...