いつの日か起きる大災害に備えを。今あるものだけで家族が1週間暮らす「防災クッキング」

東日本大震災から6年。

自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど備えられているか。

まずは自分を含めて家族が一週間暮らせる備蓄について、1995年の阪神・淡路大震災でご自身も被災経験を持つ防災クッキングアドバイザー、鈴木佳世子さんに話を聞いた。

防災食は
「命と心をつなぐ」もの。

温かいものを食べる、いつもと同じような食事をする、基礎栄養素を摂る、といった「ふつうの食事」がどれほど被災者の心を救うかを身をもって体験した鈴木さんは、セミナーや講演の際、あえて強い表現を使うという。

まず鈴木さんは、緊急時に備えて、ふだんの食材選びを紹介してくれた。テーマはずばり「自宅にある食材だけで家族が一週間暮らせる備蓄」。

とはいえ、単純に大量の食材を備蓄しておくのは容易ではない。しかし難しく考えすぎることもなく、普段の食事にも活かせて、かつ万が一の時にも役立つような食材をストックしておけば良いだけのことだと言う。

・食べるために包丁が要らない
・常温で保存可能
・軽くて持ち運びやすい
・栄養が摂れる
・火がなくても食べられる

そんな条件を叶えてくれるもの、それは「乾物」

例えばわかめ、切り干し大根、高野豆腐、お麩、乾麺、クスクス、雑穀、もっと身近な米や餅も乾物なわけで、普段の買い足しと防災食を兼ねた食材の両立も、難しくはなさそうに思えてきた。

大切なことは、被災時に初めて乾物を使う、なんてことがないように、普段から食べ慣れておくこと。日頃の買い足しが、そのまま備えになると思えばハードルはぐっと低くなる。

ただ、水分は忘れずに1週間分を確保しておきたい。

年齢によって必要量が異なるが、一般的には

「体重 ×(A)=1日に必要最低限の水分量(ml)」

と言われており、Aに当てはまるのが幼児なら100〜120ml、こどもは50〜100ml、成人は50ml。例えば体重50キロの成人なら、50kg × 50ml =2,500→1日2.5リットルの備蓄が必要、となる。

非常時の調理方法は
定期的に練習を。

乾物は調理が簡単とはいえ、火が思うように使えなかったり、洗い物がままならない状況での調理はどうしたらいいのだろうか?

もしもカセットコンロなどでお湯が沸かせる場合は、お湯を活用した湯煎(ゆせん)料理が良いという。

たとえば、厚めのビニール袋に溶き卵と醤油やめんつゆを入れて口を縛り、お湯の中に20分入れておけば、だし巻き卵のような仕上がりに。フリースや毛布で鍋を包めば保温効果も高まり、調理の仕上がりも早くなる。

白米1合とお水をビニール袋に入れて熱湯に20分沈め(鍋底につくとビニールが溶けるため、お皿を沈めると良い)そのあと、15分ほどお湯のなかで蒸せば、白米だって炊ける。

他にも、お水やトマトジュースと一緒に好みの乾物や缶詰をビニール袋に入れ、カレールーを溶かし入れて、20分お湯に浮かべればカレーに。

また、魔法瓶のような保温能力のあるポットやスープジャーに熱湯と豆を入れて7〜8時間置いておけば煮豆ができ、衛生状況の悪化などで免疫が下がったり、栄養バランスを崩しやすい環境のとき、また、柔らかい食事を好むシニアにも優しい一品ができあがる。

このような調理法は、非常時をイメージして試してみる機会もあると良い。過去の震災を振り返るこの時期に、家族や友達と一緒に試してみてはどうだろうか。

自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...
東日本大震災から早5年。防災意識がだんだんと薄れてしまっている今だからこそ、自分の身の回りの備えについて、あらためて考える機会を持ちたい。防災グッズは各メ...
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
備食こそ、美食でなければならないーー。そんなコンセプトから生まれた備蓄食が、この「東京備食」です。
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
あの日、あなたは何をしていましたか。震災のあと、被災地には支援物資がたくさん届きました。米、パン、カップ麺、缶詰、レトルト食品など、すぐにエネルギーに変わ...
東日本大震災から7年。あの光景は忘れていないし、忘れてはいけないと、心に刻んでいます。そして、未曾有の出来事がいつ自分の身に起きてもおかしくないのだと、こ...
震災からまもなく1年を迎える熊本。その節目となる2017年4月16日(日)、表参道COMMUNE2ndで熊本の魅力を発信するイベントが行われます。この日だ...
あの震災がおきた時、何をしていたか。私は、それがあまりにも情けなくて今まで誰かに話すことがあまりできなかった。震災があった3月11日、私は銀座のオフィスビ...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照...
あなたの理想のタイプは、どんな女性ですか?芯の強い女性、かわいらしい女性、やさしい女性…きっと好みはさまざまでしょう。でも今回は女性の特徴ではなく「家族構...
「男性が選ぶべきは大家族出身の女性だ」そんな独特の視点でまとめられた記事が「Elite Daily」で話題です。書いたのは女性ライターGigi Engle...
休耕地で、染料である藍を育て、藍染めをつくるプロジェクトが始まっています。福島県大玉村は、もともと藍染めで有名な村だったわけではありません。震災後、稲作を...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
普通の野菜より体にいいっていう話はよく聞くけど、本当のところどのくらい影響があるんだろ?と気になっている人も多いかもしれません。そこで、スウェーデン環境研...
1月17日、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。昨年は想定外の突風にあおら...
2017年5月13日(土)〜14日(日)にかけて開催予定の『第一回 ASO ROUND TRAIL』は、全長約105kmに及ぶ九州初となるロングトレイルラ...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
「ありがとう」を家族に口にしたのはいつですか?もう間もなくクリスマス、そしてお正月。家族が顔を揃えるひとときがやってきます。久しぶりの我が家に戻る人も、日...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...