サイボーグアーティスト「Moon Ribas」を知っているか?【vol.1】

そう遠くない将来、私たちの誰もがサイボーグになっているかもしれません——。

ムーン・リバス(Moon Ribas)を知っていますか?

バルセロナに拠点を置くアーティストで、「Cyborg Foundation」の共同創業者でもある彼女は、世界初のサイボーグ女性として知られている人物。地球の動きと揺れをリアルタイムで感じられるよう、2013年に足首にセンサーを埋め込み、世界中の注目を集めました。

全3回にわたる今回の企画では、彼女へのインタビューを通して、人類の可能性、そして我々の未来を探っていきたいと思います。

©Michael Sharkey

──「ムーン・リバス」という名前にはどういう意味が?

 

もともとは、Moonではなく私の苗字「Montserrat(モンツェラット)」でした。モンツェラットはスペイン・カタルーニャ地方の聖なる山で、頂上に丸い石があることから現地の人々にとってシンボル的な存在。海外に住むようになってから、英語のMoonの響きがモンツェラットの始まりの音に似ていることから、Moonに変えたんです。

 

──アートを始めたきっかけは?

 

私は舞台美術家の父、女優の母、劇場運営者の祖母という芸術一家で育ちました。家にはよくお客さんがチケットを受け取りにきたり、電話の対応をしたりと幼少期から舞台芸術の世界に触れていました。

しかし、この劇場では古典劇が中心だったことから、より自分や時代に合った表現方法を模索したくなった。それが現在のアート活動につながっています。

 

──アーティストとして、どんな使命や目的を持っているのでしょうか?

 

私のアーティストとしての使命は、私たちが生きている世界をより深く、あるいは別の視点から理解できるようにすることです。そのための一つの方法が自然の要素を芸術的な文脈で表現すること。

同時に、目標として「自由」を掲げています。創造したり、踊ったり、アイデアを発信するときに自由を感じます。自由を創造し、自由を謳歌することが私のアートの原動力になっているのです。

 

──壮大なミッションですね。これまでのキャリアで重要だったと思うプロジェクトについて教えてください。

 

3つあります。まず1つ目は、自身をサイボーグ化し世界的に認知されるきっかけとなった「The Seismic Sense」です。

体内に埋め込んだセンサーは、オンラインで地震計に接続され、地球の地震活動をリアルタイムで感知することができる。24時間どんな場所でもセンサーが振動し、常に地球の動きを体で感じられるプロジェクトです。

2つ目は、この埋め込んだセンサーを使った「Waiting for Earthquakes」という作品。

これは人々の前でおこなうパフォーマンスで、地震が起こるたびに私が動き、地震の強さによって動きが激しくなったり弱くなったりするもの。この作品では、地球が振付師で、私は地球から与えられた動きを解釈するパフォーマーという立場を取っています。

そして3つ目が「fenomeno」。センサーを体から取り除いた後に発表した作品で、舞台芸術とサイボーグとして培った感覚の2つの世界を融合させたものです。

この作品の目的は、自然を舞台のなかに持ち込むことで、パートナーのダンサー、そして第3の要素である氷と一緒に踊ること。作品中には、温度変化という現象が存在し、氷、空間、そしてパフォーマー自身を変容させる過程で、作品がその姿を現すというユニークな表現を試みました。

©Matthew Nierderhauser
©Caterina Angeloni (Gato Productions)

サイボーグと聞くと、非人間的で冷酷なイメージが湧きますが、彼女はサイボーグとなることで自然、地球、そして宇宙とより深くつながれると考えています。

次回はサイボーグとしての彼女の実体験や、彼女が思い描く我々の未来について迫りたいと思います。

次回は4月30日19:00公開!

Top image: © Carlos Montilla, Set director Rebeca Sueiro