韓国の子どもが体感する「北朝鮮」

オーケストラの中に子どもがいる。

いまどき秀でた才能を持つ少年少女は珍しくない。それでも彼らが目についたのは、コンサートを行った場所が関係している。

「DMZ」だ。

沈黙の境界線で
夢を奏でるオーケストラ

休戦中の韓国と北朝鮮の境界線あたりに位置する、「DMZ(DeMilitarized Zone)」という非武装地帯。

南北では、個人レベルでの電話や旅行、その他のコミュニケーションが禁止されている。軍事施設のないこの地域でも例外はない。

「会話もできないのに、どうやって朝鮮半島を一つにするのか?」と疑問を投げかけるのは、Hyung Joon Wonさん。だから、「グローバルな言語である音楽」で平和的な南北統一を目指すという。

Wonさんの夢を叶えるために協力したのが、10歳から82歳までの37人。2017年8月、オーケストラは「DMZ」でコンサートを行った。

ちょっと視点を変えたい。もしも自分が親の立場だったら、10歳の子どもを快く送れただろうか。会場となったのは、拉致問題やミサイル問題などのニュースの中心になることが多い北朝鮮の近くだ。

対して、子どもたちにとっては大きな財産となる。フレキシブルな大人とともに行動ができる。教科書やニュースを通さず、思いのままに非武装地帯を体感できる。自分の目で確かめられる。たとえポジティブな経験にならなかったとしても。

Licensed material used with permission by Lea Suter
他の記事を見る
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
シンガポール出身の写真家Aram Panさんは、小型飛行機に乗って、北朝鮮の街並みを撮影しました。そこには、想像以上に色鮮やかで、発展した光景が映っていました。
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。Instagramのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。縁がありそ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
新しい韓国旅なら大邱(テグ)。直行便が増えたことで、注目度が高まっています。
日本に留学中の韓国人大学生スヨンさん。韓服に身を包んだ彼女は、手書きのサインボードを掲げ、京都の街に立ちました。「韓国人です。いっしょにハグしませんか?」...
サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります...