テント、工具、ガーデニング用品。住民同士でシェアする「下北沢のコンテナ」

今、欲しいけれど買うほどではないモノ──。それをいつでも借りられるサービスが、駅周辺の再開発が進む下北沢に登場した。

「下北線路街 空き地」の無人コンテナ「下北沢ShareBOX」は、街中や住宅共用部に設置した共有コンテナを介して、近隣住民が準生活必需品をシェアすることを目的としたサービスだ。「博報堂」と「住友商事」が共同して事業開発を進めており、今月より4月中頃までの試験導入だそう。

コンテナ内には、テントなどのレジャー用品玩具工具ガーデニングツールといった、日常での使用頻度は低いが、あると便利なモノが揃う。およそ50点の商品を運営組織が用意し、貸し出し需要の高いものをデータ分析。さらに近隣住民が持ち込んだモノでのシェアが生まれるかも検証しながら、生活者の利便性を図っていくようだ。

高まるシェアリングサービス需要の背景には、つねにそれを支えるテクノロジーがあるけれど、モノを介した生活者同士の交流促進をアナログでチャレンジしてしまうのが逆に新鮮。古着雑貨サブカルが集まる“シモキタ”を実証実験の場に選んだ理由も、なんとなくわかる気がする。

©株式会社博報堂
Top image: ©
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
テイクアウトもOK!下北沢のクラフトビール量り売り専門店TAP&GROWLER〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目33-6 飯嶋ビル1階https...
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
「品川区」から始まった東京の天然温泉特集、第5弾は「世田谷区」です。今回は、「月見湯温泉」「そしがや温泉21」「THE SPA 成城」を紹介します。いずれ...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
12月5日、カルチャーが交差する下北沢にモノよりコトを重視するミレニアルズにぴったりの宿泊施設「illi Shimokitazawa(イリー シモキタザワ...
ちいさな路地が網の目のように続き、どこも人で溢れかえる下北沢。この町をさまよう人たちは、それなりにみな目的がある。古着屋を物色し、小劇場やライブハウスに通...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
QOLとは実は医療の現場で使われ始めた言葉。この記事では、QOLの意味や高めるためのヒントをご紹介。
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
「カーシェア」について、レンタカーとの違いやメリット・デメリット、おすすめのカーシェアサービスまで、網羅的に解説。
感染予防にはモノと手の衛生を「長時間持続」させることが重要。そこでおすすめは、48時間効果が持続する「手」の抗菌化が可能なハンドフォーム「EZ BARRI...
次世代シューズ「ACBC」は特許取得済みの技術により、ひとつのソールに複数のアッパーが付け替え可能。ジッパーで合体させるだけのラクラク設計。
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
下北沢にニューオープンした宿泊施設「illi Shimokitazawa(イリー シモキタザワ)」にTABI LABOメンバーが泊まってきました。ホテルで...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...