宮下パークのホテル最上階!新進気鋭のレストラン「SOAK」が気になる

お出かけが特別になった今、行き先はこれまで以上にこだわりたいもの。そこでオススメなのが、宮下パークのホテル「sequence(シークエンス)」の最上階に誕生したエンターテイメントレストラン&バー「SOAK(ソーク)」だ。

西麻布「81」のシェフ永島健志氏と、香港を代表する日本人シェフ長屋英章氏が生み出す「ジャパニーズイノベーティブ料理」は、見た目も味も、いい意味で期待を裏切ってくれるだろう。

料理「玉手箱」
©株式会社BAKERU

「SOAK」の見どころは、あとふたつある。

最大100人規模の貸切にも対応。ニューノーマルな生活下でのパーティーやイベントにも使い勝手が良さそうだ。

©株式会社BAKERU

ルーフトップテラス「OYU(オユ)」も忘れてはいけない。

ここから見える渋谷の街の大パノラマビューは圧巻。グラス片手に“水遊び”ができるなんて贅沢!

SOAKのルーフトップテラス「OYU」
©株式会社BAKERU

この「SOAK」は本日11月13日からプレオープン。

ナイトスポットとして"いくつもの顔”がある新たな遊び場は、要チェックだ。

『SOAK』

公式サイト:https://soaks.tokyo/

Top image: © 株式会社BAKERU
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事