A to Z。食べ物の頭文字を「アルファベット」で彫ってみた。

鉛筆の芯や消しゴムで彫刻をするのもよく見るけど、それならもっとカラフルでバラエティに富んだ「おいしそう」な彫刻だってアリ。

インドのムンバイを拠点にプロダクトデザインを学んでいるSarah Dasさんは、新しくゲットしたエグザクトナイフを使い、食材から頭文字のアルファベット(例えば、BANANAから「B」とか)をくりぬき、インスタグラムに投稿して人気を集めている。

丁寧に手作業で彫られたココナッツやレタス、バナナやイチゴはどれも新鮮。見ているとお腹が空いてきて、そのままパクッと食べたくなる…と個人的には思うけど、「食べるのがもったいない!」っていう意見も。

中には日本ではあんまり見かけない食材や、「コレどうやったの!?」と聞きたくなるものもある。でも合成は使ってないのだそう。

どれもフレッシュ!
遊び心を召し上がれ 

Bはバナナだけじゃなく、バターでだって作っちゃう。

dは大根のd!(なんとdaikonは海外でも通じるところが割とあるし、ウィキペディアのページもある)

透し彫りだってお手のもの。

Fはfig(イチジク)。ドライフルーツで作っています。

Iはアイスバーグレタス。

Jはジャックフルーツ。南国の果実で、パラミツとも。

ゴマかと思いきや、ニオイクロタネソウ(nigella seeds)だそう。ちなみに私は初めて聞いた。

Qはキヌア(quinoa)。一時期日本でも話題になってた。

uはunpasteurized cheddar cheese(低温殺菌されていないチェダーチーズ)。他にuで始まる食べ物って無い?と言いつつ私が思いつくのもumeboshiくらい。(笑)

Vはビネガー。白ワインビネガーのゼリーで作ったとのこと。

Wはwalnut(クルミ)。これをくり抜くのは至難のワザでは?

Xで始まる食べ物はさすがに難しかったようで、「西瓜(スイカ)」の中国語読み「xīguā(シーグアー)」が登場!

yはヤマイモの一種のyam(ヤムイモ)で。

Zはズッキーニ。これで全アルファベット制覇!

こうしてみてると「ドレミの歌」を思い出しちゃう。日本語でも、カタカナとかならできるかも…。色々考えるのが楽しそう。

ちなみにSarahさんはかわいい数字も彫っているので、気になる人はInstagramを覗いてみよう。

Licensed material used with permission by @srh.ds
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
アーティストDiego Cusanoは、常日頃から他人と違ったモノの見かたを心がけているんだそう。食べ物×イラストで描く、彼にしか見えない世界がユニークすぎ!
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
食べ過ぎたりやりすぎると“致死量”に達してしまう可能性がある、身近な食べ物や行いを説明している動画を紹介。「そもそもこんなの現実的じゃない」と思うものから...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
はじめは、あまりにも細かくて、何が描かれているのかわかりませんでした。でも、じ〜っとよく見ると、そこにはあっと驚くミクロな世界が広がっています。もう、「食...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
きっかけは、ある調査で確認した衛星写真。Adam Voilandさんは、カナダで観測された火山灰の影による「Vの字」を見て、NASAの写真を使ってアルファ...
イギリス出身のアーティストDan Rawlingsさんの作品は、標識や車、ノコギリ、タンクなどといった生活に根付く金属類から驚くほど繊細な草木、人のシルエ...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
冬だからって、ニオイに油断はできません。ニオイを抑える方法はいろいろですが、食べ物に注意するというのも効果的です。例えば、こんな食べ物はニオイの元になりや...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...