備えは今のうち。水に浸して5分で膨らむ「土のう袋」で家を守る

「もしもの時の備え」は、なんでもない時にしておくもの。

近年、日本全土で多発する記録的な豪雨や地震。それに伴って、減災や迅速な復旧のため「土のう袋」の需要が拡大しているという。しかし、従来の土のう袋は土や砂を詰めるのが大変で、地域によってはいざというときに土や砂が身近にない、という声も。

そんななか、ホームセンター業界最大手「DCMホールディングス株式会社」では、有事のときは水に浸すだけで膨らむ吸水タイプの土のう袋を発売した。

この「水で膨らむ土のう袋」は、土や砂がなくても、水に3~5分浸すだけで約15㎏まで膨らみ、すぐに使用することができる。取っ手が付いているため、持ち運びや積み上げもしやすい。使用後は、14日ほど天日干しして乾燥させることで元のサイズに戻り、一般ごみとして処分することが可能。

使用前の厚みは約2.5cmと非常に薄く、いざという時のためにコンパクトに収納しておくことができる。

全国の「DCMカーマ」「DCMダイキ」「DCMホーマック」「DCMサンワ」「DCMくろがねや」「ケーヨーデイツー店舗(一部店舗を除く)」にて販売中だ。

災害は、ある日突然やってくる。備えは今のうちだ。

Top image: © 2019 DCMホールディングス株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

香港を拠点にする企業「Distinctive Action」が、水に溶けるビニール袋「#INVISIBLEBAG」を開発した。70℃のお湯をかければ、数分...
3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。