明け方までヒップなニューヨーカーが集まる屋上バー

マンハッタンとブルックリンを結び、観光名所にもなっているブルックリン橋――ではなく、その隣のウィリアムズバーグ橋の近くにある「The Williamsburg Hotel」。

このホテルの屋上に鎮座するバー「The Water Tower」は、去年11月にオープンしてからヒップなニューヨーカーのたまり場となっています。

温かな雰囲気を醸す木製のフロアに大きくて心地いいソファ。くつろぎながら気分よくお酒をいただけそう。

そして忘れてはいけないのが、そこからの眺望。マンハッタンとブルックリンの両方を見渡すことができます。夜22時開店なので残念ながら夕日は見れませんが、季節によって朝4時の閉店前に朝日に照らされるニューヨークの街を一望できます。まるで映画の中にいるような気分になるかも!?

ニューヨークのナイトライフを体感したい人にはおすすめのスポットです。

© The Williamsburg Hotel/Instagram
© The Williamsburg Hotel/Instagram
© The Williamsburg Hotel/Instagram
Top image: © The Williamsburg Hotel
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
11月、ニューヨークのブルックリンにオープンするバー「The PokéBar(ザ・ポケバー)」。テーマは「ポケモン」だ。
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
フーコック島のホテルの19階にあるバー「INK360」。同島で一番高い場所にあり、もちろん景色は抜群。メニューにはないスペシャルカクテルもあります。
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
〈BARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)〉で限定販売中のミントタブレット。
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
かつての労働市場を支えた街、大阪・新今宮は、労働者の高齢化などによって衰退。それから数十年の時を経て、多国籍の人々が暮らすニューヨーク・ブルックリンのよう...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
ブルックリンで新たに産声を上げたクラフトビールがあります。地元のベーグルショップとブリュワリーが手を組んで誕生した「ベーグルビール」です。
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
NYで流行中! 代官山でワインを飲みながらアートを絵画を楽しめるバーArtbar Daikanyama〒150-0034 東京都渋谷区代官山町7-2htt...
淡いピンク色を基調にした屋外プールがかわいい「Paradiso Ibiza Art Hotel」。インテリアデザインも特徴的で、ホテル内の至るところがフォ...