純米大吟醸の「生酒」が、しぼったその日のうちに届く。

ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。それが、関東であればその日のうちに届くのだという。

Makuake」で紹介されているプロジェクトは、日本酒「酒々井の夜明け(しすいのよあけ)」を、11月12日(土)の解禁日、午前0時からしぼり各地へ送る。

新鮮な「生の日本酒」を飲む!

生の日本酒には「生酒・生詰め・生貯蔵酒」と種類がある。なかでも、火入れという加熱処理を一切行わないのが“生酒”だ。菌を殺さないため風味の変化が早く、要冷蔵でなるべく早く飲むのが鉄則とされている。喉をくぐる感覚、鼻に抜ける香り、好みはあれど、ファンにとっては想像しただけでたまらない味だろう。

「酒の井伝説」の地で続く、
創業300年・老舗酒蔵の味。

「酒々井の夜明け」を作っている酒蔵は、千葉県印旛郡酒々井町にある。文字通り酒にまつわる伝説がある町だ。そこで江戸時代・元禄から300年以上続いている老舗が「飯沼本家」である。

毎年「今朝しぼり」という生酒を販売していたが、この度「酒々井の夜明け」に改名。より多くの人へ届けようとプロジェクトを発足した。

千葉県内のみで生産されるお米「ふさこがね」を贅沢に50%まで自社精米して醸した純米大吟醸酒を届ける。関東地区であれば当日中(11月12日土曜日)、その他の地域は、翌日または翌々日以降に届くという。関東でなくとも、新鮮な生酒を味わえるいい機会だ。詳細はコチラから確認できる。

「酒の井伝説」って?

酒々井町のWEBサイトからその内容を紹介する。実物はもうないが、酒々井町にある「円福院神宮寺」の境内には、井戸があった。いまは記念碑が建てられている。そこでどんなことが起こったのか…、そんな話をするのも秋の夜長にはちょうどいいかもしれない。

大昔。印旛沼の近くに、老いた父親と孝行息子が暮らしていた。父親は酒好きで、息子は一生懸命働いては父のために酒を買っていた。あるとき、酒を買う金がつくれなかった日があった。息子は落ち込み、トボトボと家に向かって歩いた。

すると、道端の井戸の中からぷうんと酒の匂いが漂ってきた。水を汲んで舐めてみると、なんとそれは本物の酒だった。さっそく家に持ち帰り父に飲ませた。「こりゃうまい酒だ。ありがたい」とたいそう喜んだそうだ。

息子は、毎日この井戸から酒を汲み、父に飲ませた。しかし、不思議なことに親子以外の人が飲むと、ただの水なのだ。この話を聞いた人々は「きっと、孝行息子の真心が天に通じたに違いない」とほめたたえた。この酒の話が広まり、村はいつか「酒々井」と呼ばれるようになった。

Reference:酒々井町
Licensed material used with permission by Makuake
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
先月発売された「ワイングラスで飲む純米大吟醸6蔵」は商品名が示す通り、純米大吟醸で揃えた日本酒はどれもフルーティーで香り高くワインのようにグラスで愉しめる...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
熊本の老舗酒蔵「美少年酒造」の大吟醸酒をそのまま配合した除菌アルコールハンドスプレー「Mistgram60」が今月20日(金)から発売。
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
「STANLEY」が「WIND AND SEA」とコラボレーション。
およそ2000年前、ヴェスピオス火山の噴火で灰に埋もれてしまった南イタリア・ポンペイのとある遺跡。その遺跡は2019年に一部が掘り起こされ、約2年かけて全...
10月1日「日本酒の日」に、オンラインで全国一斉に乾杯をするイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2020」」が実施される。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
佐賀県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」は、「atmos」とコラボし、佐賀県の日本酒をフィーチャーしたオリジナルグッズを展開。 ストリートカルチャー...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
山形県酒田市にある楯の川酒造がつくっているお酒「ヨー子」は、「楯野川 純米大吟醸酒」と、鳥海山麓の牧場から届いた「ヨーグルト」をブレンドしたお酒。“週末だ...
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。