一生に一度は訪れたい!日本の美しい「紅葉」スポットまとめ

食欲の秋、読書の秋、という言葉がありますが、秋といえばやっぱり「紅葉」ですよね。

ということで、一足先にこの秋訪れたい「紅葉スポット」をご紹介。

週末のお出かけの参考にどうぞ!

京都・瑠璃光院の「床もみじ」

古都の秋は楽しみ方がたくさん。

なかでも、床に反射されたもみじがパノラマの用に広がる「床もみじ」は圧巻です。初夏には新緑が床に映り込む「床みどり」なるものもあるのだとか。

今年は事前予約制による拝観者数の人数の制限をおこなっているそう。人混みなく、ゆっくり紅葉を満喫するチャンスかもしれません。

「秋田の紅葉」を見にいくべき3つの理由

©秋田県

関東から紅葉狩りに行くとなると、神奈川、群馬、山梨あたりに足を運ぶことが多いですよね。ご時世的にも“穴場な紅葉スポット”を知りたいところ。

東京から秋田までは、秋田新幹線で4時間近くかかるけど、秋田にはその時間を費やしてでも、行かずにいられない絶景が待っているんです。

秋田の紅葉のキーワードは、「湖×紅葉」「山脈×紅葉」「温泉×紅葉」。これを聞くだけで、もう頭の中には“うっとりする景色”が広がっちゃいます......!

電車やバスでも行ける「群馬の紅葉スポット」

©ググっとぐんま観光宣伝推進協議会

じつは、東京駅から群馬県の主要都市の「高崎駅」までは新幹線で約1時間予算も5000円あればお釣りがくるくらいなんです。

湖面に映り込む「逆さ紅葉」や、車窓から見える「渓谷の紅葉」など、6つの美しい紅葉スポットは圧巻。

公共交通機関を使った、渋滞にハマらない「群馬紅葉トリップ」。乗り換えの待ち時間のチェックだけはお忘れなく。

聖徳太子の隠れ里「教林坊」

605年に聖徳太子が創建したと言われている、滋賀県近江八幡市の「石の寺 教林坊(きょうりんぼう)」。約3000坪の敷地には、300本を超えるもみじの大木が。一斉に色づく様は必見です!

今年も通常通り11月1日から「秋の特別公開」が開催。さらに、11月15日からは紅葉ライトアップも。

もみじの大木たちが赤々と照らされ、まさに非日常の空間を満喫してみませんか?

紅葉の秋とは一味ちがう「コスモスの秋」

©のこのしまアイランドパーク

秋といえば、真っ赤な紅葉。ですが、「紅葉の秋」とは一味ちがう、リゾート感たっぷりの「コスモスの秋」を堪能してみませんか?

福岡市西区の「姪浜渡船場」からフェリーに乗ること約10分、さらにバスで約13分。そこで待っているのは、島ならではのコスモス畑。癒やしの景色が広がっていますよ。

11月上旬までは、代わって遅咲きコスモスが見頃に。コスモスと海のコラボレーションが楽しめそうです。

Top image: © iStock.com/primeimages

関連する記事

自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
秋田県内にある人気の紅葉スポットを紹介。十和田湖、田沢湖、出羽富士とも言われる鳥海山など、雄大な自然の中にある紅葉スポットが満載。さらに乳頭温泉郷にある紅...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
605年に聖徳太子が創建したとされる、滋賀県の「教林坊」。この隠れ里では、紅葉の時期になると、敷地内のもみじの大木が一斉に真っ赤に染まる。11月1日からは...
「Amazon.com」の創業者であるJeffrey Preston Bezos(ジェフリー・プレストン・ベゾス)が設立した航空宇宙企業「Blue Ori...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
風が冷たくなり、秋の気配が漂ってきた今日この頃。そろそろ紅葉の季節も近くなってきましたね。四季の移り変わりで毎年楽しめる紅葉ですが、美しいのは日本だけでは...
紅葉の名所として名高い、京都・高台寺。今年も、大勢の人が「秋の夜間特別拝観」を楽しんだ模様です。ところで、今回のライトアップの対象が「紅葉」や「竹林」だけ...
日本ほど四季折々の景色が楽しめるところは、世界にもなかなかありません。とくに紅葉は美しく、11月は多くの地域で見頃となっています。でも美しい紅葉が楽しめる...
神奈川県足柄上郡山北町の玄倉川上流にあるユーシン渓谷で、美しい紅葉とエメラルドグリーンに輝く水のコラボレーションが、なんと神奈川県で楽しめます!
超高性能で、かつカッコよくキマるアウトドアグローブ「TAKI BE GLOVE」が「Makuake」に登場。
紅葉の名所は数あれど、京都・永観堂(禅林寺)は名実ともにトップクラス。その美しさは、『古今集』で「もみじの永観堂」と詠まれているほどです。見頃を迎えている...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施さ...
京都の紅葉は、いまが見頃。昼間に眺めたい人もいれば、夜間ライトアップが好きという人もいるでしょう。そうそう、源光庵のように「窓で切り取られたもの」も話題に...
清水寺に高台寺、永観堂、醍醐寺…、秋の京都を彩る紅葉の名所は挙げればキリがありません。が、中でもココ、瑠璃光院は特別な場所。詳しい理由は後ほど説明するとし...
これから、どんどん紅葉の美しさを楽しめる季節になっていくんだろうなぁ。そう思っていた時に、秋を感じるイラストを見つけました。フィンランド出身のMia Mi...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
京都の中心部、四条烏丸にある「凛葩(RINPA)」は、日本画と京町家をかけ合わせた宿。一棟貸し切りのこの宿には、きらびやかな日本画と木造建築の雰囲気がマッ...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
紅葉もいいけれど、それ以外の「秋」の自然の楽しみ方として「のこのしまアイランドパーク」のコスモス畑を紹介する。ビビッドなコスモスと海のブルーが見事なコント...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
秋田の「いぶりがっこ」は、簡単に言えば燻った大根。「がっこ」とは秋田の方言で漬物のことで、秋田県南部では古くから「いぶり漬け」と呼ばれ愛されてきました。こ...
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
クラフトジンの人気が加速するなか、爽やかな秋田杉の香りを楽しめるジンが登場。今週25日に「秋田杉GIN」が全国で発売される。