ポーランドのカエデ並木の紅葉は、魔法のような美しさ

日本ほど四季折々の景色が楽しめるところは、世界にもなかなかありません。とくに紅葉は美しく、11月は多くの地域で見頃となっています。

でも美しい紅葉が楽しめるのは、日本だけではないようです。

最高のコンディションは
4年に1度

写真家、Przemysław Krukさんが撮影した紅葉の写真は、ポーランド南部のZłoty Potokという地域にある、カエデ並木の風景。

多くの石灰岩と森に囲まれた、Juraという地域にあるこの道は、もともと馬が走る道として使われていました。Krukさんは8年前から毎秋欠かさずにこの場所を訪れて写真を撮り続けているそうですが、良い紅葉は2〜3年に1度、ベストなものは4年に1度しか出会えないと言います。

落葉が早く、見頃は一瞬

ポーランドのカエデの葉は色づいてから落葉までが早く、本当に見頃なのは一瞬なのだとか。その他にも、天候や気温、霧など、さまざまな要素のタイミングが合うのは、とても稀なことなのだそう。

日本の「紅葉」とは少し趣が異なるポーランドの紅葉も、なかなか味わい深いものがありますね。

Licensed material used with permission by Przemyslaw Kruk
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
風が冷たくなり、秋の気配が漂ってきた今日この頃。そろそろ紅葉の季節も近くなってきましたね。四季の移り変わりで毎年楽しめる紅葉ですが、美しいのは日本だけでは...
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...