今買っておくべき「防災グッズ」まとめ

近年は、いつ起こるかわからない災害に備えて、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるという。

とくに今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリースされた。

今のうちに備えておけば憂いなし!

3秒で完成する「簡易トイレ」

©Makuake

誰でも簡単に約3秒ほどで組み立てられる簡易トイレ「InstaPrivy」。

野外の色彩に溶け込むミリタリーグリーンの生地は、透けない素材なのでどんな場面でも人目を遮断。一方、中からは周りが見渡せるので、誰かが近づいてくれくれば一目瞭然、領域侵犯を見逃さない。

と、これはお察しの通り本来はキャンプグッズ。しかし、断水や停電、上下水道の損壊により多くの水洗トイレが使用できなくなる災害時、すぐに簡易トイレが使えるとも限らない過酷な状況下においても心強いはずだ。

女性視点で選んだ「女性用防災セット」

©2020 アスクル株式会社

「アスクル株式会社」が、災害時における女性の悩みに着目し、女性が「防災セットの中にあったら嬉しい」と思えるラインナップを揃えた「女性用防災セット」を発売。

一般的に必要とされる飲料水や保存食、ライト、簡易トイレといった基本的なものに加え、緊急時に女性が備えておきたい特有のアイテムとして生理用品や使い捨てショーツ、ドライシャンプー、メイク落としにも使えるウエットティッシュなど、全21品目をセットにしている。

10年保存可能な「防災乾電池」

©兼松

災害時や「もしも」のときに備えた、長期保管を意識した乾電池「防災電池」が発売。

単三型のアルカリ乾電池40本入りで、長期保管に適したプラスチック容器を採用。10年間の保存が可能で、もちろん日常生活でも使用できる。

この商品は使用頻度が高い日用品を多めに備蓄し、使った分だけ新しく買い足す「ローリングストック」に最適化されたもの。

こんな「女性のための防災セット」も!

©株式会社アバンティ

オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。

しめつけ感のないショーツや足元を温める厚手ソックス、ハラマキとしてもネックウォーマーとしても活躍するチューブトップなど、肌触りのいいファブリックアイテムを防災袋代わりのふろしきとともにお届け。

ナプキンになる不織布マルチクロスはタオルとして使ったり、汚水を濾したり幅広く活用が可能。さらし木綿は手で裂くことができるため、おんぶ紐や止血にも使えるそう。

「防災を楽しむ」がテーマのオンラインショップ

©サイボウデジタル

日常生活の一部として“防災を楽しむ”ことで、備えある安心した暮らしを送ることを目指したオンラインのセレクトショップ「SAIBOU PARK」がオープン。

マスクや非常食、いざというときに役立つ便利アイテムなどの防災グッズの販売をメインに、ウェブマガジンの発行やイベントなどの開催も。現代のライフスタイルにマッチした“防災カルチャーの新たな発信地”としての役割を担うという。

Top image: © 株式会社アバンティ

関連する記事

3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上、災害用長期保存食のパイオニアとしてあり続ける株式会社セイエンタプラ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上の、災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI...
普段使いにこだわって製作された「防災ふろしき」。デイリーユースの要素を満たし、なおかつ風呂敷という性質を活かした多機能さがウリ。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
新しいスタイルの除菌グッズ「その場で作る除菌ウエットタオル」が、「防災の日」である今月1日(火)に公式オンラインショップにて発売開始となった。
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上の、災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
東日本大震災から早5年。防災意識がだんだんと薄れてしまっている今だからこそ、自分の身の回りの備えについて、あらためて考える機会を持ちたい。防災グッズは各メ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
9月1日は「防災の日」。近年の自然災害の多発により、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるなか、「女性視点」でセレクトした防災セットを「ア...
「防災カルチャー」を発信するセレクトショップ「SAIBOU PARK」が誕生。話題の防災グッズの販売をはじめ、ウェブマガジンの発行やイベントの開催など充実...
オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。実用的なだけではなく、肌触りのいいフ...
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
「LightDisc Solar」は、太陽光エネルギーを内部バッテリーに保存するソーラー充電器。
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
何かを生み出したり、カスタムしたり、住まいをメンテナンスするその前に、揃えておきたい「便利グッズ」のご紹介!きっと、DIYが10倍はかどるはず。

おすすめ記事

「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。