身近に潜む、あなたを死に至らせるかもしれない食べ物や行動。

「健康にいい食べ物」と聞くと、安心してつい食べすぎてしまうこともあるかもしれません。かと言って、そればかり摂取するのはやはり良いとは言えないでしょう。

今回紹介する「AsapSCIENCE」の動画は、食べ過ぎたりやりすぎると“致死量”に達してしまう可能性がある、身近な食べ物や行いを説明しています。「そもそもこんなの現実的じゃない」と思うものから「えっ意外と危険かも...」と思うものまであるので、読んで損はありません。

01.
こしょう、ナツメグ、砂糖

1fa81761de1f60bcfb53a323698ef8402cdefaec

私たちがよく使用する調味料、こしょう。でも、ティースプーン129杯分を一度に摂取すると、死に至ることもあるのだとか。

さらに恐いのはナツメグだそう。ティースプーンたった数杯分を一度に摂取すると、痙攣やひきつけ、吐き気といった症状を引き起こし、最悪の場合死んでしまうこともあるよう…。

砂糖の過剰摂取も、もちろんいろいろな病気を引き起こすけれど、致死量となると150パウンド、つまり10.5カップ分という量になるそう。

02.
はみがき粉

08dd2ebe767081cf1007aeead86865d54a25178c

砂糖を食べ過ぎると虫歯になってしまうかもしれません。が、だからといって焦ってはみがき粉を食べてはいけません。(まぁないでしょうけれど…)

はみがき粉に含まれているフッ化物は、むしば菌を退治してくれる私たちの味方。少量が体内に入るくらいなら無害ですが、24本分のはみがき粉を一度に摂取すると、致死量に達してしまうのだとか。

ちなみに、シワ対策として使われることもあるボトックス注射。基本的には人体に無害のタンパク質の一種が使用されていますが、これも量が68ナノグラムになると危険だということです。

03.
ビタミンC

4aaf59a340f80d4f25acb5bf8c286b26f208d01d

ビタミンCの致死量に達するには、11,00個のオレンジを食べるか、809個のビタミンCサプリを食べないと無理なので、あまり心配しなくても良さそう。でも、摂りすぎたら吐き気をもよおす場合もあるというのでご用心。

04.
暑すぎ、寒すぎ

B94f344f7c8ac7350daeb41fb4218c2ddb41bf5eD726c2cb87fbc102ae4013652bcfcc9e7cda35ea

運動のしすぎで体温が40℃を超えてしまうと要注意!その時にかく汗は体を冷やす作用がありますが、体内の水分を奪ってしまうので血のめぐりが悪くなり、内臓、脳が機能しなくなるというのです。そして、悪性のバクテリアが体内にはびこり最悪の場合、死に至ることもあるそう。

もちろん、寒すぎるのも危険。−21℃以下の空気にさらされていると、低体温症になり血のめぐりが悪くなって、臓器が機能しなくなってしまうのだとか。

05.
レントゲン

0f3f74b516191f665649854c186a65a69c5a7458

7143枚の腹部全体のレントゲンを撮ると、なんと死の危険性があるということ。これは体内のイオンから原子が奪われてしまうからなのだとか。また、レントゲン関連の単位として使用されるグレイに換算すると、5グレイで2人に1人は死亡してしまうそう。

06.
じゃがいもに含まれる
「ソラニン」

Dfcdd1d4b5b081f651013193e9181747a3d58c07

これはけっこう身近なもの。緑のじゃがいもの皮に含まれているクロロフィルは実は無害だけれど、芽にはソラニンという成分が含まれていてキケン。ひとつくらい食べても大丈夫だけれど、中くらいのサイズの緑色のじゃがいもを25個食べると、死の淵に立たされることになるのだそう…。

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE
多くの人が偏食に対して、マイナスのイメージを持つことでしょう。だけど、その好き嫌いの原因は、どうやら親にあるようです。教育の仕方とかではなくて、もっと根本...
冬だからって、ニオイに油断はできません。ニオイを抑える方法はいろいろですが、食べ物に注意するというのも効果的です。例えば、こんな食べ物はニオイの元になりや...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
スーパーやコンビニには、いつもたくさんの食品が並んでいます。しかし、普段私たちが何気なく購入し、口に運んでいる食品には、ほとんどの人が知らない、ちょっとゾ...
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
アーティストDiego Cusanoは、常日頃から他人と違ったモノの見かたを心がけているんだそう。食べ物×イラストで描く、彼にしか見えない世界がユニークすぎ!
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
寝る前に小腹が空く、なんてことがよくあると思いますが、Little Thingsが寝る前に避けた方が良い食べ物をまとめました。消化の悪い食べ物、糖分で興奮...
傷つきたくないからこそ、人は自分を守ろうとするもの。けれど、そのような行動ってわりと無意識のうちにとっている事がある。客観的に読んで見ると、「あっ」と気づ...
ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作したWindowという作品。開いている窓からひたすらに他人の日常を撮影し続けています。「プラ...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
お金を使う際、きっちりその後を考えて判断していますか?たぶん、できていない人は大勢いると思います。ここでは「becomingminimalist」に掲載さ...
花粉症シーズン真っ只中。辛くて薬が手放せない、なんて人も多いのでは? 早速、花粉症の症状を和らげる効果が期待できる食べ物や飲み物を紹介していきましょう。0...