ガソリン不要!スマホより短い充電時間で、60km走れる「スマートスクーター」が登場

インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。

しかも、同社が公開している製品機能を見て驚くのは、その充電時間と走行距離だけではない。

85singo_スクリーンショット 2015-07-08 12.49.55

まずはじめに、ハンドルや速度メーターのあるダッシュボードには、Androidをベースとしたプラットフォームが設置される。ユーザーの操作を学習し、パーソナライズされるそうで、マップなども表示できる仕組みだ。

その最高速度も時速75kmと速い。2015年現在、日本国内で発売されている電動バイクの場合、およそ50kmほどが限界という点を考えれば、大きな変化と言える。

リチウムイオン電池を使用し、寿命は5年から6年以上と長持ちだ。これまで課題だったバッテリーの重量もたったの15kgになるなど大幅な軽量化を実現している。

1時間で80%充電可能
1度に60km走れる

85singo_スクリーンショット 2015-07-08 14.19.22

これまでも「スマートスクーター」と呼ばれる電動バイクはいくつかのモデルが発表されている。しかし、一度に走行できる距離は30kmから40kmというのが相場。充電時間には6時間以上要することも当たり前だった。

そんな中発表された「S340」のスペックは、たった1時間で80%の充電を可能にし、1度の充電で60kmの長距離走行ができる。最高速度も75kmと充分だ。

製品化の予定は、2016年の上半期を予定している。更なるアップデートを待つ段階だが、これほど気軽に充電できて、長距離を走るに耐えうるスクーターとあれば、期待が大きく集まるのも当然だろう。価格の設定なども含め、WEBサイトの更新情報はこまめにチェックしておいたほうがいいかもしれない。

Licensed material used with permission by Ather

都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
アウディが電気自動車「e-tron」の新モデルとして「e-tron Scooter」を発表。電動スクーターとスケートボードを組み合わせたような4輪のパーソ...
取っ手を持って持ち上げた瞬間、自動で折りたたまれる仕組み。超コンパクトになるし、気が利いてますね。
まず、その見た目に胸がドキドキしませんか?まるでボートみたいなゆったり感。フロントバンパーやステップ、吸気口など、細かなところもイチイチ素敵。丸いライトも...
このスクーターは、ボディそのものがフレームとして機能するモノコック構造。しかも、その素材として使われているのは植物。麻繊維と樹脂を使って製造した電動バイク...
まずは、実際に走っている様子から見てみましょう。自転車のかわりにいいかも!組み立てもカンタンそうです。気になるスペックをおおまかに説明するとこんな感じ。一...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
天才的なアイデアで世の注目をさらったこのカート。なんと、通常立ち乗りで使用される「バランススクーター」に、ビーチチェアを合体!4輪車両にしてしまいました。...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。