その数2,000体!?東京・世田谷区に「招き猫」で溢れかえった寺があった

東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇む寺の境内に、驚きの光景が広がっているんです。

その数1,000体以上!? 招き猫にまみれた寺

gotokujicats003 本堂左手の一角に突然、猫、猫、猫…。石碑の周囲、飾り棚の上一面びっしりに、さらには地面を覆い尽くさんばかりの猫。初めてこの地を訪れた人であれば、まず間違いなくその衝撃の光景に我が目を疑うはずです。 招猫観音菩薩を祀った招猫殿、その脇にあるのが「招き猫の奉納所」なるスペース。その数はゆうに1,000体。いや、2,000を超えることも珍しくないそうで、置ききれなくなった猫たちが、所狭しとビッチリ敷き詰められているのです。これは、いったい…。 この圧巻の招き猫づくめに、「Home of Fortune Cat(招き猫の聖地)」と称し、近年では海外からの観光客も注目する、話題のスポット。 gotokujicats005 さて、お察しのとおりここ豪徳寺は「招き猫」とゆかりのある寺の“ひとつ”。というのも、「招き猫発祥地」の看板を掲げる場所は、都内だけでも他に2カ所(浅草・今戸神社、西落合・自性院)あるのです。 では、豪徳寺と招き猫のつながりを見ていきましょう。

荒天を予言し、 藩主を招き入れた猫

gotokujicats002 豪徳寺は曹洞宗の弾寺で近江彦根藩・井伊家の菩提寺です。江戸のはじめ、鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった井伊直孝は、境内から手招きをしていた寺の飼い猫を目にしたそう。ではここらで一休みに…と住職のお茶を受けることに。 すると、みるみるうちに暗雲立ち込め、いつしか土砂降りの雷雨がこの地を襲いました。直孝は、「ずぶ濡れにならずに済んだのはあの猫が招き入れてくれたおかげ」、とこの寺を「菩提寺(ぼだいじ)」とすることを決めたそう。 ※「菩提寺(ぼだいじ)」は、先祖代々の墓や位牌をおき、菩提を弔う寺のこと。 名もなき小さな寺を、井伊家の菩提寺にしてくれたーー。住職は飼い猫の死後、墓を建て手厚く葬り祀ることにしました。豪徳寺の招き猫がお腹に小判を抱いていないのは、金運を招くのではなく、「福」や「徳」を招くことに由来しているため。

成就のお返し。 最も多く集まるのは1月?

gotokujicat004 招き猫に願いを込めた人々が、大願成就のあと、ここに招き猫を奉納しにやってきます。きちんとこの地に納めることで、さらに願いが叶うという噂も。新しい年が始まる1月が最も多くの猫たちが豪徳寺に戻ってくる時期なんだそう。 gotokujicats001 gotokujicats006 どれも同じ顔をした猫たちは、豪徳寺で販売(大小9種類)しているもの。でも、なかには「これ、本当に招き猫?」と疑ってしまうような怪しげな置物やら、ピンク色の猫やら、さらにはナゼだかキャットフードのお供えなんかも。 参拝のおすすめ時間帯は、西日が猫たちを真後ろから照らす天気のいい夕方。もはや荘厳。ここにしかない景色をぜひ!

2016年6月1日(水)、東京・世田谷に日本初の試みとなるカフェバー「Crêpe Café & Bar esprit de esprit(クレープカフェ&...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」と説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背景画...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
全長10.9kmの東急池上線は、都内にありながら昭和時代の風情が残る路線だ。都内に住んでいてもなかなか足を運ぶ機会はないエリアだが、その沿線には、「池上本...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
世の中は猫派と犬派に分かれます。もうびっくりするほどきれいに分かれます。日本でのペット飼育数、初めて猫が犬を上回ったというニュースが流れたのは昨年末。今や...
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もある...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
「FEEL KIYOMIZUDERA」というプロジェクトの存在を知っているだろうか?これは、あまり知られることのなかった清水寺の「今」を写真や映像で記録す...
月に一度のチャンスです。
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
東京都杉並区でユニークな家を発見しました。びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。な...
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...