チェックしておきたい!今気になる「ヴィーガン商品」まとめ

肉・乳製品・卵等の動物性の食品を口にしない「ヴィーガン」の人たち。

今、「ビーガン」は、世界中で確実に増加している。

それに伴い増えているのが、「ヴィーガン向けの商品」だ。食事だけではなく、馴染み深いスイーツ商品やドリンク、化粧品などにもその波は及んでいる。

そしてそれらの中には、ヴィーガンではない人でも、一度は食べてみたい・使ってみたいと思えるものも結構あったりして。実際、新しい扉を開けることになる人もいるかも?

ここ最近発売されているヴィーガン商品をまとめてご紹介する。

「グリコ」プッチンシリーズ初
「植物由来のプリン」が登場

©グリコ, Qvasimodo art/Shutterstock.com

「グリコ」は新商品として「植物生まれのプッチンプリン」を3月16日より販売。

この商品は、グリコのプッチンプリン史上初となる、卵や乳製品などの動物原料を一切使用しない一品。植物由来であるものの、お馴染みのプルルンっとした食感と、ほんのりとした甘みは健在だ。

プリンといえば、その多くが乳製品であり、卵を含むものが一般的だが、「植物生まれのプッチンプリン」なら、ヴィーガン志向の人はもちろん、乳製品や卵にアレルギーを持つ人もその味わいを堪能することが可能に。

詳しく読む>>>

「モスバーガー」から
「代替肉バーガー」がデビュー

© 株式会社モスフードサービス

5月21日より、日本生まれのバーガーチェーン「モスバーガー」から「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER<グリーンバーガー>」が発売となった。

このバーガーは、動物性食材や五葷(ねぎ、らっきょう、にら、にんにく、玉ねぎ)を一切使用せず、野菜と穀物だけで作られた「代替肉バーガー」だ。おいしさをとことん追求した結果、開発期間はなんと1年半!グリーンバーガーにかけるモスのこだわりはハンパない。

詳しく読む>>>

「IKEA」発、地球と身体に
優しい「カップラーメン」

©イケア・ジャパン株式会社

「IKEA」でウォッチすべきはインテリアだけにあらず。

4月25日よりイケアストアにて販売開始となった「植物由来100%カップラーメン」に注目だ!

パーム油不使用で環境にやさしく、麺はノンフライでカロリー控えめ。さらにはカップラーメンでは珍しい化学調味料不使用で、身体にも嬉しい。味は野菜ベースの塩味とカレー味の2種。日本人に馴染みの味というのもありがたい。

詳しく読む>>>

ヴィーガン&ハラール認証取得
「イオン」の「ヘアケア商品」

©イオン

「イオン」「イオンスタイル」380店舗の限定商品として5月に登場したヘアケア商品「VEGAN STYLE(ヴィーガン スタイル)」。

シャンプー、トリートメントなど計11種類に及ぶこれらのアイテムは、その名前が示す通り「ヴィーガン認証」を取得。さらに「ハラール認証」も得ており、ヘアケア市場で初めてとなるW認証を受けた製品だ。

ヴィーガンやハラールに対応した製品が、「イオン」のような大手小売企業で、しかも生活必需品という市場に投入されたことの意味は非常に大きい。

詳しく読む>>>

乳製品は不使用!植物由来の
新しい「CALPIS」

©アサヒ

「アサヒ飲料」は、豆乳を発酵させて作った植物生まれの「GREEN CALPIS」PET300mlを4月7日より全国で発売。

乳製品を一切使わず、豆乳を原料にした植物由来の新しい「カルピス」は、甘さ控えめで優しい味わいのため、食後や休憩のお供にぴったり。さらにコレステロールゼロで、1本あたりのカロリーも99kcalとカラダに優しいドリンクだ。

詳しく読む>>>

岩手銘菓の「南部せんべい」
国内初のヴィーガン認証取得!

