秘密の多い北朝鮮。この写真は絶対に撮影してはいけなかったのに。

北朝鮮の日常を撮影するのは、写真家としての挑戦でもあった。

 

ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、実は北朝鮮で「撮影禁止」とされているものばかり。

この写真を隠し撮りしているのが知られ、彼は入国禁止となったのでした。

軍の写真を無断で撮影することは禁止されている。

絶対に写真におさめてはならない、兵士のくつろいでいる姿を。

全ての人が裕福に暮らしていると報じられている。だから、たとえ子どもであっても、貧しい人々の姿を撮影してはならない。

貧富の差はないと言われている。だから、栄養失調の人の撮影もしてはいけない。

シェルターとしても使用される地下鉄のトンネル。撮影すると、誰かから「削除しろ」と要求が。

未完成の絵画の撮影は禁止。カメラを向けた途端に、周囲の人々が叫び出した。

これは、北朝鮮でよくある光景。でも、撮影してはならないのだ。

服装が乱れているものは撮影禁止。撮影するのなら、必ず整った姿を。

この“特別な像”を後ろから撮影しては決してならない。それはとても、無礼で不快な行為なのだから。

Licensed material used with permission byEric Lafforgue
シンガポール出身の写真家Aram Panさんは、小型飛行機に乗って、北朝鮮の街並みを撮影しました。そこには、想像以上に色鮮やかで、発展した光景が映っていました。
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Hannah Diamondの『Hi』です。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
年末年始の賑やかな場にお似合いなビールが先週12月2日から発売されている。クラフトビールメーカーサンクトガーレンの「水引飾り付き お正月限定 一升瓶ビール」だ。
各劇場スタッフがオススメする飲食店や書店、フワラーショップなど映画鑑賞前後の立ち寄りスポットが記されている。Bunkamuraル・シネマ、アップリンク渋谷...
秘密っていう言葉、なんて魅力的なんでしょう。のぞいてみたくなるし、聞きたくなってしまいます。でもね、それが大好きな人の“秘密”だったとしたら…。トップモデ...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
「あっ崖から落ちる!」と見る人が思わず口に出してしまいそうなスリリングな写真。実は、地面がとても近く、カメラの角度次第でどうにでもなるみたい。Instag...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...