家よりも「職場にいる時間」のほうが長い人は、頷いてしまう写真

長時間労働をする社会人。イヤイヤやっている人もいれば、好んでそうしている人も。理由はそれぞれ違うけれど、「働き方」を考えるのは仕事をするにあたって大切なこと。ただ、忙しい職場であればあるほど、自分を見失いがちだと思う。

そこで紹介したいのが、家よりも職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。もしかしたら、ビジネスライフを見直すキッカケや気づきがあるかもしれない。

01.

長時間パソコンとにらめっこ。常に眼精疲労。

02.

帰ろうとした途端に、誰かに呼び止められるんだから。

03.

1分1秒でも惜しいから、何事も一気にやってしまう。

04.

自然と生活感があふれ出す。

05.

デスクからペンや鉛筆がどんどん消えていくのに、思わぬ所で大量に発見するフシギ。

06.

職場にあるイスやソファは寝心地が良いのに限る。そう思ってしまう悲しい現実。

07.

どうせ、職場で寝るのなら会議室がいい。もはや、ここは寝室のようなものだから。

08.

同僚と服装が被ってしまうことがたびたびある。一緒にいる時間が長すぎて趣味が似てくるのか?

09.

我が社にペーパーレスの時代はいつやってくるんだ…。

10.

いつもランチは、コンビニやファーストフード。だから、見た目だけでもゴージャスになる工夫を。

11.

仕事のデキる上司。ただ、ナゼか男には厳しく、尻に敷かれる旦那のような気分。

12.

頭を使ってれば、ハゲもするって。

13.

ちょっとした癒しグッズが増えていく。

14.

デスクの上を見れば、その人の忙しさがわかるもんさ。

15.

妻よりもクレーマーと話す時間の方がずっと長い。

16.

まあ、いろいろあるけどさ。やっぱり仕事が上手くいくと「頑張って良かった〜!」って思うんだよね。

Licensed material used with permission by ROBIN DAHLBERG
他の記事を見る
自分の「幸福度」を高める、働き方。
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
日々、超多忙そうな弁護士という職種。彼らならばこその仕事の効率化。考えさせられます。
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
ブリティッシュ・コロンビア大学の研究曰く人間は「モノよりも時間を買ったほうが幸せになれる」。でも、そもそもなぜ現代人はここまで「時間がない」のか。「瞑想ブ...
前回、・ITを使った業務の効率化で働く時間を減らすこと ・どんなことでもビジネスにできるビジネス脳を持つことで「好き」を仕事にすることができるようになると...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
1人の時間を過ごすことは、何もコミュニケーション下手だからという理由に限ったことではない。自分に集中することで得ることはたくさんあり、充実した時間を過ごす...
東京・杉並区の天然温泉特集です。ここは西荻窪や高円寺など、中央線沿いのサブカルタウンがあって、まち歩きが楽しいエリア。今回は、「なごみの湯」「高井戸天然温...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
「Inc.」で多くのビジネス記事を執筆しているJeff Hadenさんも「収益を生み出せないミーティングは単なる時間の無駄」だと言います。中でもこんな特徴...
「職場ではビジネスシューズからリラックスシューズに履き替えて、足の疲れを癒しつつ、仕事のパフォーマンスをアップさせたい!」という方に、足元のリカバリー(回...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
あなたは、みんなとワイワイ過ごす時間が好きですか?それとも、ひとりの時間を大切にしたいタイプですか?もちろん「両方とも大切」という人も多いでしょう。ここで...
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
1週間に1時間の運動をすることで、うつ病になるリスクは12%も下がるそうです。3万3千人以上のデータから導き出された結果は、「運動強度」にもふれています。...
ビジネスにおいて大きな成果を残している人に話を聞くと、彼らは口を揃えて「もっと時間が欲しい」と言います。時間はすべての人に平等です。にも関わらず、いつも時...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
2009年から提供されている「ツアーイスタンブール」の紹介です。
仕事に行くのが憂鬱だと思っている人は多いはず。それでも頑張れる理由はさまざまですが、きっと「同僚の存在」もその一つなのではないでしょうか。Liz Rae氏...
「時間」は誰もが平等に使える唯一のもの。慌ただしく生活し、余裕がなさそうな人もいれば、効率のいい使い方でスマートに生きる人もいます。中には、バタバタしてい...
毎日いかなければいけない職場。職場環境が悪くて、転職という二文字が頭のなかをよぎっても、簡単に仕事を変える決断はできないものです。 『Inc.』のMarc...