「テラハ」みたいなお泊まり会をしてみた@illi Shimokitazawa

下北沢から徒歩1分。

最高の“箱”を見つけてしまった!

といっても、クラブじゃありません。「illi Shimokitazawa(以下、イリー)」。12月5日にオープン(NEW!)したばかりのミレニアルズに向けた宿泊施設です。

イリーのコンセプトは「Sleepover Experience(スリープオーバー・エクスペリエンス)」。うん?なにやらわかりづらい?思い切って言い換えてしまいます。

イリーでは「テラスハウス・エクスペリエンス」が叶います。

コンセプトを勝手にもじってすみません(汗)。ここに来たら恋ができますってことではなく、テラスハウスみたいなイケてる場所でホームパーティとか、お泊まり会とかができるよっていうお話です。

宿泊料金は1部屋20000円〜/1泊で、最大6名までOK。つまり、6人で割れば3000円台〜/1名で泊まれるということですね。下北沢でこれは安すぎるのでは!?

百聞は一見にしかず。早速、利用してみました。

なんか今っぽい。完全無人チェックイン

イリーは完全無人オペレーション。ホテルのようなフロントはなく、常駐しているスタッフもいません。

鍵の受け渡しは下北沢駅構内に設置された専用機で。ここらへんは民泊に泊まる感覚に近いですね。何時までにチェックインしなきゃいけないという制約はないので、週末の飲み会帰りに集合してそのままお泊まり会スタートというのもいいですね。

©2019 NEW STANDARD

ホテルでも民泊でもない。
THEテラスハウスみたいな空間

まずは写真をご覧ください。

©2019 NEW STANDARD

テラスハウス感伝わりましたか?このソファやバーカウンターとかまさに出てきそうですよね。

写真では伝わりづらいかもしれませんが、この部屋かなり広いです。6名までなら何人で泊まってもOKとなっているのも納得です。天井が高いのがいいです。開放感が違います。そして、仕切りもありません。友だち同士で宿泊した際に、コミュニケーションを取りやすい設計になっているんですね。

バーカウンターには、カクテルシェーカーセットやコーヒーミル(しかも手で挽くタイプ)まで。

私は建築やインテリアに特に詳しいわけではありませんが、これだけはわかります。内装がめちゃめちゃスタイリッシュで洒落てる!

ベッドも広々。4人寝ても余裕

©2019 NEW STANDARD

バーカウンターの後ろには、ベッドスペースがあります。1階はガラス張りになっていて、ダブルベッドが1台。2階はロフトのようになっていて、こちらにはマットレスとフカフカの布団が敷いてあります。上はかなり広めなので、女子4人で寝ても余裕でした。

学生の頃は雑魚寝でも大丈夫だったけど、もういい大人だからちゃんとしたベッド(布団)で眠れるのは嬉しい。

トイレ&バスルーム、アメニティをチェック!

©2019 NEW STANDARD

ここも期待を裏切りません。ここのバスルームは洗面所、トイレ、シャワールームがそれぞれ独立しています。

洗面所はダブルシンク!大人数で泊まったら朝とか洗面所の争奪戦になるので、2つあるのはありがたいですね。

蜂の巣みたいなタイルがかわいい洗面台は、ゴールドな鏡の枠やシックなブラックの蛇口が可愛いじゃないか。洗面所の真後ろの扉を開くとトイレがあります(もちろんウォシュレット)。

さらに洗面所の奥にいくと、シャワースペース(バスタブはない)が。目の前にドラム式の洗濯機が置いてある脱衣スペースがあります。長期滞在もできそう。というか住みたいここに(笑)。

このバスルーム(洗面所、トイレ、シャワールーム)の注目すべきポイントは、その秀逸な配置なんです。それぞれが独立しているので、1人はシャワー、2人は洗面所、もう1人はトイレ......と、最大4人でバスルームの同時使用が可能なんです。この配置、なんか家っぽいですよね。

 

©2019 NEW STANDARD

まだまだある、グッとくるアイテムたち。

アロマデュフューザー、レコードプレーヤー、UNOやポーカーといったカードゲームまで。気になるアイテムがそこらかしこに。このデジタルの時代にあえてレコードを聞くっていうのが、クールなんですよね。もちろんBluetoothのスピーカーも完備されています。

先ほど紹介したバーカウンターには、カクテルシェーカーの他にグラスや食器類が充実。コンロはないのでその場で調理はできませんが、ここではあえてジャンキーに宅配ピザとか食べたい気分。

私たちはというと、せっかく下北沢に来たので外も探検したい!ということで気になる居酒屋とレストランをハシゴ。帰りにコンビニでワインとおつまみをゲットして、お部屋で飲み直し。

終電を気にしなくていいし、シモキタの夜はまだまだこれから......!

