その数2,000体!?東京・世田谷区に「招き猫」で溢れかえった寺があった

東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇む寺の境内に、驚きの光景が広がっているんです。

その数1,000体以上!? 招き猫にまみれた寺

gotokujicats003 本堂左手の一角に突然、猫、猫、猫…。石碑の周囲、飾り棚の上一面びっしりに、さらには地面を覆い尽くさんばかりの猫。初めてこの地を訪れた人であれば、まず間違いなくその衝撃の光景に我が目を疑うはずです。 招猫観音菩薩を祀った招猫殿、その脇にあるのが「招き猫の奉納所」なるスペース。その数はゆうに1,000体。いや、2,000を超えることも珍しくないそうで、置ききれなくなった猫たちが、所狭しとビッチリ敷き詰められているのです。これは、いったい…。 この圧巻の招き猫づくめに、「Home of Fortune Cat(招き猫の聖地)」と称し、近年では海外からの観光客も注目する、話題のスポット。 gotokujicats005 さて、お察しのとおりここ豪徳寺は「招き猫」とゆかりのある寺の“ひとつ”。というのも、「招き猫発祥地」の看板を掲げる場所は、都内だけでも他に2カ所(浅草・今戸神社、西落合・自性院)あるのです。 では、豪徳寺と招き猫のつながりを見ていきましょう。

荒天を予言し、 藩主を招き入れた猫

gotokujicats002 豪徳寺は曹洞宗の弾寺で近江彦根藩・井伊家の菩提寺です。江戸のはじめ、鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった井伊直孝は、境内から手招きをしていた寺の飼い猫を目にしたそう。ではここらで一休みに…と住職のお茶を受けることに。 すると、みるみるうちに暗雲立ち込め、いつしか土砂降りの雷雨がこの地を襲いました。直孝は、「ずぶ濡れにならずに済んだのはあの猫が招き入れてくれたおかげ」、とこの寺を「菩提寺(ぼだいじ)」とすることを決めたそう。 ※「菩提寺(ぼだいじ)」は、先祖代々の墓や位牌をおき、菩提を弔う寺のこと。 名もなき小さな寺を、井伊家の菩提寺にしてくれたーー。住職は飼い猫の死後、墓を建て手厚く葬り祀ることにしました。豪徳寺の招き猫がお腹に小判を抱いていないのは、金運を招くのではなく、「福」や「徳」を招くことに由来しているため。

成就のお返し。 最も多く集まるのは1月?

gotokujicat004 招き猫に願いを込めた人々が、大願成就のあと、ここに招き猫を奉納しにやってきます。きちんとこの地に納めることで、さらに願いが叶うという噂も。新しい年が始まる1月が最も多くの猫たちが豪徳寺に戻ってくる時期なんだそう。 gotokujicats001 gotokujicats006 どれも同じ顔をした猫たちは、豪徳寺で販売(大小9種類)しているもの。でも、なかには「これ、本当に招き猫?」と疑ってしまうような怪しげな置物やら、ピンク色の猫やら、さらにはナゼだかキャットフードのお供えなんかも。 参拝のおすすめ時間帯は、西日が猫たちを真後ろから照らす天気のいい夕方。もはや荘厳。ここにしかない景色をぜひ!

仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
2016年6月1日(水)、東京・世田谷に日本初の試みとなるカフェバー「Crêpe Café & Bar esprit de esprit(クレープカフェ&...
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もある...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」と説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背景画...
全長10.9kmの東急池上線は、都内にありながら昭和時代の風情が残る路線だ。都内に住んでいてもなかなか足を運ぶ機会はないエリアだが、その沿線には、「池上本...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
東急大井町線、荏原町駅。駅を出るとすぐ「荏原町商店街」があり、少しだけ昭和にタイムスリップした気分になります。そんな荏原町商店街から1本入った住宅街にある...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
エネルギッシュな街には、うまいラーメン屋が多い。ビジネスと交通の中心地「品川」もそんな街のひとつだと思う。昼も夜も、多くの人が行き交うこの街で、それぞれ五...
東京・品川の武蔵小山でジャマイカのソウルフード「ジャークチキン」を食べてきました。東急目黒線、武蔵小山駅の東口にあるパルム商店街の路地裏に佇んでいるのが、...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
東京都杉並区でユニークな家を発見しました。びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。な...