職場で見たら「脳内トリップ」してしまうかもしれない、旅の写真。

私たちは、毎朝起きると同じルートを通って会社まで行き、同じオフィスのドアをくぐり抜け、いつもと変わらない仲間といつもと変わらない空間で1日を過ごす。

「いつもと同じ」というのは、私たちに安心感を与えてくれるに違いない。だけど、すべての人が心からそれを望んでいるわけではないはずだ。

心の中で、「本当はもっとわくわくしたい。冒険したい」という気持ちがうずいている人もいるのでは!?もしそうだとしたら、Mihai Barbuさん家族の旅の写真を見た瞬間、日本じゃない別の国へ“脳内トリップ”してしまうかも。

「いつもの毎日」では、
見つけられない景色。

紹介した写真は、彼らが2016年の夏にコーカサス諸国を旅した時のもの。撮影されたのは少し前だけれど、Barbuさん自らが書いた記事と一緒に1カ月ほど前にインターネットに公開された。

彼らのように同じ景色をたどることが1度もない日々を送ることができたら、どんなにエキサイティングだろう。

実はこの家族、以前も2015年に行った時の旅を公開して話題となった。かなり長期で行ったものだと思っていたけれど、毎回子どもの夏休みにあわせて予定を組んでいるとのことだ。今、仕事をひたすら頑張っているみなさんも、年末年始の休みまであと一踏ん張りですよ!

Licensed material used with permission by Mihai Barbu
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
人生に行き詰ったら、旅に出ましょう!と提案するのは、今回紹介する記事を書いたShannon Kaiser氏。どうやら、数年前に会社を辞め、自分のやりたかっ...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
現在20歳のConor Nickersonは、少年時代の自分と青年になった自分が一緒にうつる合成写真を作り出した。はじめは、ただの個人的な挑戦だったのらし...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...