今日から始める「防災対策」!アプリやおしゃれなグッズも

台風や地震などの災害は予期せずやってきます。しかも災害時はいつもよりパニックになってしまうもの。そんな時のために、事前に防災グッズテクニックなどの対策や知識を備えておきたいですよね。

3月1日は「防災用品点検の日」。今すぐできるアプリのダウンロードや、定期的に見直しておきたいラジオ・充電器などの防災グッズ、災害時でも家族が1週間過ごせる防災クッキングなどをまとめました。

今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」

東京都防災アプリ
©2020 東京都防災アプリ

今すぐにでもできる対策が、東京都防災アプリのダウンロード。都民でなくても役立てられるマップ・掲示板などの機能と、もしもマニュアルや事前の備えなどをまとめた情報量もかなりのものです。続きを読む>>>

部屋で浮かないオシャレな「防災グッズ」4選

①「イス型」防災バッグ

イス型防災バッグ
©REANGLE

いざという時にすぐ取り出せないと意味がない防災グッズ。この「イス型防災バッグ」は普段から玄関に置いて、スツールとして使うことができます。いざとなったら100kgにも耐えられるバッグになり、カラバリも豊富です。続きを読む>>>

②水で膨らむ土のう袋

水で膨らむ土のう袋
©2019 DCMホールディングス株式会社

浸水に備えておきたいのは「土のう袋」ですが、すぐには土や砂が手配できない場合に便利なのが「水で膨らむ土のう袋」。使用前は2.5cmと非常に薄く、使用後も乾かせば元のサイズに戻るので使い勝手が抜群です。続きを読む>>>

③防災セットに迷ったらこれ

ランタン、ラジオ、ポンチョ機能を兼ね備えた「MINIM+AID」
©nendo

「MINIM+AID」は場所をとらず、一見防災セットには見えないデザインが一人暮らしの部屋にもおすすめです。LEDランタン、ラジオ、ポンチョ、水筒などがセットになっており、普段は傘立てに立てておけば避難時も持ち出しやすいですね。続きを読む>>>

④防災をデザインする──。モノトーンの消火器

オシャレな「+住宅用消化器」
©モリタHD

「+住宅用消火器」は暮らしに調和するマットなモノトーンカラーの消火器。隠されがちな防災グッズを、普段から目の届くところに置いておけるようなデザインのアップデートで、2019年度にグッドデザイン賞を受賞。これなら部屋においても違和感はなさそうです。続きを読む>>>

「防災クッキング」で大災害に備えを。

防災クッキング
©一般社団法人 危機管理教育研究所

いざという時に備えて、事前に防災クッキングを練習しておくことも大事。軽くて常温で保存でき、包丁を使わない「乾物」は備蓄にぴったり。ビニール袋で白米を炊く方法や、1日に人間が必要とする水の量なども覚えておきましょう。続きを読む>>>

自分を、家族を、周りの人を救うのに役立つかもしれない防災対策。まずは、いざという時の連絡先を家族と話し合ったり、家にあるグッズの確認などの機会を作ってみてはいかがでしょう。

関連する記事

9月1日は「防災の日」。近年の自然災害の多発により、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるなか、「女性視点」でセレクトした防災セットを「ア...
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
普段使いにこだわって製作された「防災ふろしき」。デイリーユースの要素を満たし、なおかつ風呂敷という性質を活かした多機能さがウリ。
日用品を多めに備蓄し、使った分だけ買い足すことで、「もしも」のときに備えられる「ローリングストック」に適した乾電池「防災電池」が登場。10年の長期保管が可能。
埼玉県議会で「立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない」という条例が成立。周知期間を経て、今年10月1日より県内で施行される。
オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。実用的なだけではなく、肌触りのいいフ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上、災害用長期保存食のパイオニアとしてあり続ける株式会社セイエンタプラ...
「防災カルチャー」を発信するセレクトショップ「SAIBOU PARK」が誕生。話題の防災グッズの販売をはじめ、ウェブマガジンの発行やイベントの開催など充実...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上の、災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI...
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
韓国自動車王手の「ヒョンデ(旧称:ヒュンダイ)」が、高級車ブランドである「ジェネシス」の中国上陸に際してCMを公開。3000台のドローンを用いたSFのよう...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
新しいスタイルの除菌グッズ「その場で作る除菌ウエットタオル」が、「防災の日」である今月1日(火)に公式オンラインショップにて発売開始となった。
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
防災のプロが監修した、クッションとしても普段使いが可能な寝袋「SONAENO」が登場。痒いところに手が届く、便利な機能を多数搭載!
「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
「LightDisc Solar」は、太陽光エネルギーを内部バッテリーに保存するソーラー充電器。
世界最小の火力発電機、25年保存できるシチュー、たためるヘルメットなど。42年以上に渡り、災害用長期保存食(備蓄食)のパイオニアとしてあり続ける株式会社セ...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
使わなくなった学校を取り壊すのではなく、リノベーションして新たな使いみちを生み出す。カフェやギャラリー、アートスペースとして校舎を再利用する取り組みは、今...
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
都心のタイニーハウス在住男子としては、やっぱりイケてる家具を揃えて、かっこいい大人を演出したい!それでいてできるだけ広々とした空間は保ちたいし…。