自分のためより、家族のためにダウンロードしておきたい「防災アプリ」

しようしようと思って地震のときも台風のときもダウンロードしてなかった「東京都防災アプリ」。

2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、ローンチされた2018年にも話題になりました。これがなかなか、都民じゃなくても使える便利なアプリなんです。

こっちのタイミングなんか関係なくやってくるのが「災害」。無料アプリですし、落としておいて損はないと思います。何度かのアップデートを経て使い勝手も良くなっているので、改めてご紹介!

見た目はかわいいけど
「大事なこと」がみっちり

©2020 東京都防災アプリ

アプリを開くと「防災・くらし・災害」の3つのモードに分かれていて

・事前にインプットしておきたいこと
・家族でシェアしておきたいこと
・いざというときに使える便利機能

などが、これでもかというほど詰まってます。文字も大きめでシンプルなので、3世代家族でも使いやすいですね。

こういうのって「各自で見ておくように!」と言ったところでなかなか難しいのが現実。家族でまとまった時間を取ってチェックするのもありですよ。

©2020 東京都防災アプリ

マスコットキャラクター「防サイくん」によるクイズやゲームもありますが、情報量だけでも防災ブックほぼ2冊分。

これは使える!
チェックリストとオフラインマップ

©2020 東京都防災アプリ

かなり実用的なところも、このアプリが「東京都さん本気」と言われる理由のひとつ。

非常用のチェックリストなんて、大型台風の予報が出るたびにググってる気がするし、一度でも被災経験がある人ならいかにこのリストがそのあとのライフラインに影響するか身を以て知っているはず。

©2020 東京都防災アプリ

あとは、ネットがつながらない非常時にも見れる「オフラインマップ」はダウンロードしておきましょう。

災害時の帰宅支援ステーションや避難場所、給水所や医療機関もナビゲートしてくれるスグレモノです。

他にも、今いる場所の危険度が分かる「地域危険度マップ」や、2019年とくに注目された「水害リスクマップ」もめちゃくちゃ使えます。

©2020 東京都防災アプリ

さらに

・注意報や警報のプッシュ通知
・安否確認のネット掲示板
・緊急ブザー & 位置情報送信機能
・3ヵ国のヘルプカード(英、中、韓)
・もしもマニュアル(簡易トイレの作り方、簡易コンロの作り方、etc)

など、ここには書ききれないくらいの情報や便利機能がてんこもりです。

なにも起こらないことが一番だけど、準備不足であとから後悔するのだけは避けたいですもんね。

 

アプリのダウンロードはコチラから
App Store
Google Play

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
9月1日は「防災の日」。近年の自然災害の多発により、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるなか、「女性視点」でセレクトした防災セットを「ア...
普段使いにこだわって製作された「防災ふろしき」。デイリーユースの要素を満たし、なおかつ風呂敷という性質を活かした多機能さがウリ。
日用品を多めに備蓄し、使った分だけ買い足すことで、「もしも」のときに備えられる「ローリングストック」に適した乾電池「防災電池」が登場。10年の長期保管が可能。
フロントタイヤを二輪にした「ゴールドトライアングル構造」によってバツグンの安定感を誇るニュータイプの電動キックボード型モーターサイクル「ilark」が「M...
オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。実用的なだけではなく、肌触りのいいフ...
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上、災害用長期保存食のパイオニアとしてあり続ける株式会社セイエンタプラ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上の、災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上の、災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI...
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
天然バイオマス系生分解性樹脂で作られた使い捨てのスプーンやフォーク、皿などのカトラリーセット「土に還る、防災カトラリーセット」が発売。
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
「防災カルチャー」を発信するセレクトショップ「SAIBOU PARK」が誕生。話題の防災グッズの販売をはじめ、ウェブマガジンの発行やイベントの開催など充実...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。
7月に「Who’s In Town?」というアプリがリリースされた。地図上で特定のInstagramのフォロワーに自分の位置情報を共有できて、誰かから教え...
自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...
防災のプロが監修した、クッションとしても普段使いが可能な寝袋「SONAENO」が登場。痒いところに手が届く、便利な機能を多数搭載!
東日本大震災から10年目となる3月11日、「甘い非常食」を詰め込んだ、「こころ咲く BOUSAI BOX」が発売。山形県山形市「有限会社西谷」のママ防災士...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
3月25日は「市民災害の日」。「洋服の青山」は、下取りサービスで回収した衣類から作った「防災毛布」を昨年に続いて寄贈した。
新しいスタイルの除菌グッズ「その場で作る除菌ウエットタオル」が、「防災の日」である今月1日(火)に公式オンラインショップにて発売開始となった。
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...