水100%なのに油汚れが落ちるフシギ

合成洗剤が日本でも使われるようになり、早80年。

第一次世界大戦時、動植物性油脂の不足を補うためにドイツで開発され、その洗浄力の高さから、いまではさまざまな種類の合成洗剤が登場、私たちの暮らしに寄り添った存在になっていますよね。

しかし普及とともに、海や川など自然環境への影響が世界的に危惧されるようになったのも事実。各メーカーは環境に優しい洗剤の開発に注力しています。

でも、そもそも水だけじゃ汚れは落ちきらないの?
こう質問すれば、多くの人が「水じゃ汚れが残っちゃうのは当然でしょ」と答えるかと。

快感!
油汚れがズズッと取れる

多くの人が、自然環境を守ることに意識はあっても、日常生活を送っているとこの問題に直面する、もしくは実感することはあまりない。けれどサーファーなど生活に海が不可欠な人々は、つねにこの問題を目の当たりに。

そんななか、多くのサーファーに愛される湘南の地で生まれたのが、化学物質や界面活性剤を一切使っていない、正真正銘100%水の洗浄スプレークラスアッシュ ウォータークリーナー」。水を電気分解した、マイナスイオンを多く含むアルカリイオン洗浄水で、酸性汚れならどんな汚れもお手の物(したがって水アカ汚れなどアルカリ性汚れには対応していないので悪しからず)。

実際に使ってみると、「ひと噴き」そして「ひと拭き」で、気持ちいいくらいゴソっと油汚れが取れる取れる。ちなみにオススメの「気持ちいいポイント」は、オーブンレンジのガラス戸の内側。直接食品を入れる場所だから洗剤類は不安だけど、これなら心配なし。

アルカリイオン水を製造する際に出る酸性水を一切排出しないため、環境負荷ゼロ

逆さスプレーもできるので、低めのスキマなどにもOK

地球が誕生し、多くの生命が産声をあげる鍵となった「水」。
水って、そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球にとって、人間を含めたすべての生物にとって、より不可欠なものに進化しているんですね。おそるべし、水。

サーファーなどのビーチラバーでなくても、もう少し環境に意識して、生活したいものです。

ちなみに、キッチンで“G”を見かけると、液体洗剤をかけて対処している人!この洗浄水はまったく効果なしなので、ご注意を。

Licensed material used with permission by 81STUDIO, Inc.
将来こうした濃縮洗剤が一般的になり、孫世代やひ孫世代が液体洗剤がたくさん売られているドラッグストアの話を聞いてびっくりするような時代がくるかもしれませんね。
「The Magic Water」は、特殊な技術で抽出したアルカリ性の水のクリーナーです。つまり、原料は水オンリー。界面活性剤どころか、水以外は一切使って...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
牛の胆汁を使った石鹸で、油汚れや血液に強いことで知られているが、汗による黄ばみにも有効だ。
洋服に付着、繁殖したバクテリアを99.98%も殺菌してくれる洗濯ガジェット。必要になる時間は20分程度とのこと。
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
植物の水やりには、水道水を使っている人が大半だと思います。でも、人が飲めるくらいキレイに濾過した水を植物にあげるのって、ちょっともったいないかも...!?...
ウォッシングサロン〈Freddy leck(フレディ レック)〉。オリジナルプロダクトも人気です。そのひとつ「Galleseife(ガルザイフェ)」は、と...
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
こんにちは。アメリカ・テキサス州に住んでいるMegumiです。今回はちょっと変わった食器用洗剤を買ったお話をさせてください。
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
スイスのコカ・コーラHBC社が、空気中の二酸化炭素を使って炭酸水を製造します。
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
アーティストのReisha Perlmutterの『WATER』シリーズは、裸で水中を浮遊する女性たちを描いたもの。穏やかな表情を浮かべる女性たちの油絵は...