自分のためより、家族のためにダウンロードしておきたい「防災アプリ」

しようしようと思って地震のときも台風のときもダウンロードしてなかった「東京都防災アプリ」。

2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、ローンチされた2018年にも話題になりました。これがなかなか、都民じゃなくても使える便利なアプリなんです。

こっちのタイミングなんか関係なくやってくるのが「災害」。無料アプリですし、落としておいて損はないと思います。何度かのアップデートを経て使い勝手も良くなっているので、改めてご紹介!

見た目はかわいいけど
「大事なこと」がみっちり

©2020 東京都防災アプリ

アプリを開くと「防災・くらし・災害」の3つのモードに分かれていて

・事前にインプットしておきたいこと
・家族でシェアしておきたいこと
・いざというときに使える便利機能

などが、これでもかというほど詰まってます。文字も大きめでシンプルなので、3世代家族でも使いやすいですね。

こういうのって「各自で見ておくように!」と言ったところでなかなか難しいのが現実。家族でまとまった時間を取ってチェックするのもありですよ。

©2020 東京都防災アプリ

マスコットキャラクター「防サイくん」によるクイズやゲームもありますが、情報量だけでも防災ブックほぼ2冊分。

これは使える!
チェックリストとオフラインマップ

©2020 東京都防災アプリ

かなり実用的なところも、このアプリが「東京都さん本気」と言われる理由のひとつ。

非常用のチェックリストなんて、大型台風の予報が出るたびにググってる気がするし、一度でも被災経験がある人ならいかにこのリストがそのあとのライフラインに影響するか身を以て知っているはず。

©2020 東京都防災アプリ

あとは、ネットがつながらない非常時にも見れる「オフラインマップ」はダウンロードしておきましょう。

災害時の帰宅支援ステーションや避難場所、給水所や医療機関もナビゲートしてくれるスグレモノです。

他にも、今いる場所の危険度が分かる「地域危険度マップ」や、2019年とくに注目された「水害リスクマップ」もめちゃくちゃ使えます。

©2020 東京都防災アプリ

さらに

・注意報や警報のプッシュ通知
・安否確認のネット掲示板
・緊急ブザー & 位置情報送信機能
・3ヵ国のヘルプカード(英、中、韓)
・もしもマニュアル(簡易トイレの作り方、簡易コンロの作り方、etc)

など、ここには書ききれないくらいの情報や便利機能がてんこもりです。

なにも起こらないことが一番だけど、準備不足であとから後悔するのだけは避けたいですもんね。

 

アプリのダウンロードはコチラから
App Store
Google Play

Top image: © 2020 NEW STANDARD
3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
Airbnbの物件探しを始めたら止まらない!古代集落や砂漠のど真ん中、遊牧民やインドの王宮までユニークすぎる物件を集めました。
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
7月に「Who’s In Town?」というアプリがリリースされた。地図上で特定のInstagramのフォロワーに自分の位置情報を共有できて、誰かから教え...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
ニューヨークに住んでいたとき、日々の行動が環境にどのような影響を与えているかを意識するのはごく自然なことだった。私が東京に1年しか住んでいないがゆえに、環...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
東日本大震災から早5年。防災意識がだんだんと薄れてしまっている今だからこそ、自分の身の回りの備えについて、あらためて考える機会を持ちたい。防災グッズは各メ...
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
3月24日、世界最大級のアダルトサイト「Pornhub」が有料サービス「Pornhub Premium」を無料にすると全世界に向けて発表した。
「フォルクスワーゲン」は、EV化をサポートする企業「eClassics」と手を組んで製作した「ワーゲンバス」の電動モデル「e-BULLI」を発表。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
備食こそ、美食でなければならないーー。そんなコンセプトから生まれた備蓄食が、この「東京備食」です。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
香港でのデモがきっかけで急成長したサンフランシスコ発のメッセージアプリ「Bridgefy(ブリッジファイ)」。Bluetoothにつなげば、100m以内に...