だしの常識がここから変わる。「だし勉強会」に行ってみた。

「だし」というと、お味噌汁に入れたり、和食の味付けに使うものだと思っていた。そんな僕にとっての“だしの常識”は、ある日を境にくつがえされることになった。

きっかけは「だし勉強会」というイベントに参加したこと。ここでは驚きと発見にあふれた勉強会についてレポートしていく。

そもそも
「だし勉強会」とは?

De380ef4c7df86a8811c3a63412a9efb85199c45

「だし勉強会」は、9月12日都内にて、創業150年のだし専門店「マルハチ村松」から発売された『やいづ善八やきつべのだし』のプロモーションイベントの一環として開催された。

『やいづ善八やきつべのだし』は、醤油などで味付けもされておらず、かつおだし本来の旨味が凝縮されただしパック。さらに保存性が高く、酸化しづらい。「だし勉強会」は、この商品を使って進められていった。

1時間半におよんだ勉強会の前半は、「マルハチ村松」の大石央(おおいしひさし)さんのだし講座、後半は料理家の冷水希三子さんによるだしを活かした料理の紹介が行われ、商品はもちろん、だしの知識や活用方法まで学べる内容となっていた。

本当においしいだしと
その作り方

だし講座ではまず、削りたてのかつおぶしと、前日に削ったかつおぶしの食べ比べからスタート。削りたてのかつおぶしは口に入れた瞬間とろけるようにやわらかく、あとからかつおの香りが豊かに抜けていった。

一方で前日のかつおぶしは、ごわつき感があり、少し酸味、苦味を感じた。大石先生によると、削った瞬間から酸化が始まり4〜5時間もするとハッキリ違いがわかるそう。かつおぶしは非常にデリケートなのだ。

F25bf6146420b861fdeae5dce9b4ed08eb0ed75c

理想的なだしのとりかたは、100度に近い熱湯に、かつおぶしを30gを入れて、弱火で3分熱するというもの。

この方法で削りたてのかつおぶしからだしを作ると、すっきりとした味わいになり、それだけでもお茶感覚で飲めてしまうほどだった。

だし本来の効果を
活かした料理

103db9a557e9afb93480ede2e460eec4dca2a627

後半は、だしを活かした料理紹介の時間。メニューは「パプリカのだしポタージュ」と「マカロニグラタン」だ。

このメニューを知り「洋食に和食のだしを使うの? それって合うの?」と、さまざまな疑問がわいてくる。それを察したのか、すぐさま冷水先生が説明を入れる。

「だしは和食にだけ使うものではなく、食材の味、そのものを際立たせるために使うんです。だしの味は残りません」

実際に冷水先生は、2つの料理でだしを使った。正直この時点では、おかしな味になるのではないかと、疑っていた……。

C70debf5f5fc21b6d4886cebef1f6a57eba115d9

しかし、試食会で2つの料理を食べて、疑いはすっきりと晴れた。両方ともだしの味は完全に消え、かわりに食材の味がきわ立ってとてもおいしかったのだ。

パプリカのだしポタージュは、香ばしいパプリカの風味が口に広がり、トマトの酸味もよく効いていた。マカロニグラタンはコクと甘みがあり、クリームの濃厚さを感じた。食材の味が堪能でき、瞬く間に完食してしまった。

そして「ごちそうさま」とともに、「だし勉強会」は終了。もう僕の中で、だし=和食、お味噌汁という考えは消え、イタリアンやフレンチなどで多彩に活用できる優れものに変わっていた。

自炊を全くしない僕だが、このだしを使って料理をはじめてみようかな、と思う。

和食の基本となる「だし」。その材料にはかつお、昆布、煮干し、干ししいたけなどが使われるのが一般的ですよね。でも、「豆」からもだしが取れるって知っていました...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
浜松の名店「じねん」の秋元健一さんは、食を通して街の魅力を伝える、いわば大使のような料理人。浜松には、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
観光客に「いいお土産がない」と言われ、成り行きで地元の印刷屋さんが商品開発に携わることになった。そこで思いついたのが、「地元の食文化を持ち帰る」というお土...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...