【鳥・昆虫レベル】「1億色」が見える女性アーティストとは?

アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。

なんと約1億色を識別可能!?

2a8473231851354da82ddaa146d598b8cb233d46

基本的に人間の色覚は、「赤・青・緑」の3種類をベースにした「3色型色覚」である。これは目の中にそれぞれの色を感じる3種類の錐体細胞あり、その組み合わせで色が見えるからだ。

1つの錐体細胞は、約100種類の色を識別することができる。つまり、「3色型色覚」では100×100×100の約100万種類が見分けられることになる。

けれどもコンチェッタさんは、そこにもうひとつ「黄色」が加わるのだ。つまり、「4色型色覚」。これによって、約1億色が見分けられるということなのだ。 この能力を持つ人は、女性のみで男性はいないという。主に、虫やある種の鳥などもこの「4色型色覚」だという。

また、彼女は絵を描いているアーティストで、HPを訪れることによってその作品を観ることができる。たしかに色使いに独特のセンスを感じる。

今の気持ちが色の見え方にも反映!?

3f8190452a11c5c9372f3010d3017b5e507db2b1

しかし、色覚の基本カラーの数が同じでも、すべての人が同じ色彩感覚の世界を生きているわけでもない。

例えば、鬱で気持ちが落ち込んでいる時には、世界が色あせてみえたりすることもある。 これはただの比喩などの表現方法の問題だけでなく、実際に明暗やコントラストに対する感度が低くなることによって引き起こされる現象。つまり、リアルな変化なのだ。 反対に嬉しいことがあったら、世界は鮮やかに輝いてみえたりする。

たしかに見えている世界はひとつ。しかし、見え方はそれぞれ多種多様なのだ。

Reference:IFLSCIENCE
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
アーティストDiego Cusanoは、常日頃から他人と違ったモノの見かたを心がけているんだそう。食べ物×イラストで描く、彼にしか見えない世界がユニークすぎ!
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
鳥には、自由や解放、憧れといったイメージがあるかもしれませんが、その印象や状態によっていろいろな意味をふくんでいるもの。説明してきましょう。夢に出た鳥の色...
パレットに絞り出された油絵の具……のようにも見えますが、じつはこれ、色鉛筆で描かれた「油絵の具のイラスト」。と、種明かしをされてもなお、やっぱり色鉛筆で描...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...