「百年保存できるマッチ」こそ、究極の火種

気がつけば、いつの間にか私の周りには「基本の防災グッズは持ってるよ」という友人が増えていました。

この10年間、みんないろんなことを考え、いろんな行動を起こした結果なんだと思います。

でも、備えることに終わりはないのかもしれません。知らなかったけど、「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。

42年以上に渡り、災害用長期保存食(備蓄食)のパイオニアとしてあり続ける株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP(セイショップ)」おすすめの、これから買い足すべき「+α」の防災グッズを紹介します。 

今回は「百年保存できるマッチ」

他人にコントロール権を
委ねない“火種”を持つ意義

©2021 NEW STANDARD

もしものとき、真っ先に復旧されなければならないインフラも、復旧までに相当な時間を要することが考えられます。それに備えるために必要なのは、ライフラインから独立した”火種”を備えること。これは「自助防災(自分の身は自分で守る)」の観点からも、とても重要なことです。

昔から私たちの身近にあった「マッチ」は、じつは火種を安全に、いつでもどこへでも持ち運べ、しかも、何年(100年)でも保存することができる19世紀来のイノベーション。

この「スライド缶入り 安全マッチ」は、耐久性の高いスライド式アルミケース缶入りの安全マッチなのですが、マッチを擦る側薬を缶の裏フタに装着することにより、外部からの湿気対策を強化。

さらに、マッチを一缶ずつ透明ビニール袋に完封することで、防水防湿効果が高まり長期間の保管を実現したアイテムです。

©2021 NEW STANDARD
©2021 NEW STANDARD

マッチといえば、ひと昔前まではどの家庭にも一つはあったものですが、戦後の急激なライフスタイルの変化により、家庭には都市ガスが普及。日常生活からマッチを使うシーンは次第に失われてしまいました。

キッチンのガスコンロや、使い捨てガスライターは、普段はとても便利なものですが、災害時の使用を考えると、じつは、とても脆弱。 災害時には、地中のガス管が断裂し、ガスの供給が止まり、キッチンのガスコンロは使用できなくなってしまいます。 ガスライターも、ガス自体が不安定なため長期保管が難しく、もしガスが失われれば着火すらできません。

また、化学反応による高い着火性能を持ち、発火から付木までの工程を一つの動作で完了するマッチと違い、ガスコンロやガスライターの着火システムは、発火手段が火打石から電気や電池に変わっただけで、太古の昔と変わらず、火花をガスという“付木”に引火させる方法。この着火システムにも脆弱性が潜んでいます。

©2021 NEW STANDARD

それに、考えてみれば、ガス会社というインフラを利用しなければならない現代の都市ガス・システムでは、 本来であれば各家庭に“備蓄されるべき火”のコントロール権を完全に他人任せにしてしまっているという状況。

自助防災の観点からも、各家庭に一つ、他人にコントロール権を委ねない“火種”を備えるべきなのかもしれません。

キャンドルアロマなどを楽しむ人も多い、現代を生きる私たちにとって、「マッチを日頃から使う」というライフスタイルは、決して難しくはないように思います。

スライド缶入り 安全マッチ

【オンラインショップ】
https://www.seishop.jp/shopdetail/086000000001/

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
日用品を多めに備蓄し、使った分だけ買い足すことで、「もしも」のときに備えられる「ローリングストック」に適した乾電池「防災電池」が登場。10年の長期保管が可能。
9月1日は「防災の日」。近年の自然災害の多発により、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるなか、「女性視点」でセレクトした防災セットを「ア...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上、災害用長期保存食のパイオニアとしてあり続ける株式会社セイエンタプラ...
世界最小の火力発電機、25年保存できるシチュー、たためるヘルメットなど。42年以上に渡り、災害用長期保存食(備蓄食)のパイオニアとしてあり続ける株式会社セ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上の、災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI...
3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
「防災カルチャー」を発信するセレクトショップ「SAIBOU PARK」が誕生。話題の防災グッズの販売をはじめ、ウェブマガジンの発行やイベントの開催など充実...
「UCO Gear」が開発した防水マッチは、見たことがないくらいタフで、風や雨の影響をものともしません。
普段使いにこだわって製作された「防災ふろしき」。デイリーユースの要素を満たし、なおかつ風呂敷という性質を活かした多機能さがウリ。
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。実用的なだけではなく、肌触りのいいフ...
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリ...
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
「LightDisc Solar」は、太陽光エネルギーを内部バッテリーに保存するソーラー充電器。
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Makuake」にて先行販売を実施中の「MUZOSA X-PAC」は、素材に「X-PAC」を採用し、耐久性、防水性共に優れ、しかも軽量。鍵、紙幣・硬貨、...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
クラウドファンディングで1700%の支援を達成した「100年使える湯のみ」が、ついに一般販売を開始。