聖徳太子の隠れ里。滋賀県「教林坊」が真っ赤に!

605年に聖徳太子が創建したと言われている、滋賀県近江八幡市の「石の寺 教林坊(きょうりんぼう)」。今年もこの場所が真っ赤に染まる季節になりました。約3000坪の敷地には、300本を超えるもみじの大木が。一斉に色づく様は必見です!

真っ赤な時間に
包まれる贅沢…

11月1日から「秋の特別公開」が開催。さらに、11月15日からは紅葉ライトアップも。もみじの大木たちが赤々と照らされ、まさに非日常の空間です。

江戸前期の茶人・武将である小堀遠州が手がけたとされる名勝庭園、そして奥には茅葺き書院も。やさしい光に照らされて、もみじの赤々しさがいっそう引き立ちます。

池に浮かんだもみじも、また、風情あり。

緑とのコントラストは
昼間ならでは。

ライトアップでその美しさが注目されがちな「教林坊」ですが、もともとは、苔におおわれた巨石が連なる桃山式の「池泉回遊式庭園」が有名。苔ともみじのコラボレーションを見られるのもこの時期だけ。

この時期になると多くの人が訪れる「教林坊」。“紅葉が美しい場所”というイメージが先行しているかもしれないけれど、そもそもは聖徳太子自作の石仏が祀られているお寺。文化財の保護、そして事故防止のため、撮影目的の長時間の入場、カメラの三脚・一脚の使用、スケッチなどはNGとされています。

これらを頭に入れて、心から、秋の「教林坊」を満喫しましょう!

 

「石の寺 教林坊」
〒521-1331 滋賀県近江八幡市安土町石寺1145

秋の特別公開
期間/11月1日〜12月10日 時間/9:30〜16:30
休み/なし ※期間中「秘仏不動明王」ご開帳
拝観料/大人500円(11月15日〜12月5日は600円)、
小中学生はいずれの期間も200円

 

紅葉ライトアップ2018
期間/11月15日〜12月5日 時間/17:30〜19:00(18:30受付終了)
拝観料/大人600円 小中学生200円 ※昼の拝観と別料金
※強風や気候条件によって、期間中でも散り終わる可能性あり

詳細はHPへ https://kyourinbo.jimdo.com/

Top image: © y.wanwan
andmore
他の記事を見る
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施さ...
愛媛県の八幡浜にある「風の樹」は、ご主人の林茂さんがひとりで切り盛りする1日1組限定の宿。海岸沿いの高台にある一軒家で、そこから眺める夕陽はとにかく絶景な...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
ここは千葉県鴨川市の「大山千枚田」。楽しめるのは、地元農家が代々守ってきた“昔ながらの棚田風景”です。ただし、普段の景色もさることながら、先日まで開催され...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
東京湾に自然林のある無人島が存在していることを知っていますか?それも大島や小笠原の話ではありません。神奈川県横須賀市。この無人島がナント、平日限定ながら一...
愛知県犬山市は、そびえ立つ古城が名所の中心である一方、近年はその周りにおしゃれなお店など多様な価値観が出現した。すると面白いことに、歴史コンテンツがまた改...