どうしてカッコいいヤツらがこの店に集まるのか?

2019年5月、東京都・池尻大橋にオープンしたストリートバー「LOBBY」は、路地裏にひっそりと佇んでいるにもかかわらず、今やトレンドセッターが通い詰めるようになっています。

なぜ「LOBBY」がそんなに魅力的なのか、記事と動画であわせて紹介。

オーナーの井澤さんとカクテルを片手にカジュアルに話をしていたら、その答えを浮き彫りにすることができました。

©2019 NEW STANDARD

──なんでこんな路地裏にお店をオープンすることに?

 

どうしてもここでやりたかった理由があったんですよ。

お店に入るまでに駐車場の脇道を通ってもらわなければいけないんだけど、他の物件よりも天井が高いところに惹かれちゃって。

この空間を目にしたら、友だちや多くのお客さんがふらっと遊びに来てくれるようなストリートバーをオープンできると確信したんです。

 

──すみません、“ストリートバー”って?

 

オーセンティックバーには行きづらいけど、大衆居酒屋とは違うところを試してみたいと考えている人が一定層いると思うんです。

オーセンティックバーと大衆居酒屋の中間くらいの誰でも気軽に入れる開放的なバーという意味で、LOBBYをストリートバーと呼んでいます。

これまでにない概念なので、その立ち位置を確立することも僕たちがやりたいことのひとつですね。

©2019 NEW STANDARD

──大衆居酒屋との違いはすぐに分かるのですが、オーセンティックバーとはどうやって差別化を?

 

例えば、入り口を開放的にしているところですね。誰にでも気軽に入ってほしいということで、基本的にはオープンにしています。

あとは、デートや飲み会など、どんなシチュエーションでも使ってもらえるように、カウンター席やテーブル席、ベンチを用意しています。いろいろな人たちにいろいろな用途で使ってもらえる場所というのが、LOBBYの強みですね。

『LOBBY』って名前も、ホテルのロビーが一番イメージに近いので名づけました。

©2019 NEW STANDARD

──LOBBYのカクテルへのこだわりは?

 

ある時、僕はお店でお酒を飲む時に、次に飲みたいお酒がなくて、いつも同じお酒を頼んでいることに気づいたんです。ただただレモンサワーやハイボールを消費していて、それがもったいないなと感じました。

そこで、どうせお酒を飲むなら、次の一杯が楽しみになって、ワクワクするような体験にできたらいいなって。そんな気持ちを込めて、LOBBYでは自分達で漬けたお酒をベースにしたオリジナルカクテルを提供しています。

 

──でも、オリジナルカクテルだからお酒を頼もうと考える人は少ない気がする……。

 

その通りですね。僕らも、LOBBYの想いを押し付けるだけでは一方的なコミュニケーションだなと思っています。

だから、味覚だけでなく視覚にも訴えかけることを意識しているんですよ。例えば、LOBBYで一番人気のバイオレットレモンサワーは、その名の通り、バイオレットの見た目をしているんです。

見た目にもこだわることで、通常のレモンサワーのイメージや期待値をいい意味で裏切りたいと思っています。

この工夫をした結果はすでに出ていて、僕らのカクテルはよくSNSに投稿してもらえています。正直、嬉しいですよ。

 

──なるほどな〜。味以外の部分でお酒を頼みたくなるように演出しているんですね。

 

匂いにつながる仕掛けもしているんですよ。LOBBYが大切にしているのは、他の感覚も刺激してあげること。総合的な体感値を高めているんです。

でも、味を二の次にしているということではありません。当然のように味にもこだわっています。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

──本題からは逸れるんですが、お客さんの行動や心理が全てお見通しというのがスゴい(笑)。

 

それは僕のバックグラウンドが関係しているかもしれません。もともと飲食業ではなく、Yahoo!やGoogleで、デジタルマーケティングやビジネスコンサルティングに関わっていたんですよ。

飲食業界の経験といえば、学生時代のアルバイトくらい。技術で勝負することができない分、一消費者としての感覚を信じて、「こんな場所があったらいいな」というお店を実現しようといつも考えています。

©2019 NEW STANDARD

──LOBBYをどのように成長させたいんですか?

 

あ、言い忘れていたんですけど、僕らが取り組んでいる事業は飲食だけではないんです。

 

──……というと?

