ヴィーガンにこそオススメしたい「だしパック」は「うまみ」もバッチリ

ヴィーガンにとって、日本食は「食べたくても食べられない料理」とされてきた。和食の味のベースは、カツオや鶏ガラといった食材でだしを取っている料理が多く、肉や魚介類、はちみつ、卵などの動物性由来の食材を食べないヴィーガンたちにはなかなか選びにくい料理なのだ。

しかし、いよいよ新潟で創業65年を誇るだしメーカー「株式会社フタバ」が販売するだしパック「UMAMIだし 野菜」が、特定非営利活動法人「ベジプロジェクトジャパン」運営のヴィーガン認証を取得した。

和食の世界遺産登録や健康志向から、日本食への注目が高まるなか、本製品は健康を気遣う消費者だけでなく、年々増加するインバウンドまで、幅広い嗜好やライフスタイルを持つ国内外の消費者に日本食を楽しんでもらえるきっかけになりそうである。

また、だしはその「うまみ」によって、塩や味噌、醤油を控えてもおいしく料理を仕上げてくれるが、とる「手間」が課題でもあった。ポンっと鍋に入れて煮出すだけのパック型製品「UMAMIだし 野菜」は、その手間も解決してくれるという点で、料理が苦手な全人類の味方にもなってくれる予感がする。

Top image: © 2019 ON THE UMAMI
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
日本の優れた“おもてなし心”あふれる商品・サービスを発掘し、世界に広めることを目的に創設された「OMOTENASHI Selection」において、「ON...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
だし巻き玉子に衣をつけてフライにし、まぐろ節をふんだんに練り込んだ専用食パンでサンドする。新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」がオープン。
9月12日、都内にて、創業150年のだし専門店「マルハチ村松」から発売された『やいづ善八やきつべのだし』のプロモーションイベントの一環として「だし勉強会」...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
「CANOBLE」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE TH...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて「こおろぎだしパック」が販売中。コオロギ以外の動物性素材を一切使用せず、洗練された優しい旨味を実現。
ありそうでなかったバックパックの登場です。
コーチェラ・フェスティバル2018で伝説のパフォーマンスを見せたビヨンセ。その裏側では、こんなプロジェクトが進んでいたらしい...。
新潟県佐渡島は、本州から船で渡る離島でありながら、東京23区に勝る大きさを誇り、人口約6万人が暮らす。この島で、IターンやUターンを希望してやってくる人た...
ヴィーガン専門デートアプリ「Veggly」が選挙戦期間中に実施した世論調査を発表。
「ヴィーガン」は食品に限った話ではありません。いまの時代を生きるうえで欠かせない、ヴィーガンフレンドリーなあれこれをまとめてみました。