秘密の多い北朝鮮。この写真は絶対に撮影してはいけなかったのに。

北朝鮮の日常を撮影するのは、写真家としての挑戦でもあった。

 

ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、実は北朝鮮で「撮影禁止」とされているものばかり。

この写真を隠し撮りしているのが知られ、彼は入国禁止となったのでした。

4968515945627648

軍の写真を無断で撮影することは禁止されている。

5638204426289152

絶対に写真におさめてはならない、兵士のくつろいでいる姿を。

4512304519446528

全ての人が裕福に暮らしていると報じられている。だから、たとえ子どもであっても、貧しい人々の姿を撮影してはならない。

6562655602999296

貧富の差はないと言われている。だから、栄養失調の人の撮影もしてはいけない。

5697941515796480

シェルターとしても使用される地下鉄のトンネル。撮影すると、誰かから「削除しろ」と要求が。

4884253787553792

未完成の絵画の撮影は禁止。カメラを向けた途端に、周囲の人々が叫び出した。

6022674060935168

これは、北朝鮮でよくある光景。でも、撮影してはならないのだ。

6144153989677056

服装が乱れているものは撮影禁止。撮影するのなら、必ず整った姿を。

6010153694396416

この“特別な像”を後ろから撮影しては決してならない。それはとても、無礼で不快な行為なのだから。

Licensed material used with permission byEric Lafforgue
シンガポール出身の写真家Aram Panさんは、小型飛行機に乗って、北朝鮮の街並みを撮影しました。そこには、想像以上に色鮮やかで、発展した光景が映っていました。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
秘密っていう言葉、なんて魅力的なんでしょう。のぞいてみたくなるし、聞きたくなってしまいます。でもね、それが大好きな人の“秘密”だったとしたら…。トップモデ...
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
「あっ崖から落ちる!」と見る人が思わず口に出してしまいそうなスリリングな写真。実は、地面がとても近く、カメラの角度次第でどうにでもなるみたい。Instag...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
これまでも様々な奇抜な企画を繰り返してきた「CUT」が新たに送るのは「100人の秘密」。共感できるようなものから、絶対にマネできない過激なものまで。あなた...
ロシアの写真好きが集まって結成された非営利団体「AirPano」は、ヘリコプターや飛行機、時には気球などに乗り、空中から高画質写真を撮影しています。世界中...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
結婚写真の撮影中、なぜか晴れ着のまま川に向かって猛然と駆け出した新郎。そのまま川に飛び込みました。喜びのあまり...ではもちろんありません。理由を聞いて納...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...