ノマドのように旅しながら生きる彼の写真は、美しく、時に勇気をくれる

時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真家の生き様が反映されていればいるほど、人は心を揺さぶられる。

トラビス・バークは、写真家の中でも特別「全力疾走感」がにじみ出る作品を撮る。

「写真と冒険」への狂気が生む、圧倒的なスケール

トラビスは、アドベンチャーフォトグラフィーに身を捧げるために、惜しげ無く人生を旅に注ぎ込む。400フィートの峡谷を歩き、340km1ヶ月を要する有名なジョン・ミューア・トレイルを、機材を背負って縦走する。

常に撮影に対して全力を注ぎ込むスタイルは、数多くのクライアントから絶大な信頼をうけている。

Facebookページには、こう書かれている。

「やぁ、僕のファンページを見てくれてありがとう。もし、僕に会ったことがなかったら、すぐにでも会いたいよ。そうしたら、僕がどれだけフォトグラフィーを楽しんでいるか、シンプルな理由を教えてあげられる。僕は人生の情熱や、アクション、冒険を切り取りたい!という衝動を愛しているんだ」

アドレナリンの赴くままに撮影をするため、トラビスはある日、祖母からダッジラムバンを受け継いだ。79,000マイル走ったそのバンにソーラーシステムを組み込んで、マットグレーに塗り直した。勝手に推測するに、18%のグレーは撮影する際に色温度を管理するために使う色なので、クルマの色さえも撮影のために注ぎ込んでいる可能性がある。

Spent last night under the stars, just the way I like it! Delicate Arch, Utah. @goalzero @clifbarcompany @optcorp

Travis Burkeさん(@travisburkephotography)が投稿した写真 -

きっと今日も、トラビスはこの「Betty the Grey Wolf号」で旅を続けているはずだ。

Licensed material used with permission by Travis Burke, (Instagram)
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
2016年の夏にコーカサス諸国を旅した家族の写真を紹介。1カ月ほど前にインターネットに公開された。仕事中に見たら、オフィスにいることも忘れてしまいそうな爽...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
ヴィクトリアとテレンスは、モデルと写真家のカップル。2人は、ヨーロッパ9ヶ国とアメリカ国内の5州を旅しながら、まるで「おとぎ話」のような写真を撮影してまわ...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...