「思いっきり楽しみたい」なら、東京・錦糸町に泊まろう。

東京に住み、東京で働いているわたしですが、ずっとやってみたかったことがあるんです。それは、「なんでもない平日に、東京のホテルに泊まる」こと。で、翌朝はその客室から出勤すること。

「なんでもない日」っていうのが自分にとっては大事なんですけど、逆にいうと「なんでもない日なのに」贅沢するっていうのがネックになってしまっていて。なかなか実現できなかったんです。

だからといって、いわゆるビジネスホテルに泊まるのも違う気がして。

思いがけず、夢が叶いました。

マリオット・インターナショナルが、“楽しさを追い求める次世代の旅行者”に向けて、2014年ミラノにオープンした『モクシー・ホテル』。9ヶ国での展開を経て、ついに日本に上陸。場所は、東京と大阪。

JR錦糸町駅から徒歩5分、ちょっと怪しげな街の中を進んでいくと、ローズピンクカラーのネオンで浮かび上がる「moxy」の文字が。(取材っていうのもあるのですが)わたしの長年の夢は、このホテルが叶えてくれることとなりました。

このホテル、なにがすごいって、やっぱりちゃんと「ミレニアル世代が、思いっきり楽しめる」ホテルなんです。

ミレニアル世代にむけて
徹底的に追求されていること

この『モクシー・ホテル』が一番こだわっているのは、公共スペース

次世代の旅行客は、「独立心旺盛で旅慣れている一方、たしかな情報やレコメンデーションを求めて仲間とのつながりを大切にする」という傾向があることを受け、リビングルームやラウンジが用意されています。

24時間セルフでテイクアウトができる飲食サービスや、充電用のコンセントも設置されており、人々が集まりやすく長時間くつろげる場所に。より開放的な気分で、コミュニケーションを楽しめるんです。

“楽しむ” ための
必要最低限のサービス

このホテルの客室には、クローゼット用スペースもないし、荷物を部屋まで運んでもらえるサービスもありません。でも、それって新世代の宿泊客がリーズナブルに、そしてめいっぱい楽しむために、どうしても必要なことでしょうか?

壁には洋服もバッグもかけられますし、「必要最低限」なサービスが逆に心地よかったりして。よく引き出しつきのドレッサーが設置されていたりしますが、1泊程度の宿泊だと使わずにチェックアウトのパターンがほとんど。結論として、わたしはまったく不便を感じませんでした。

細やかなサービスに「かまわれる」よりも、気になるのはやっぱり空間のデザインや快適さ。その中で、自発的に楽しさを見いだしていくのが「楽しい」んですよね。

ニューヨークのスタジオをイメージしてつくられたという客室はもちろん、ホテル内には、いくつものインスタジェニック・ポイントが点在。友達どうしで、探検気分を楽しめるんです。

あ、あと、超高速なWi-Fiが通っています。これは、欠かせませんね。

客室の外にある、化粧室。ミラーにもちょっとしたポイントが。

近辺のマップ。友人をラウンジに招くときには、これを撮って送るのも◎。

客室フロアの廊下でも、至るところでニューヨークスタイルを感じさせます。

目がさめたら
“あれを選ぶ” 楽しみを

ホテルといえば、朝食バイキング。でも、ここ『モクシー・ホテル』は、一味ちがう。というか、二味くらいちがう。

それは、ヌードル・バーがあること

ラーメン、うどん、フォーの3種類から麺を選び、好きなトッピングをセレクトしたら、熱々のスープを注いでもらいます。

「朝からラーメン……?」と困惑してしまった人もご安心ください。意外といけます(分量は自分で調節できます)。みなさん普通に召し上がっていらっしゃいました。ほか、パンやヨーグルトやサラダ、コーヒーなどの用意もありますよ。

東京に泊まるなら
ここで「めいっぱい」楽しんで

そうそう、ここに到着した夜、このホテルのオープニング・パーティーに出席したんです。メインターゲットである新世代の宿泊客たちや、海外から訪れた旅行客の姿でとても賑わっていました。

もちろん会場は、このホテルの公共スペースである、ラウンジ。マドモアゼルユリアのDJで華やかに彩られた空間では、それぞれの人たちがコミュニケーションを楽しみながら、特別な夜に酔いしれます。

たまには気分を変えて、いつもとはちがう東京の夜を楽しみたい人、友達どうしの旅行で東京のホテルを探している人は、この『モクシー錦糸町』を選択肢のひとつに入れてみて。好奇心を刺激してくれて、「めいっぱい楽しめる」ホテルって早々ないですから。

チェックアウトを済ませ、スタッフの方に気持ちの良い笑顔で見送っていただいたわたし。錦糸町駅まで歩きながら「もっと楽しむために、つぎは友達と一緒に来よう」と決意をし、会社へ向かったのでした。

Licensed material used with permission by Marriott International
大阪・河内地方に伝わる盆踊り「河内音頭」。地元では、夏だけではなく春でも冬でも季節に関係なく踊られ、発祥の地・八尾市では、踊りながら年越しをする人もいると...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
甘みがあり、ご飯に乗せて食べるとおいしい「佃煮」ですが、だいたいメインのおかずは他にあります。佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
エネルギッシュな街には、うまいラーメン屋が多い。ビジネスと交通の中心地「品川」もそんな街のひとつだと思う。昼も夜も、多くの人が行き交うこの街で、それぞれ五...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
東急大井町線、荏原町駅。駅を出るとすぐ「荏原町商店街」があり、少しだけ昭和にタイムスリップした気分になります。そんな荏原町商店街から1本入った住宅街にある...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...