ドリンクはパウチ、お粥は吸うもの。「韓国のセブン」がちょっと変です!

海外旅行中に利用するなら、スーパーマーケットもいいけれど「セブンイレブン」が断然おもしろい!

日本で使い慣れているからこそ、値段やサイズ、デザイン、サービスの比較がしやすいし、このセブンイレブンという「箱」の中には各地の流行や嗜好品が集合している。じっくり見るほど発見があります。

韓国、特に日本人観光客も多い明洞(ミョンドン)のセブンでは、こんなモノたちをみつけました。

©YUKI HOSHI

韓国のセブンで売られてるドリンク類は、日本よりもパッケージデザインに凝ったものが多い! LINEフレンズ、ミニオン、スヌーピーなどキャラクターモノも多くて、ついついパケ買いしてしまいます。
パウチドリンクの中では、上段のデザインがなかなか人気。飲みながら、パッケージと自分の顎のラインを合わせて遊ぶわけ(笑)。別売りの氷入りカップを買って、注いで飲むものだと書いてありましたが、直接ストローを挿して飲み歩きしている人も多い。というか、デザインからそうするように支持してますよね(笑)。
その面白さから、お土産としても人気みたいです。

©YUKI HOSHI

ずら〜っと並んでいる、ソーセージたち。日本でこういう売られ方はあまり見ないので、ちょっと抵抗がありますよね。でも、韓国の友達に「1回試してみたらハマるから!」とオススメされたのがこのコたちでした。
電子レンジが混んでいたので、買ってそのままパクリ。チーズ入りを選んだら塩っ気もあって、これはビールに合う! と確信。家飲みだったら、少し焼き目をつけて食べてもいい。子どもならおやつに、大人ならおつまみに、ってな代物。

©YUKI HOSHI

「2+1」や「3+1」という表示を韓国の至る所でよく見かけます。これは、「2つ買ったら1つ無料であげるよ」というサービス。
コスメショップでも、バラ売りで価格を下げるより、まとめ買いを推奨する売り方が主流。
飲食を主に取り扱うセブンイレブンでも、ドリンクやお菓子の陳列棚にはよくこのポップがあります。友達との旅行中だと、みんなで分け合えて便利ですよね。

©YUKI HOSHI

韓国のセブン、おかゆのラインナップが思った以上に豊富でした。チンするだけのお弁当スタイル、レトルト、缶詰……なかでも一番気になったのが「吸うおかゆ」!
飲んだ後や、二日酔いのときのために作られたとか。思ったよりストローから透けて見えるようなドロドロした感じでもなく、ほとんど液体でした。
味に関しては、ポジティブな口コミをほとんど見かけなかったので覚悟して食べましたが、想像してたより不快感はなかったんですよね。もう一度試したいかと言われると、別の話なんですが(笑)。
それでも、気になる人は、ぜひ韓国のセブンで試してみてください。

©YUKI HOSHI

韓国のセブンで一番助かったのが、両替のサービス。もちろん空港や街中にも両替所はたくさんあるのですが、夜の便で仁川空港に到着したので、ほとんど閉まっていたんです。
よく渡韓する人にとっては旅の基本だと思いますが、空港より明洞で両替したほうがレートはいい。空港で最初に5,000円ほど両替して、街についてからレートのいい両替所に行くのが韓国旅行ではお決まりなのだそう。
そして、明洞の中でもセブンは両替所としてレートや信用度で上位にランクインしています。
※すべてのセブンイレブンで対応しているわけではないので、調べられたら事前に店舗情報をチェックしてみてください。

台湾同様、レジでICカードへのチャージも可能。おでんや焼き芋も売っていたので、キャッシュレスに購入して、日本と味を比べてみるのもいいかもしれません。

Top image: © 2018 TABI LABO

あなたが面白いと思った、
海外の「セブンイレブン」はありますか?


【こちらのセブンもチェック🌍✈︎】

Licensed material used with permission by
他の記事を見る
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。香港のセブンは、過去行った海外のセブンで一番日本っぽいけど、個性を感じる。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
2月11日、アメリカの高級百貨店チェーン「Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)」が、マリファナを取り扱うセレクトショップをオープン...
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
セブンイレブンの店内やテレビCMでなんとなく耳にしたことのあるあのメロディ。皆さんはどれくらい「あの曲」のことを知っているだろうか。いつの曲で、誰が歌って...
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。インスタのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。きっと彼の名前の由来...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
日本に留学中の韓国人大学生スヨンさん。韓服に身を包んだ彼女は、手書きのサインボードを掲げ、京都の街に立ちました。「韓国人です。いっしょにハグしませんか?」...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
韓国の英字新聞「The Korea Times」の記事によれば、同国にあるアメリカ大使館は、1980年から現在までの約40年間、賃料を払っていないとのこと。
韓国・仁川(インチョン)にあるカフェ「LAS Coffee」の紹介です。デザインのベースになっているのはコンクリートですが、もともと古民家だったことを生か...
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...