【鳥・昆虫レベル】「1億色」が見える女性アーティストとは?

アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。

なんと約1億色を識別可能!?

基本的に人間の色覚は、「赤・青・緑」の3種類をベースにした「3色型色覚」である。これは目の中にそれぞれの色を感じる3種類の錐体細胞あり、その組み合わせで色が見えるからだ。

1つの錐体細胞は、約100種類の色を識別することができる。つまり、「3色型色覚」では100×100×100の約100万種類が見分けられることになる。

けれどもコンチェッタさんは、そこにもうひとつ「黄色」が加わるのだ。つまり、「4色型色覚」。これによって、約1億色が見分けられるということなのだ。 この能力を持つ人は、女性のみで男性はいないという。主に、虫やある種の鳥などもこの「4色型色覚」だという。

また、彼女は絵を描いているアーティストで、HPを訪れることによってその作品を観ることができる。たしかに色使いに独特のセンスを感じる。

今の気持ちが色の見え方にも反映!?

しかし、色覚の基本カラーの数が同じでも、すべての人が同じ色彩感覚の世界を生きているわけでもない。

例えば、鬱で気持ちが落ち込んでいる時には、世界が色あせてみえたりすることもある。 これはただの比喩などの表現方法の問題だけでなく、実際に明暗やコントラストに対する感度が低くなることによって引き起こされる現象。つまり、リアルな変化なのだ。 反対に嬉しいことがあったら、世界は鮮やかに輝いてみえたりする。

たしかに見えている世界はひとつ。しかし、見え方はそれぞれ多種多様なのだ。

Reference:IFLSCIENCE
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
今月21日から数量限定で発売される「ヘネシー V.S エンド・オブ・イヤー 2020 ゴールドボトル」は、来年への期待を込めたキラキラの黄金色がまぶしい!
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
2020年にサブスク解禁「してほしい」有名アーティストをまとめてみました!
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
死ぬ夢の意味とは?夢占いの専門家が人、夢のなかでの死因、状況別に死ぬ夢を紐解いていきます。
京都西陣織の正絹を使用した「和のますくす」に秋冬の新作が追加。伝統的で落ち着きのある柄は、和装はもちろん、フォーマルにもカジュアルにも似合う。
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
アーティストDiego Cusanoは、常日頃から他人と違ったモノの見かたを心がけているんだそう。食べ物×イラストで描く、彼にしか見えない世界がユニークすぎ!