2019年に撮影された圧巻の「絶景写真」が写真集に!

Instagramなどを通して度々目にする絶景写真。タイムラインやフィードに溢れる無数の写真のなかでも、その美しい風景が脳裏に焼きつき、“いつか訪れたい場所”として記憶に残る一枚があるのではないだろうか?

そんな風景写真が集まる国際的な写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は、2019年度の受賞者を発表した。

プロ・アマ問わずに参加可能で、世界中から自然や都市を撮影した写真が集まる同コンテスト。今年は840人の参加者が撮影した計3403枚の作品が選考にかけられたという。

その年を代表する優れた写真家に贈られる「Photographer of the Year」には、ロシアの写真家Oleg Ershov氏が選出。同氏は、雄大な自然を映した風景写真ながら、強いテーマを感じとれる写真を数多く残している。

©The International Landscape Photographer of the Year - Oleg Ershov

また、その年のもっとも優れた写真に贈られる「Photograph of the Year」は、フランスの写真家Magali Chesnel氏がドローンを使用して空中から撮影した作品が受賞。フランス・グリュイッサンにある塩田にて塩を収穫する様子を収めた同作品は、まるで平面に描かれた抽象絵画のような印象を与える1枚だ。

すべての応募作品には、著名な写真家たちによってスコアがつけられ、上位101までに選ばれた作品は同祭典の写真集として発売される予定だという。

まるでファンタジー映画や最新テクノロジーを駆使したCG映像のような写真たち。これらすべてが現実で撮影されたというだけで、好奇心が駆り立てられ、旅に出たくなってしまう......。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
なんでも簡単にスマホ一つでできてしまう時代だから、あえてのフィルムカメラ。しかし、ただのフィルムカメラではつまらない。このカメラは3つのレンズを使い3枚の...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
「北米でもっとも写真を撮られた風景」として世界中の絶景マニアの心を掴んで離さない場所「マルーンベルズ」。圧倒的な美しさを誇る景色だけでなく、古き良きアメリ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
世界各地の廃墟となっている城・教会・修道院等の美しい遺構の写真集が発売。世界遺産に登録されているスケールの大きな歴史的な遺構から、どのような経緯で打ち捨て...
カメラメーカー「キヤノン」と北欧を拠点にするPR会社「Uncle Grey Copenhagen」が不正な写真の使用や誤用を防ぐことを目的とした写真データ...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
辛いことがあると、一人で抱え込み孤独に感じてしまう人も多いのではないでしょうか?でもそんな時、この手の写真をよく見てみてください。普段、私達が見過ごしてい...
12月15日、「Google フォト」の新機能として「Cinematic photos」が追加されることが発表された。この新機能、何がすごいかというと.....
「ナショナルジオグラフィック」が同社サイトを通じて、2020年を54枚の写真で振り返るという企画を実施。通常このような企画はおこなわないという同社だが、2...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」の重版が決定!著者にお話を聞いた。