F1「メルセデスAMG・ペトロナス」の技術が詰まったスマートスクーター!?

中国家電メーカー「シャオミ」がスマートスクーターの新モデル「Mi Electric Scooter Pro 2」を発表。

さらに、F1チーム「メルセデスAMG・ペトロナス」が開発に関わった同製品の特別モデルも発売されるということで大きな注目が集まっているようだ。

「Mi Electric Scooter Pro 2」は3秒で折りたたむことができる重量14.2kgの軽量なボディながら600Wの強力モーターを搭載。1回の充電で45kmを走行することが可能で、最高速度は時速25km、登坂能力は20%となっている。

移動速度の違う3つのモードを選択することが可能で、さまざまなシーンに対応することが簡単。持ち手部分には、バッテリーレベルなどを表示する組み込みのLCD画面があり、さまざまな機能へのアクセスができるという。

同スクーターの小売価格は約€499(記事執筆時約6万2000円)でウェブストアからリリース予定。

また同時に発表された廉価版の「Mi Electric Scooter 1S」€399(約5万円)とかなり手ごろな価格で売り出されるようだ。

メルセデスの特別版について、まだ情報が何も明らかになっていないようだが、もしかするとさらに高性能なプロダクトが登場するかもしれない。

F1チームの技術が集まった電動スクーター、これは期待してもいいのではないだろうか……?

© xiaomi.global/Instagram
Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「メルセデス・ベンツ」の電動自動車に特化したサブブランド「EQ」から、電動キックボードの「eスクーター」が発表された。スイスの「マイクロ・モビリティー・シ...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
メルセデス・ベンツのスプリンターに快適な空間がプラスオンされました。製造したのはアメリカのLeisure Travel Vans社。
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
「ルイ・ヴィトン」のメンズラインのクリエイティブディレクターであるヴァージル・アブローと、「メルセデス・ベンツ」のチーフクリエイティブディレクターであるゴ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...