いつの日か起きる大災害に備えを。今あるものだけで家族が1週間暮らす「防災クッキング」

東日本大震災から6年。

自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど備えられているか。

まずは自分を含めて家族が一週間暮らせる備蓄について、1995年の阪神・淡路大震災でご自身も被災経験を持つ防災クッキングアドバイザー、鈴木佳世子さんに話を聞いた。

防災食は
「命と心をつなぐ」もの。

温かいものを食べる、いつもと同じような食事をする、基礎栄養素を摂る、といった「ふつうの食事」がどれほど被災者の心を救うかを身をもって体験した鈴木さんは、セミナーや講演の際、あえて強い表現を使うという。

まず鈴木さんは、緊急時に備えて、ふだんの食材選びを紹介してくれた。テーマはずばり「自宅にある食材だけで家族が一週間暮らせる備蓄」。

とはいえ、単純に大量の食材を備蓄しておくのは容易ではない。しかし難しく考えすぎることもなく、普段の食事にも活かせて、かつ万が一の時にも役立つような食材をストックしておけば良いだけのことだと言う。

・食べるために包丁が要らない
・常温で保存可能
・軽くて持ち運びやすい
・栄養が摂れる
・火がなくても食べられる

そんな条件を叶えてくれるもの、それは「乾物」

例えばわかめ、切り干し大根、高野豆腐、お麩、乾麺、クスクス、雑穀、もっと身近な米や餅も乾物なわけで、普段の買い足しと防災食を兼ねた食材の両立も、難しくはなさそうに思えてきた。

大切なことは、被災時に初めて乾物を使う、なんてことがないように、普段から食べ慣れておくこと。日頃の買い足しが、そのまま備えになると思えばハードルはぐっと低くなる。

ただ、水分は忘れずに1週間分を確保しておきたい。

年齢によって必要量が異なるが、一般的には

「体重 ×(A)=1日に必要最低限の水分量(ml)」

と言われており、Aに当てはまるのが幼児なら100〜120ml、こどもは50〜100ml、成人は50ml。例えば体重50キロの成人なら、50kg × 50ml =2,500→1日2.5リットルの備蓄が必要、となる。

非常時の調理方法は
定期的に練習を。

乾物は調理が簡単とはいえ、火が思うように使えなかったり、洗い物がままならない状況での調理はどうしたらいいのだろうか?

もしもカセットコンロなどでお湯が沸かせる場合は、お湯を活用した湯煎(ゆせん)料理が良いという。

たとえば、厚めのビニール袋に溶き卵と醤油やめんつゆを入れて口を縛り、お湯の中に20分入れておけば、だし巻き卵のような仕上がりに。フリースや毛布で鍋を包めば保温効果も高まり、調理の仕上がりも早くなる。

白米1合とお水をビニール袋に入れて熱湯に20分沈め(鍋底につくとビニールが溶けるため、お皿を沈めると良い)そのあと、15分ほどお湯のなかで蒸せば、白米だって炊ける。

他にも、お水やトマトジュースと一緒に好みの乾物や缶詰をビニール袋に入れ、カレールーを溶かし入れて、20分お湯に浮かべればカレーに。

また、魔法瓶のような保温能力のあるポットやスープジャーに熱湯と豆を入れて7〜8時間置いておけば煮豆ができ、衛生状況の悪化などで免疫が下がったり、栄養バランスを崩しやすい環境のとき、また、柔らかい食事を好むシニアにも優しい一品ができあがる。

このような調理法は、非常時をイメージして試してみる機会もあると良い。過去の震災を振り返るこの時期に、家族や友達と一緒に試してみてはどうだろうか。

関連する記事

3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
9月1日は「防災の日」。近年の自然災害の多発により、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるなか、「女性視点」でセレクトした防災セットを「ア...
普段使いにこだわって製作された「防災ふろしき」。デイリーユースの要素を満たし、なおかつ風呂敷という性質を活かした多機能さがウリ。
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
日用品を多めに備蓄し、使った分だけ買い足すことで、「もしも」のときに備えられる「ローリングストック」に適した乾電池「防災電池」が登場。10年の長期保管が可能。
オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。実用的なだけではなく、肌触りのいいフ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上、災害用長期保存食のパイオニアとしてあり続ける株式会社セイエンタプラ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上の、災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
「防災カルチャー」を発信するセレクトショップ「SAIBOU PARK」が誕生。話題の防災グッズの販売をはじめ、ウェブマガジンの発行やイベントの開催など充実...
新しいスタイルの除菌グッズ「その場で作る除菌ウエットタオル」が、「防災の日」である今月1日(火)に公式オンラインショップにて発売開始となった。
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上の、災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI...
防災のプロが監修した、クッションとしても普段使いが可能な寝袋「SONAENO」が登場。痒いところに手が届く、便利な機能を多数搭載!
自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリ...
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「リクルート住まいカンパニー」が昨年12月から今年1月にかけて実施した「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の結果をご紹介。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
畳の歴史が、いま変わろうとしている。京間や江戸間など地域によって若干のサイズの違いはあった。しかし、そのカタチは一定して長方形だった。ところが、この畳は複...