その数2,000体!?東京・世田谷区に「招き猫」で溢れかえった寺があった

東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇む寺の境内に、驚きの光景が広がっているんです。

その数1,000体以上!? 招き猫にまみれた寺

gotokujicats003 本堂左手の一角に突然、猫、猫、猫…。石碑の周囲、飾り棚の上一面びっしりに、さらには地面を覆い尽くさんばかりの猫。初めてこの地を訪れた人であれば、まず間違いなくその衝撃の光景に我が目を疑うはずです。 招猫観音菩薩を祀った招猫殿、その脇にあるのが「招き猫の奉納所」なるスペース。その数はゆうに1,000体。いや、2,000を超えることも珍しくないそうで、置ききれなくなった猫たちが、所狭しとビッチリ敷き詰められているのです。これは、いったい…。 この圧巻の招き猫づくめに、「Home of Fortune Cat(招き猫の聖地)」と称し、近年では海外からの観光客も注目する、話題のスポット。 gotokujicats005 さて、お察しのとおりここ豪徳寺は「招き猫」とゆかりのある寺の“ひとつ”。というのも、「招き猫発祥地」の看板を掲げる場所は、都内だけでも他に2カ所(浅草・今戸神社、西落合・自性院)あるのです。 では、豪徳寺と招き猫のつながりを見ていきましょう。

荒天を予言し、 藩主を招き入れた猫

gotokujicats002 豪徳寺は曹洞宗の弾寺で近江彦根藩・井伊家の菩提寺です。江戸のはじめ、鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった井伊直孝は、境内から手招きをしていた寺の飼い猫を目にしたそう。ではここらで一休みに…と住職のお茶を受けることに。 すると、みるみるうちに暗雲立ち込め、いつしか土砂降りの雷雨がこの地を襲いました。直孝は、「ずぶ濡れにならずに済んだのはあの猫が招き入れてくれたおかげ」、とこの寺を「菩提寺(ぼだいじ)」とすることを決めたそう。 ※「菩提寺(ぼだいじ)」は、先祖代々の墓や位牌をおき、菩提を弔う寺のこと。 名もなき小さな寺を、井伊家の菩提寺にしてくれたーー。住職は飼い猫の死後、墓を建て手厚く葬り祀ることにしました。豪徳寺の招き猫がお腹に小判を抱いていないのは、金運を招くのではなく、「福」や「徳」を招くことに由来しているため。

成就のお返し。 最も多く集まるのは1月?

gotokujicat004 招き猫に願いを込めた人々が、大願成就のあと、ここに招き猫を奉納しにやってきます。きちんとこの地に納めることで、さらに願いが叶うという噂も。新しい年が始まる1月が最も多くの猫たちが豪徳寺に戻ってくる時期なんだそう。 gotokujicats001 gotokujicats006 どれも同じ顔をした猫たちは、豪徳寺で販売(大小9種類)しているもの。でも、なかには「これ、本当に招き猫?」と疑ってしまうような怪しげな置物やら、ピンク色の猫やら、さらにはナゼだかキャットフードのお供えなんかも。 参拝のおすすめ時間帯は、西日が猫たちを真後ろから照らす天気のいい夕方。もはや荘厳。ここにしかない景色をぜひ!

関連する記事

「品川区」から始まった東京の天然温泉特集、第5弾は「世田谷区」です。今回は、「月見湯温泉」「そしがや温泉21」「THE SPA 成城」を紹介します。いずれ...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
9月28日、東京・世田谷代田駅前に温泉旅館「由縁別邸 代田」が開業。
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
アイスもコーンも出来たて工房併設のクラフトアイスクリームHiO ICE CREAM Atelier〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7丁目4-12ht...
テイクアウトもOK!下北沢のクラフトビール量り売り専門店TAP&GROWLER〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目33-6 飯嶋ビル1階https...
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
ナッツ、桜、キウイなどユニークな味は全7種類学芸大学で和モダンなおはぎを楽しめる専門店タケノとおはぎ〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1丁目21-1...
先月、オランダ発の無重力感覚フィットネス「バンジースーパーフライ」が体験できるスタジオ「Fitness Studio Vi’RISE 世田谷」が東京・用賀...
東京に“花の名所”があるように、富士山を見るのに絶好のスポットも多数存在します。ちょっとオツで都会ならではの富士山の楽しみ方。「富士見坂」を代表する「坂の...
東京・杉並区の天然温泉特集です。ここは西荻窪や高円寺など、中央線沿いのサブカルタウンがあって、まち歩きが楽しいエリア。今回は、「なごみの湯」「高井戸天然温...
メキシコ本場の味が三軒茶屋で。 手作りの青いタコスの専門店LOS TACOS AZULES〒154-0011 東京都世田谷区上馬1丁目17-9https:...
THE NORTH FACE初のカフェを併設都会とアウトドアが融合したコンセプトショップTHE NORTH FACE STANDARD 二子玉川〒158-...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
「クワンソウ」という伝統野菜から作るお茶には、寝つきが良くないときに飲むと、不思議と安眠が得られるとして沖縄では古く琉球王朝時代から飲まれていた。現在も今...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。