世界最速の右腕で叩く「サイボーグドラマー」の感覚

ジェイソン・バーンズさんは、幼少期からドラムを叩いて育ったが、2012年に感電事故で右腕を失った。

今は「サイボーグドラマー」として演奏をしながら、技術開発のために必要な資金をKickstarterで募っている。

彼が感じている演奏の感覚とはどんなものだろう?

「すべてを失った」と話していた彼だが、間もなくして前向きに挑戦をはじめたそうだ。

右腕の先端にスティックを包帯で巻きつけてドラムを叩き始め、人工義肢の先端にスティックを取り付けられるよう自分でカスタムを施し、アトランタの音楽学校へ入学した。

5296635844231168

それから音楽学校の教師に紹介を受け、ジョージア工科大学で人工知能やロボティクスを研究するジル・ワインバーグ教授に出会った。人間が奏でた音を感知し、演奏で受け答える機能を持ったジャムセッションをするロボットの開発で知られていた人物だった。

もともと筋電義肢に興味はあったが、個人で使用するには費用が高額すぎた。ワインバーグ教授と話し合うと、大学の技術開発をサポートすることになった。

今では人間の腕ではできないような機能を持つ新しい腕をテストしている。スティックが2本設置されたドラム用の義肢には、オマケの機能がついていて、文字通り人間離れした超高速でリズムを自動で刻める。「世界最速のドラマー」なんて異名もついた。

そのほかにピアノ用の腕もテストしている。こちらは指を一本一本バラバラに動かせる。

これは、生身の指を動かす感覚と同じだろうか?
それとも、まったく違う?

 

本人は「生身の手を動かしている感覚とかなり似ている」と言っていた。

 

腕の筋肉の動きをセンサ―が感知する。指をどう動かそうとしているかをAIが推測する。プログラムされたパターンを筋電義肢が実行する。

いずれは、オープンソース化を考えており、価格を安くして多くの人が使えるようにしたいと言っていたが、自由に個人でライブツアーをするようになるまでには、まだまだ改良を重ねる必要があるそうだ。

プロトタイプをつくるためには費用がおよそ7万ドルもかかる上に、いくつかのコンピューターと、それらを操るオペレーターがいなければ使用できない。

小さくて、軽くて、意図しない動きをせず、素早く反応する、ストレスなく使える完成品が量産できたら、その恩恵を受けるのは楽器演奏者だけではないだろう。ちなみに、ピアノ用の筋電義肢もスティック付きのものと同様に、人間にはできない演奏が可能になる予定だ。

Licensed material used with permission by Jason Barnes
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
コロンビアのデザイナーによって新たに開発されたこの義肢。なんと、レゴのようにカスタマイズできちゃうのだとか。生まれつき肢体が不自由だったり、怪我で手足を失...
全身の筋力低下と筋萎縮が徐々に進行する、脊髄性筋萎縮症。これから紹介するのは、そんな難病と闘う男の子が、目線によるピアノ演奏にチャレンジしたコンサートの模...
ご存知、NIRVANAと共に90年代のUSロックシーンを席巻した伝説的バンド・The Smashing Pumpkins(ザ・スマッシング・パンプキンズ)...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
誰もが一度くらいは、路上ライブなどでアコースティックギターを弾きながら歌うミュージシャンを目にしたことがあるのではないでしょうか。右手を上下にジャカジャカ...
Steinway(スタインウェイ)のグランドピアノができあがるまでの工程を捉えた写真作品を紹介します。ピアノに携わる多くの職人たちにも焦点を当てたこの作品...
「海外に住んでみたい」「日本を出て自分を試したい」。みなさんの中にも、世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人...
片手でコードを押さえて、片手で弦を爪弾く。それが一般的。だけど、彼は楽器を横たわらせ、膝の上にのせてピアノのように弾くんです。カナダ・モントリオール生まれ...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
ベルリンのギタリスト「Robin Sukroso」は、ギターを弾くことだけにこだわっていない。その代わりに、楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改...
ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきた...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.15 「ランボルギーニ」イタリアにクルマ好きの農夫がいた。彼の夢はフェラーリを手に入れること。そのために死に物狂いで人...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ピットストップ1.92秒。これは、2016年6月に開催されたF1グランプリ第8戦(ヨーロッパGP)決勝、ウィリアムズのピット作業においてはじき出された、F...
アコースティックギター1本で弾いてるとは思えない演奏をする男性が登場!彼のギターの本体には様々なボタンや模様が描かれているシールが…。でもこれ、実はMID...
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...
「The Oasis」はハンマーで叩いても割れないレンズに、ナイフで削ろうとしても傷がつかないフレームがウリのようです。