家よりも「職場にいる時間」のほうが長い人は、頷いてしまう写真

長時間労働をする社会人。イヤイヤやっている人もいれば、好んでそうしている人も。理由はそれぞれ違うけれど、「働き方」を考えるのは仕事をするにあたって大切なこと。ただ、忙しい職場であればあるほど、自分を見失いがちだと思う。

そこで紹介したいのが、家よりも職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。もしかしたら、ビジネスライフを見直すキッカケや気づきがあるかもしれない。

01.

長時間パソコンとにらめっこ。常に眼精疲労。

02.

帰ろうとした途端に、誰かに呼び止められるんだから。

03.

1分1秒でも惜しいから、何事も一気にやってしまう。

04.

自然と生活感があふれ出す。

05.

デスクからペンや鉛筆がどんどん消えていくのに、思わぬ所で大量に発見するフシギ。

06.

職場にあるイスやソファは寝心地が良いのに限る。そう思ってしまう悲しい現実。

07.

どうせ、職場で寝るのなら会議室がいい。もはや、ここは寝室のようなものだから。

08.

同僚と服装が被ってしまうことがたびたびある。一緒にいる時間が長すぎて趣味が似てくるのか?

09.

我が社にペーパーレスの時代はいつやってくるんだ…。

10.

いつもランチは、コンビニやファーストフード。だから、見た目だけでもゴージャスになる工夫を。

11.

仕事のデキる上司。ただ、ナゼか男には厳しく、尻に敷かれる旦那のような気分。

12.

頭を使ってれば、ハゲもするって。

13.

ちょっとした癒しグッズが増えていく。

14.

デスクの上を見れば、その人の忙しさがわかるもんさ。

15.

妻よりもクレーマーと話す時間の方がずっと長い。

16.

まあ、いろいろあるけどさ。やっぱり仕事が上手くいくと「頑張って良かった〜!」って思うんだよね。

Licensed material used with permission by ROBIN DAHLBERG

関連する記事

コクヨ株式会社から、オフィスや自宅、3rdプレイスを組み合わせ、場所と時間を選ばずに働くワーカーに向けたビジネスバッグとアクセサリーの新ブランド「THIR...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
平日の昼に訪れたシドニーで見たのは、ビジネス街をスーツ姿の人々と一緒に半裸やランニングスタイルのマッチョが歩く光景。彼の地のエグゼクティブたちはランチタイ...
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
ライフスタイルマガジン「Hanako」が、バナナ「こだわリッチ」とコラボ。パッケージにてバナナに込められた生産者の想いを可視化するほか、シールをめくってQ...
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
ニューノーマルが叫ばれるなかで、働けば働くほど集中力が下がるという調査結果をもとに「1日8時間」という労働時間の規定に対しても疑問が湧き上がる。
YouTubeは、自身で設定した就寝時間に合わせて、寝ることを勧めてくれる「おやすみ時間の通知」機能をローンチ。その他にも時間管理に役立つ機能も追加でリリ...
レーザーカッターで開けた直径0.2mmの極小穴から、24時間かけてじんわり抽出するコールドブリューコーヒーメーカー「ARCTIC」。おうち時間のおともに!
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
日々、超多忙そうな弁護士という職種。彼らならばこその仕事の効率化。考えさせられます。
ブリティッシュ・コロンビア大学の研究曰く人間は「モノよりも時間を買ったほうが幸せになれる」。でも、そもそもなぜ現代人はここまで「時間がない」のか。「瞑想ブ...
昼寝をするとき、何時間寝るか決めていますか?脳に最適な昼寝時間は◯◯分と判明!間違えると、かえって疲れが溜まることに・・・ぜひ参考に。
3Dプリントのフローティングハウス「prvok」は、チェコ共和国の彫刻家Michal Trpakと建築協会「Stavebni Sporitelna Ces...
2009年から提供されている「ツアーイスタンブール」の紹介です。
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
「働きたくない」と感じながら働いているのは、あなただけではありません。誰もが一度は経験するこの気持ち、どうやって向き合えばいいのでしょう?今記事では働きた...
1人の時間を過ごすことは、何もコミュニケーション下手だからという理由に限ったことではない。自分に集中することで得ることはたくさんあり、充実した時間を過ごす...
前回、・ITを使った業務の効率化で働く時間を減らすこと ・どんなことでもビジネスにできるビジネス脳を持つことで「好き」を仕事にすることができるようになると...
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
ワーケーションの意味やテレワーク(リモートワーク)との違い、ワーケーションが注目される理由、導入への課題など網羅的に解説した記事です。
「職場ではビジネスシューズからリラックスシューズに履き替えて、足の疲れを癒しつつ、仕事のパフォーマンスをアップさせたい!」という方に、足元のリカバリー(回...
「Inc.」で多くのビジネス記事を執筆しているJeff Hadenさんも「収益を生み出せないミーティングは単なる時間の無駄」だと言います。中でもこんな特徴...
世界の成功者たちの睡眠時間をご紹介。あなたの成功への近道になるかも。
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
毎日いかなければいけない職場。職場環境が悪くて、転職という二文字が頭のなかをよぎっても、簡単に仕事を変える決断はできないものです。 『Inc.』のMarc...
感染予防にはモノと手の衛生を「長時間持続」させることが重要。そこでおすすめは、48時間効果が持続する「手」の抗菌化が可能なハンドフォーム「EZ BARRI...
「designboom」は「世界のベストな職場トップ10」を発表。コロナ渦の影響で増えたテレワークがキーワードになるなかで、1位は愛知県の建築事務所が獲得。
アウトドアオフィス事業をてがけるスノーピークビジネスソリューションズは、旅行大手JTBと共同開発した法人向けのサービス「CAMPING OFFICE HA...