©小松製菓

東北地方で親しまれている岩手の「南部せんべい」が偉業を成し遂げた。

「小松製菓」が製造販売する南部せんべい5商品が、2019年末に「NPO法人ベジプロジェクトジャパン」よりヴィーガン認証を取得。せんべいがヴィーガン認証を取得した例はほかになく、国内初の快挙だ。

認定を受けた商品は「おばあちゃんの南部せんべい ごま」「南部田舎ごま」「本南部胡麻」「やわらか仕立て胡麻」「南部しろせんべい」の5商品。

詳しく読む>>>

「台湾ファミマ」でバカ売れ!
植物性ポークの「レンチン飯」

台湾に展開する「ファミリーマート」で、香港発の植物性ミート「OMNIPORK」を使用したインスタントミール「Mom's Cuisine」が登場。

タイ風「ガパオライス」と韓国風「ジャージャー麺」の2種。レンジで温めるだけの手軽さが売りだ。そのどちらにも豚肉の代わりに、大豆、えんどう豆、しいたけ、米を主原料とする「OMNIPORK」が使われている。

詳しく読む>>>

Top image: © 株式会社モスフードサービス
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
「オレオ」はヴィーガン!? アメリカのヴィーガンがこぞって美味しいという「Accidentally Vegan(アクシデンタリーヴィーガン)」を紹介。
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
非常食は買って備えるだけでなく、日常から消費し、常に一定量を自宅に備えていくという方法を意味する「ローリングストック」。この記事では企業のローリングストッ...
今、世界中で増加する「ヴィーガン」を取り巻くさまざまな動きについて、知っておくべきことをまとめて紹介。ヴィーガンに向けた刺身、卵、ホテル、レシピ本、ファッ...
岩手県の名産「南部せんべい」がヴィーガン認証を取得。国内で販売されているせんべいにおいて、この認証を取得したものは過去に例がないとのこと。
マクドナルドやバーガーキングに続いて、ケンタッキーフライドチキン(KFC)もヴィーガンに対応すると発表しました。イギリスのいくつかの店舗にて、期間限定でフ...
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「Not-Chick’n」というヴィーガンコンソメの紹介です。ヴィーガンもヴィーガンじゃない人も試す価値アリ!
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
新型コロナウイルスの流行を受けて音楽の物理媒体の売り上げが低迷するなかでも、家庭でレコードをかけるという人は増えているようだ。ついに米国では、今年上半期に...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
「イオン」の限定商品として5月に登場したヘアケア商品「VEGAN STYLE」は、「ヴィーガン認証」「ハラール認証」の両方を取得したヘアケア市場初のアイテム。
12月3日、提供する商品をすべて植物性のもので揃えた「VEGAN STORE」の1号店が東京・浅草にオープン。
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
9月1日、テスラの公式Twitterが「モデル3」から革を完全に排除したと発表。動物由来の素材を使わないヴィーガン仕様の自動車の誕生だ。
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
「GoogleITサポートプロフェッショナル認定」は、プロダクトマネジャーやデータアナリストなどの職に必要な知識や技能が学べるGoogle発の資格制度。コ...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
8月31日、代官山に「style table DAIKANYAMA(スタイル テーブル ダイカンヤマ )」がグランドオープン。同店は「ヴィーガン」や「...
6月中旬にスコットランドでオープンした「Saorsa 1875」。客室内はもちろんのこと、部屋の掃除の際に使用されるプロダクトもヴィーガン。供給される電気...
「The Vegan Filter(ザ・ヴィーガン・フィルター)」は、無料でダウンロードできるブラウザ拡張機能。Chromeにインストールすると、オンライ...
コーチェラ・フェスティバル2018で伝説のパフォーマンスを見せたビヨンセ。その裏側では、こんなプロジェクトが進んでいたらしい...。
この夏ロンドンでは、今年で2回目となる「Bare Fashion」が開催されます。メインとなるのはファッションショー。ランウェイの上を、ヴィーガンの洋服を...