まだ食べてほしくない。被災時に役立つ「備え梅」に込められた想い

「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、もしかしたら、被災の経験がある人だけかもしれません。熊本地震で避難生活を送った私は、地震以降、備えるということを自分ごととして捉えるようになりました。
 
だからこそ、「デザインがかわいい」とか「美味しそう」とか、防災グッズに対するとっかかりは何だっていいと思っています。この「備え梅」が一人でも多くの人の味方になってくれることを願い、ここに紹介したいと思います。

「次の震災のために」

© 2017BambooCut

「備え梅」とは、大きな災害が起こった時のために備えておく梅干しのこと。BambooCutの代表である竹内順平さんが「備え梅」を企画したのは、2016年4月に起こった熊本地震がきっかけでした。

「避難生活で歯を磨くことができなかったり、食べるのが難しかったりしてよだれが出なくなり体調を崩すお子さんがいるという話を聞いた時、梅干し一粒で状況が変わることもあるのにな、と思いました」

2014年から梅干しに関わる仕事をし、向き合ってきた竹内さんならではの発想です。

一般的に、災害時に救援物資が分配されるまでに3日間を要するといわれています。この3日間を乗り切るために考えられたのが「備え梅」です。梅干しは「クエン酸」含有量が高く、「ミネラル」も豊富。そこに、酸っぱいもの特有の「よだれ(唾液)」の分泌をうながす働きも相まって、梅干しには、安定した体調を維持する力があるといわれています。農林水産省も、災害時や緊急時における梅干しの有用性を推薦しています。

© 2017BambooCut

「備え梅」の基本の形はこうです。巾着の中には、3日間で1粒ずつ食べられるように3粒と、プラス1粒が「お試し梅(梅干しを食べたことがない人や味が知りたい人の試食用)」として入っています。個包装にこだわり、普段からお守りのように持ち歩くことができるように携帯時の収納性も考慮されています。

備災食に
美味しさはいらない?

© 2017BambooCut

「備え梅」の梅は、東京都世田谷区にある梅専門店「延楽梅花堂」の乗松祥子さんが手間ひまかけて漬けたもの。江戸時代から続く幻の梅「杉田梅」を使用し、秘伝の塩としそだけを使ってシンプルに作りあげています。

口に入れた瞬間、身体中の細胞が動き回り、ざわつく感じ。はじめて食べた時は、衝撃的ですらありました

全国各地、300種以上の梅を食べてきた竹内さんが心底惚れ込み「備え梅」の梅として選んだんだそうです。



でも、避難生活を送っている時に“美味しいものを食べる”ということを望んではいられないというのが正直なところ。それでも美味しさにこだわるのには、ちゃんとした理由がありました。

東日本大震災、熊本地震を経験した我々は、もはや「金輪際、災害は起きない」などとは誰しも思っていないはずです。だからこそ、無味乾燥な機能だけを求めた防災・備災食ではなく、「美味しく」備える

悲しいかな「備え梅」が誕生した2017年以降も、豪雨や地震などの大きな災害が何度も起きています。

「備え梅」は、備えるという前提のもとで活躍してくれるアイテムです。だからまずは「身近に置いておきたい」と思ってもらうことで備えるハードルを下げるために、美味しさも追求しているんですね。

本当は3年後に
笑顔で食べてもらいたい

© 2017BambooCut

「備え梅」の賞味期限は3年です。

賞味期限である3年後に、日常のなかで備え梅を食べてくださったのなら、幻の梅の美味しさを味わっていただければ幸いです。
万が一、震災などの非日常で必要としてくださるのなら、備え梅の力強さが生きる希望につながることを心より願っております

Top image: © 2017BambooCut
震災からまもなく1年を迎える熊本。その節目となる2017年4月16日(日)、表参道COMMUNE2ndで熊本の魅力を発信するイベントが行われます。この日だ...
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...
熊本県山鹿市在住の宮川さんが撮る風景写真が、かっこよくてかわいくて、時々シュールです。基本スタイルは「宮川さんと柴犬・しじみちゃんの背中@熊本のどこか」。...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
2016年4月14日と16日未明に、熊本と大分を襲った「熊本地震」。あれから1年と約半年。熊本出身者であり、当時、熊本で地震を経験した私の耳にうれしいニュ...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
甘みがあり、ご飯に乗せて食べるとおいしい「佃煮」ですが、だいたいメインのおかずは他にあります。佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
2016年4月14日21時26分ごろ、熊本県で最大震度7に及ぶ地震が発生しました(気象庁)。「防衛省」は、述べ約2,100名の自衛隊員を救援活動のために派...
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
備食こそ、美食でなければならないーー。そんなコンセプトから生まれた備蓄食が、この「東京備食」です。
東日本大震災から早5年。防災意識がだんだんと薄れてしまっている今だからこそ、自分の身の回りの備えについて、あらためて考える機会を持ちたい。防災グッズは各メ...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
この週末、「みずあかり」が開催される。熊本に希望のあかりを——そんなテーマで毎年10月に開催されているこの祭典も、今年で14回目を数える。平成16年から続...