素人でもわかるスゴさ!F1のタイヤ交換「世界最速の瞬間」を捉えた映像

ピットストップ1.92秒。

これは、2016年6月に開催されたF1グランプリ第8戦(ヨーロッパGP)決勝、ウィリアムズのピット作業においてはじき出された、F1史上最速のラップです。「ついにF1のピットストップが1秒台に突入!」と、ファンをはじめ多くのモータースポーツ関係者から、感嘆のコメントやツイートがあふれました。

F1マシン自体のスピードで記録が出たわけじゃないのに、なんでこんなに盛り上がるのか?知れば知るほど、オモシロかった。

えっ、もうおしまい?
一糸乱れぬピット作業

あまりの早業に、いったい何が行われているかすら、よく分からないんですが。画面奥から侵入してくるF1マシンを、左右に分かれて待ち構えるクルー。その数20人。

ざっくり説明すると、タイヤ交換専門の“ホイールマン”と呼ばれるクルーが前後4本のタイヤに対し、それぞれ3人で作業にあたる。ボルトを回す人、古いタイヤを外す人、新品タイヤをはめる人に役割分担され、じつにシステマチック。流れ作業を早送りで見ているようななめらかさでタイヤ交換を終えたマシンは、わずか1.92秒でピットを後にしました。

コンマ1秒の世界を争うF1
今期8戦すべてでピット作業
トップ独占がスゴい!

さて、コンマ1秒以下を争う世界のF1、とくに近代はコース上での抜きつ抜かれつが難しく、各チームともピット戦略が勝敗を左右するひとつのカギとなっています。ドライバーのスキルだけでなく、いかにピット作業でタイムロスを出さないかが、ピットクルーたちの腕の見せどころ、というわけ。

ちなみにですが、もしも、時速300キロで相手マシンが走っていたとすれば、1.92秒。距離にしておよそ170メートルほどのビハインドで済みます。

2013年アメリカGPにおいて、レッドブル・レーシングのピット作業で叩き出された1.923秒が、永らく世界最速とされてきました。今回のウィリアムズは、これを打ち破ったばかりか、今期開幕以来すべての決勝レースにおいてトップをマークし、2016年から新たに創設されたピットストップ賞を、いまだ他のチームに譲り渡してはいません。

今回、動画が世界中で多くの人の目に留まった背景には、こうしたピット戦略あってのこと。ピット作業に注目しながら観戦する、これもF1の楽しみのうち!

Licensed material used with permission by DHL
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
「Oxygene」と名付けられたコンセプトモデルの内部には、苔が生息しているようです。端的に言ってしまえば、その光合成を利用し、酸素を生み出すのが狙いなん...
驚異的なパフォーマンスにはビックリで、アクロバティックな演奏がスゴい!
ニューヨーク在住のレベッカさんは6年前、アリゾナ州フェニックスの動物保護シェルターから生後3ヶ月のピットブル犬・Bubbaを引き取りました。一般的に攻撃的...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
「F-94WA-8」という海外モデルです。数あるチープカシオのなかでもド定番のデジタルウォッチ「F-91W」がベースになっていますが……。
苦手な人が多い縦列駐車や車庫入れですが、このタイヤがあればもう大丈夫!まずはアンビリーバブルなその「動き」を見てみましょう。秘密は、このタイヤにありました...
これまで、タイヤの材料のことなんて考えたこともなかった。でも、研究者たちは違ったみたい。「当たり前のものを疑う」という彼らのスタンスを、改めて見せつけられ...
しかもこれ、“自転車に乗って走る”ことを動力源として機能するものなので、電気も要らないのです。もちろん空気圧も設定可能。つまり…、ゴムでできたタイヤチュー...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...
パドリングしながら、波を待つ男女ーー。実はこの2人、“超人的な身体能力”の持ち主なんです。サーフボード上で、次々に繰り出される「スゴ技」に、ただただ見とれ...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.15 「ランボルギーニ」イタリアにクルマ好きの農夫がいた。彼の夢はフェラーリを手に入れること。そのために死に物狂いで人...
これは、指を動かす感覚と同じだろうか? それとも、まったく違う? 本人に聞いた。
ウクライナのプロボクサーワシル・ロマチェンコは、世界チャンピオン。フェザー級、スーパーフェザー級の2階級を世界最速で制覇した男だ。比類なき強さの秘訣は、ユ...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
氷河が割れゆく瞬間を捉えたこの貴重な映像は、過去撮影された氷河の分離のなかで、最も巨大なものとして2016年ギネス記録にも認定されました。わずか75分間の...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
〈FREITAG(フライターグ)〉の新作は、バッグを作る際に余った素材を用いた小物類。その中でも、“日常でめちゃくちゃ使える!”と思ったのが、「F533 ...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
ベッドの上で心地よさそうに眠るピット・ブルのLola。こちらまで癒やされるような、穏やかな表情を浮かべています。彼女があたたかいベッドを愛する理由には、過...