 

僕らはデザイン会社を運営しています。

遊びに来てくれたお客さんには話しているのですが、LOBBYはショールームのような位置づけです。

例えば、お店の壁画になっているアートは、LOBBYの一部のメンバーが入っている「RELISH」というチームで手がけました。過去にはGreenroom FestivalやSUMMER SONICでもアートを制作したんですよ。

このような空間での飲食体験を通して、僕らが表現できることを伝えたいと思っています。

©2019 NEW STANDARD

──具体的には?

 

日本では壁画に対して、いいイメージを持っている人は多くないんですよね。どうしても落書きと思われてしまう。

でも、海外では公私をつなげる機能も持っているんです。壁画って。

 

──スラム街のイメージを変えるために壁画を手がけるアーティストもいますからね。

 

壁画にまとわりつくネガティブな印象を取っ払って、ポジティブなイメージに変えていきたいんですよ。

RELISHの仕事はオフィス用の壁画を制作する時もあって。社員一人ひとりがビジョンやミッションを意識して働けたりするように、どうやったらそれを実現できるのか?を分析して、気持ちを込めて制作に取り掛かります。

RELISH以外のところでは、デザイン会社として広告案件を受けているので本当にいろんなことをやっていますね。

©2019 NEW STANDARD

──それだけいろんなことをやる理由は? 見方を変えれば、自分で自分を大変にしているってことじゃないですか。

 

全て自分たちがやりたいからやっているんです。本当にそれだけなので、大変よりむしろ楽しいという気持ちが上回りますね。

“やりたいからやる”という考えが根底にあって、そのために、僕らだからこそ提供できる価値は何か?と徹底的に考えています。

みんながやりたいことで生きていけたら素敵じゃないですか。だから、その環境を作りたい。

僕らは誰一人美大で勉強していないけど、頭を使ったらアートワークで生活を成り立たせる方法を見つけられるかもしれない。その道の経験がなくても、自分たちが歩んできた道や経験を武器にしたら、自分が本当にやりたいことで生きていくための道筋ができると信じています。

LOBBYやアーティスト活動を通して、それを体現していきたいんです。

©2019 NEW STANDARD

──デザイン会社やアートワークの話など、いろんな方向に話がいっちゃいましたが、最後にLOBBYでやりたいことを教えてください。

 

すでに言ったかもしれませんが、飲食業界をあまり経験していない僕らでもやれることがある。このような考えをLOBBYで具体に落として、お客さんに体感してもらいたい。

はっきりと言うのはおこがましいけど、彼らの五感を刺激したいんです。

最終的には、何かを発見して、新しいチャレンジをしてみたくなるような経験を得られる場所にしたいと思っています。


動画はこちら。

LOBBY

【住所】東京都目黒区東山3丁目6−15 エビヤビル1F

【営業時間】19:00〜2:00(火〜土)

【Instagram】https://www.instagram.com/lobby_ikejiri/

【WEB】https://www.lobbylobbylobby.com/

Top image: © 2019 NEW STANDARD
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
「品川区」から始まった東京の天然温泉特集、第5弾は「世田谷区」です。今回は、「月見湯温泉」「そしがや温泉21」「THE SPA 成城」を紹介します。いずれ...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
かつて著名人のヘアメイキャップアーティストであった小澤高志氏が銀座のバーで日曜日だけ間借りしてスタートさせた小さなケーキ屋「ミラーケーキストア」。グルテン...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
ナッツ、桜、キウイなどユニークな味は全7種類学芸大学で和モダンなおはぎを楽しめる専門店タケノとおはぎ〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1丁目21-1...
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
メキシコ本場の味が三軒茶屋で。 手作りの青いタコスの専門店LOS TACOS AZULES〒154-0011 東京都世田谷区上馬1丁目17-9https:...
テイクアウトもOK!下北沢のクラフトビール量り売り専門店TAP&GROWLER〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目33-6 飯嶋ビル1階https...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
東京「自由が丘スイーツフォレスト」が「シルバニアファミリー」とコラボレーションしたクリスマス限定のケーキを発売する。注目は、3Dシュガーアートクリエイター...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
20種類以上の煎茶を飲み比べできる銀座から日本文化を発信する煎茶専門店煎茶堂東京〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目10-10https://www...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
アイスもコーンも出来たて工房併設のクラフトアイスクリームHiO ICE CREAM Atelier〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7丁目4-12ht...
毎朝作りたての本格豆乳スープ五反田の台湾式朝ごはん専門店東京豆漿生活〒141-0031 東京都品川区西五反田1丁目20−3http://tokyomame...