欧米では「グリッター×食べ物」がトレンド!?

メイクアップ用として、よく使われるグリッター。きらきらと上品に輝くアクセントになりますよね。どうやら欧米では、食べ物に食用のグリッターをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。

具体例としてピックしてみたのは、ピザとビールとコーヒー。並べると、やっぱり食べるためというよりは、撮影のためにわざわざ作ったって感じがしちゃいますね。やはりインスタ映えを意識してのことなのでしょうか。

個人的には、歯にグリッターがつかないのかな?と余計な心配をしちゃいました(苦笑)。

Top image: © iStock.com/powerofforever, iStock.com/danilsnegmb, 2018 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Sara Shakeelさんは、ありとあらゆるモノをグリッターとフュージョンさせて独特の世界を創りあげています。彼女のInstagramには、想像力が高ま...
6月11日〜14日の期間限定でしたが、ロンドンにちょっと変わったレストラン「Hands Off!」が誕生。ウェイターが食べ物を口に運んでくれるんです。
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...