「ちょっとコンビニまで」ではもったいない乗り心地

セグウェイに始まり、電動スケボーや電動キックボードが次々と開発されています。ラインナップを見るかぎり、電動の乗り物は縮小化傾向にあると言えるでしょう。でもこれらは、小さいというメリットはあるものの、立ち乗りだったりクッション性がなかったり、ユーザーにとって大切な「乗り心地」が後回しにされている印象も。そこで…、

オフロードでも快適に乗れる
「電動一輪車」

24ac06e42fece321c7148fc23bcfd7ba5a99840b

体重移動により前進する仕組みなので、イメージとしては「座れるセグウェイ」といったところ。ただし、同社とはまったく関係ありません。

小さくもなければポータブルでもないのだけれど、乗り心地の重要性を改めて認識させてくれます。スケボーやキックボードでは走行できないようなオフロードも、スムーズに進んでいけそう。タイヤが太いからバランスが取りやすく、簡単に運転できるのではないでしょうか。

7b12f59b9b3766b9f79ccbd54de4c376195012dd

自転車のサドルのようなものではなく、バイクのシートと同程度のクッション性が備わっているそう。「ちょっとコンビニまで」ではもったいない、中距離のお出かけに使いたいクオリティーです。ちなみに、1回の充電で約40km走行可能。

2acd0f317fb5cfbbca353e71985f2bdb17f60af3

この「Uno Bolt」にはライトやミラーも付いています。ヘルメットを被れば道路交通法をクリアできるのでは?とあわい期待を抱いてしまいましたが、保安基準を満たすには、方向指示器や警音器など乗り越えるべきハードルはまだあるそう。

Licensed material used with permission by Uno Bolt
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
「UNO H2O」は、プラスチックコーティングじゃなくて、プラスチック製です。水に濡れてもOK。何かこぼしちゃっても問題ナシ。使い込んで角がボロボロになる...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
「Robomart, Inc.」が新たに始めるサービスでは、あなたの指定したところに食材などをのせた車を呼んで、買い物ができるようです。これにより、今まで...
ミニカーのような外観が目を引くこの乗り物。かわいい外観やネーミングとは裏腹に、むっちゃ多機能で高スペックなのです。「私は、マイケル。この車のデザイナーです...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
安全性を重視してつくられている「ベビーカー」は、子どもが成長するにつれて、少しずつ「お荷物」になってくるものです。行動範囲が限られたり、窮屈だったり…。そ...
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
日本にやってきた交換留学生たちが、“コンビニ愛”を自作の歌とともにPVにしました。タイトルはずばり『Konbini Ikou!(コンビニ 行こう!)』。「...
「Onewheel+XR」には、レース用の太いタイヤが搭載されていて、オフロードでさえも駆け抜けることができます。最高時速30kmで走行することが可能なん...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。