都内から90分「大山千枚田」のライトアップが幻想的・・・

ここは千葉県鴨川市の「大山千枚田」。楽しめるのは、地元農家が代々守ってきた“昔ながらの棚田風景”です。

ただし、普段の景色もさることながら、先日まで開催されたライトアップも素晴らしいものだったのだそう。Instagramには、現地を訪れた人たちが撮影した数々の写真が投稿されています。

約10,000個のLEDによる
ほっこりと優しい演出…

スクリーンショット 2016-01-11 17.42.13

この「棚田のあかり」は、去る2015年10月18日から2016年1月4日にかけて開催されたライトアップイベント。約10,000個のLEDによって生まれた幻想的な夜景が、多くの観光客を楽しませました。

スクリーンショット 2016-01-11 17.41.26

改めて説明すると、「大山千枚田」は千葉県指定名勝のひとつ。約4ヘクタールの急傾斜地に、階段のように大小さまざまな田んぼが連なる風景は、日本棚田100選に選ばれているそうです。

スクリーンショット 2016-01-11 17.41.38

暗くなるにつれて、灯火がぽつりぽつりと目立ち始めるーー。その瞬間が非常に感動的なのだとか!

スクリーンショット 2016-01-11 17.41.46

平野の田んぼとは違い耕地整理が遅れたことが、結果的に美しい棚田を現代に残すことになった模様。

スクリーンショット 2016-01-11 17.42.05

これが昼間の風景。ライトアップもイイですが、「緑」もやっぱり見たい!

ちなみにこの大山千枚田は、房総半島のほぼ真ん中に位置する、東京から“もっとも近い棚田”。ぜひ、次回の旅行先候補に入れてみては?

Reference:あんご通信 大山千枚田
Licensed material used with permission by kaaazu753eee_masadapon_0122yoseayosea kaoriko274

日本の原風景を美しく彩る、北陸地方の冬の風物詩「あぜのきらめき」。昨年、その幻想的な光で多くの人を魅了したライトアップイベントが、実は今年も開催中なんです。
石川県能登半島の輪島市白米町にある「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」は、棚田やため池の里山と伝統の海女漁や製塩方法が残る里海、伝統技術が農村の暮らしと結...
紅葉の名所は数あれど、京都・永観堂(禅林寺)は名実ともにトップクラス。その美しさは、『古今集』で「もみじの永観堂」と詠まれているほどです。見頃を迎えている...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施さ...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
千葉県君津市の清水渓流公園にある「濃溝の滝」。都心からわずか1時間程度でアクセスできる、隠れ家的パワースポットです。
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
広島の知られざる魅力を詰め込んだ、究極のガイドブック「カンパイ!広島県」の第3弾「広島秘境ツアーズ」が発表されました。その人気ぶりは凄まじく、明日の6月2...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
スウェーデン北部の都市ルレオで開催されている「ICE MUSIC」は、氷で作られた楽器による演奏会。アイスバーやアイスホテルなど、“氷でできた◯◯”は数あ...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
605年に聖徳太子が創建したとされる、滋賀県の「教林坊」。この隠れ里では、紅葉の時期になると、敷地内のもみじの大木が一斉に真っ赤に染まる。11月1日からは...
「レインボーブリッジ」とはいえど、本当に“虹色”に輝くのは、一年でもごく限られた期間のみ。「いつの間にかライトアップが終わっていた…」なんて悔しい思いをす...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
このお店、居心地がいいんです。けん玉や古本、ちょっと変わった雑貨などたくさんのものが置いてある、茨城県つくば市のカフェ「千年一日珈琲焙煎所」。「オシャレじ...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...