お泊まり会(テラハごっこ)するならココ!

色々とスペックを紹介してきたワケですけど、そんなことはじつはどうでもいいんです。

カルチャーが交差する見所の多い街“下北沢”に1人3000円台から泊まれて、テラハみたいな体験ができるってところがクールなんです。

お金を出せばもっとテラハっぽい、お金持ちの経営者が住むような“箱”はあるかもしれません。でもそんなのはリアルじゃない。ここは記念日でもなんでもない日を、特別にするために、日常使いして欲しいそんな場所でした。

 

「illi Shimokitazawa(イリー シモキタザワ)」

【住所】東京都世⽥⾕区北沢 2-24-12 サンモニーク下北沢 3F-6F(下北沢駅徒歩1分)

【部屋数】4部屋(すべてワンフロアの部屋になっています)

【価格】1部屋¥20,000〜(※季節により変動。最⼤6⼈まで宿泊可能)

・無⼈チェックイン

・アメニティ:シャンプー、ボディソープ、タオル、ドライヤー、傘、固定Wi-Fi、ポケットWi-Fi、⻭ブラシ、マウスウォッシュなど、宿泊に必要なものは揃っています。洗濯機、電⼦レンジ、冷蔵庫などもあるので、⻑期滞在にも便利です。

・予約⽅法: Airbnb、Booking.com、Expedia よりご予約いただけます。

Top image: © 2019 NEW STANDARD

関連する記事

12月5日、カルチャーが交差する下北沢にモノよりコトを重視するミレニアルズにぴったりの宿泊施設「illi Shimokitazawa(イリー シモキタザワ...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
テイクアウトもOK!下北沢のクラフトビール量り売り専門店TAP&GROWLER〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目33-6 飯嶋ビル1階https...
日本初のグランピングリゾート「星のや富士」が、今月4月26日(月)~今夏8月31日(火)までウェルネスプログラム 「樹海リトリート」を提供。
アメリカの玩具メーカー「Hasbro」からミレニアル世代向けのモノポリーが登場!ゲームの進行は、もちろん彼らが“共感”できる内容で溢れています。
東京・四谷のビジネスホテル「ホテル ニューショーヘイ」がコロナ禍限定の破天荒なキャンペーンを開始した。
ミレニアル世代に特化した宿泊体験ができる 渋谷にオープンした最先端のライフスタイルホテルThe Millennials Shibuya〒150-0041 ...
タコベルがカリフォルニア州パームスプリングスに期間限定でホテル「The Bell: A Taco Bell Hotel and Resort」をオープンします。
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
ヨーロッパで広く愛されているトルコ発のレジャーブランド「aniva」から、コンパクトで手軽、かつ本格的なバーベキューが楽しめる「コンパクトバーベキュースタ...
新世代のラグジュアリーライフスタイルホテル「東京エディション虎ノ門」が今月20日(火)、東京・神谷町の「東京ワールドゲート」に正式オープンした。
20以上の国と地域において、155軒以上のデザイン重視のホテルを展開する「ACホテル・バイ・マリオット」が日本初進出。銀座にオープンする同ホテルは、銀座と...
「THE SHARE HOTELS」は、3月31日、東京・浅草にアートストレージを併設したホテル「KAIKA TOKYO -THE SHARE HOTEL...
顔認証システムにどんなネガティブな意見があっても行ってみたい、アリババのホテル「FlyZoo Hotel」。
人との交流や旅行が憚れるようになり、「#StayHotel」がムーブメントに。Go To トラベルキャンペーンを使ってお得にホテルに泊まり、非日常体験をす...
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
ラグジュアリーホテル「グランド ハイアット 東京」が「森美術館」で開催中の展覧会「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」とコラボした「村上隆...
今週末10月2日(金)、米国発の「キンプトン ホテルズ&レストランツ」ブランドの日本初上陸となる「キンプトン新宿東京」が東京・西新宿にオープン。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
世界最大級の宿泊予約サイト「Booking.com」が、自社のクチコミスコアをもとに割り出した西日本における「最も居心地の良い場所」のランキングを発表した。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。