千葉県産の「ガラナ飲料」?千葉大学と官民のタッグで誕生した新たな名産品

「千葉大学」と学内の研究成果活用型ベンチャーとして注目を集める「ミライノラボ」などは、千葉県・長柄町の新たな名産品として、ガラナ飲料「ながらとガラナ いろはにほへと」を開発。

そもそも、ガラナ飲料はブラジルを起源とし、同国ではコーラなどと並ぶほど愛されるソフトドリンク。日本では、コカコーラの販売が他県に比べて遅かった北海道で広く普及し、道内限定で販売されている製品も多いという。

今回、そんなガラナ飲料が千葉県で誕生。「長柄町の中と外の人々をつなぎ、その新たな関係性から長柄町の新しい物語のきっかけとなること」をコンセプトに開発された。

官民学が一体となって生み出したこの製品は、ガラナ飲料特有のスッキリした喉ごしと風味を活かしつつ、独特なクセを抑えることで、これまでにない飲みやすさを実現。

古くから不老長寿の秘薬と言い伝えられてきたガラナ。昨年秋の台風で甚大な被害を受けた長柄町が「ながらとガラナ いろはにほへと」のパワーで一刻も早く元気なもとの風景に戻ることを祈りたい。

ながらとガラナ いろはにほへと
©千葉大学×ミライノラボ
Top image: © 千葉大学×ミライノラボ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
千葉県いすみ市にあるオーガニック農園「Brown’s Field(ブラウンズフィールド)」。ここのオーナーは、マクロビオティック料理家の第一人者である中島...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
イタリア・ベネチアに拠点を置く「CRASH BAGGAGE」は、スーツケースの生産を手がけているメーカー。そのプロダクトのいちばんの特徴は「ダメージ加工」...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
MaaSアプリの先駆者として知られるフィンランド発の「Whim(ウィム)」が2019年12月、千葉・柏の葉で実験的にサービスを始める。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「電動キックボード」のシェアリングサービスを展開する「Wind Mobility」の日本法人は、8月23日から千葉市美浜区に新たに3つのステーションを設置...
「カステラの研究所」をコンセプトにした新感覚のカステラ専門店「CASTELABO ICHIHARA」。千葉県市原市に2019年10月16日オープン。
「ニューバランス」より新たに登場した「ML754」は、面ファスナーによりロゴが取り替え可能。気分やコーディネートによってさまざまなスタイルが楽しめる!
9月15日(日)、DIYで誕生したステージから始まった音楽フェス「TONE RIVER JAM」が千葉・銚子で開催される。
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた神奈川・小田原市の名産「ほととぎす巻」。落花生...
手がけているのは、以前にも紹介したHAPPY NUTS DAY。地元を大切に想う彼らが手がけた、夏を満喫する「3つのDAY TRIP」を紹介しよう。サーフ...
緻密に造られたインスタレーションで、不確かな現実世界や虚構を表現することにより、概念を覆すような作品を発表する現代アーティストチーム「目 [mé]」。「千...
千葉県大多喜町にて、日本初のボタニカル・ブランデーを作る試みが始まっている。2015年に閉園した千葉県立薬草園跡地を2017年春に引き継ぎ、 日本初のボタ...
先週3日(金)より「Uber Taxi(ウーバータクシー)」が東京都でも利用できるように。
「EDW(イーディーダブリュー)」から「洗えるマスク」がデビュー。今週2日(木)に発売を開始したところ即完売に。現在、第2弾の追加予約を受付中だ。
蓋を開けた瞬間に広がる香りは、上質な素材と焙煎したての証拠。「HAPPY NUTS DAY」は、いま話題の千葉県九十九里発ピーナッツブランドです。こちらは...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で見つかる、「おかず味噌系」の食べ物。その代表格が、和歌山の「金山寺味噌」ではないでしょうか? なんせ金山寺味...
2014年にオープンしてから、ずっと変わらずに"月に1回しか営業しない"というスタイルばかり注目されている。なぜこのスタイルに行き着いたのか?チーズに込め...
千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。
「NEXUSVII」のトートバッグは、昨年の台風15号の後に千葉県内の被災地で使用されていたブルーシートを再利用。
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...