話題の「ブルーラテ」。気になるお味は!?

オーストラリア・メルボルンは、カフェの街とも言われるくらいコーヒー好きに愛されるおしゃれなお店がたくさんありますが、ちょっと不安になるようなビジュアルインパクトを持つラテがあるみたい。

なんと、その色は青!

人気沸騰中!
藍藻入の「ブルーラテ」

このラテの正式名称は「Smurf Latte」。ベルギーのマンガに登場する青い肌の人気キャラクター、スマーフから名まえをもじっているみたい。見た目がケミカルですけど、一体どんなお味?

Mashable」のインタビューによれば、誰もがアワアワしていて粘り気のある甘〜いテイストを想像するようですが、お店の人の説明ではちょっと違うようです。

入っているのは、レモン、ジンジャー、ココナッツミルク、アガベシロップ。そして、藍藻のパウダー。これが青い色の正体というわけ。レモンとアガベシロップの味が特徴的で甘酸っぱくて美味しいのだとか!なんとも言えない新しい味だとも。

もともと正式なメニューとしてはなかったものですが、SNSを通じて話題に火がつき一気に有名に。しかも、それだけじゃありませんでした。

カラフルなバーガーや、
ピンク色のラテもある!

ここ「Matcha Mylkbar」は、ヴィーガンメニューも豊富な抹茶カフェ。ほかにも野菜の色が色濃く出たフードやドリンクが頼めます。

たとえば、抹茶バンズを使ったバーガーや紫芋を使ったポテトフライ、マッシュルームラテ、ビートルートラテ、ターメリックラテ、キャロットケーキラテなど、カラフルなメニューが目白押し。

ビーチから近く、ロケーションも◎。健康志向な人が集う人気の場所のようですよ。メルボルン観光の際にはぜひ立ち寄ってみたい!

Reference:Mashable
Licensed material used with permission by Matcha Mylkbar
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
新潟で創業65年を誇る「株式会社フタバ」が販売する「UMAMIだし 野菜」が、日本で初めて特定非営利活動法人「ベジプロジェクトジャパン」運営のヴィーガン認...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
厚生労働省が定める必須栄養素(全48種)をすべて植物性原材料のみ無添加で仕上げたバータイプの完全栄養食「CENZ BAR」。
6月1日より、カナダ発の2週間で消えるオーガニックタトゥー「Inkbox」が新商品を発売する。これまでの製品より多くの点でバージョンアップしたその魅力とは?
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
「オレオ」はヴィーガン!? アメリカのヴィーガンがこぞって美味しいという「Accidentally Vegan(アクシデンタリーヴィーガン)」を紹介。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「Not-Chick’n」というヴィーガンコンソメの紹介です。ヴィーガンもヴィーガンじゃない人も試す価値アリ!
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!