誰が見ても幸せそうに見える「家族の写真」に隠された秘密

にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚しているのです。これだけを聞くと、ちょっとネガティブになってしまうのですが、この写真で伝えたいのはそういうことじゃありません。

夫婦としては終わっていても、子どもの親であることは変わらない。そんな気持ちから、別れた後も3人で記念写真を撮り続けているのです。

子どもへの愛は
絶対に変わらない

何も知らない人にとっては、幸せな家族3人の姿にしか見えません。だけど、Bruceくんが2歳の時に、両親であるVictoria BaldwinさんとAdam Dysonさんは離婚しています。それにも関わらず、別れてから3年目になった今でも全員が記念写真を撮り続けたいと思っているそう。

そもそもこれを始めたのは、VictoriaさんとAdamさんが、子どもの前で大きな喧嘩をしてしまったことがきっかけみたいです。お互いにとっては憎い相手となってしまったとしても、息子にとっては大切なパパとママが傷つけ合うのはとても悲しいもの。

それをとても後悔した2人は、たとえ夫婦としての仲が壊れていても、彼の前ではいい父親と母親であり続けようと誓いました。そんな、愛する我が子を思う気持ちを記念写真で証明しているのです。

ママもパパも大好き!と、幸せそうに笑うBruceくん。

上の2枚は離婚前のもの。昔とは違って妻と夫の関係は終わってしまったけど、親としての繋がりは切れず、息子への愛は何も変わっていません。

この写真は、VictoriaさんとAdamさんのどちらかに新しい家族ができるまでと考えているそう。もし、これが終わる日が来ても、彼らのキズナは決して消えることはないでしょう。

Licensed material used with permission by Kate Gilleran