韓国の子どもが体感する「北朝鮮」

オーケストラの中に子どもがいる。

いまどき秀でた才能を持つ少年少女は珍しくない。それでも彼らが目についたのは、コンサートを行った場所が関係している。

「DMZ」だ。

沈黙の境界線で
夢を奏でるオーケストラ

休戦中の韓国と北朝鮮の境界線あたりに位置する、「DMZ(DeMilitarized Zone)」という非武装地帯。

南北では、個人レベルでの電話や旅行、その他のコミュニケーションが禁止されている。軍事施設のないこの地域でも例外はない。

「会話もできないのに、どうやって朝鮮半島を一つにするのか?」と疑問を投げかけるのは、Hyung Joon Wonさん。だから、「グローバルな言語である音楽」で平和的な南北統一を目指すという。

6511702392700928

Wonさんの夢を叶えるために協力したのが、10歳から82歳までの37人。2017年8月、オーケストラは「DMZ」でコンサートを行った。

ちょっと視点を変えたい。もしも自分が親の立場だったら、10歳の子どもを快く送れただろうか。会場となったのは、拉致問題やミサイル問題などのニュースの中心になることが多い北朝鮮の近くだ。

対して、子どもたちにとっては大きな財産となる。フレキシブルな大人とともに行動ができる。教科書やニュースを通さず、思いのままに非武装地帯を体感できる。自分の目で確かめられる。たとえポジティブな経験にならなかったとしても。

59400272132177924699271559380992
Licensed material used with permission by Lea Suter
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
シンガポール出身の写真家Aram Panさんは、小型飛行機に乗って、北朝鮮の街並みを撮影しました。そこには、想像以上に色鮮やかで、発展した光景が映っていました。
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
日本に留学中の韓国人大学生スヨンさん。韓服に身を包んだ彼女は、手書きのサインボードを掲げ、京都の街に立ちました。「韓国人です。いっしょにハグしませんか?」...
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
秋の行楽シーズンに注意したいのが紫外線。真夏ほどではないにしても、外出時間が増えればそれだけ紫外線にさらされる機会も増えるわけだから。そんな週末お出かけあ...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
1991年に誕生して以来、アジアやアメリカを中心に全世界で1,000店舗以上を展開するフライドチキンブランド「Kyochon(キョチョン)」。そんな韓国フ...
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
韓国の建築会社「MVRDV」が作り上げた「plant village」は、新たな名所になるかもしれません。ソウル駅周辺の放棄された高架道路を、見事に自然あ...
2005年から韓国に住んでいるドイツ人の映像ディレクター。そこで西洋にはない男女間にある差を感じることに。長く住めば住むほど、その問題は歴史や文化に影響さ...
日々、進化をしているラテアート。これまで、世界中のカフェで驚いたことは1度や2度ではない。でもでも、今回紹介する韓国のバリスタのつくるラテアートは、もはや...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
ソウルで撮影された動画には、ズラッと並んだ棺桶の横に立つ人々が写っています。これは、自殺者数が急増し問題視されている韓国で始まった、自殺予防のためのサービ...