頑張る都会人を救う!置くだけでヘルシーに近づける「ランプ」。

地方出身者としては、たまに都会のコンクリートジャングルに疲れることがある。

どこを歩いても硬い地面。
緑はたまに見つけても街路樹くらい。
地元の田舎町のように田んぼを申し訳なさそうにつき進むあぜ道もない。

帰宅しても、薄暗い部屋じゃ疲れもとれそうになく、
せめて自炊をしようとしても、野菜が驚くほど高い。
地元じゃコレ100円だよ??なんなんだよ、もう……。

そんなに日当たりのいい部屋じゃないから、観葉植物も置けない。
そもそも土替えとか手間そうだし、虫がわくのもこわいし。

文句ばっかりの疲れた現代人。
私を、見るも食べるも好きにして?

人間、忙しくなって心に余裕がなくなると、食生活も部屋も肌も性格も荒れてきますよね。困ったもんです。

これは、小松若葉(ウィートグラス)をLEDの明かりで育てるテーブルランプ。その名も「Grasslamp」。土や日光も必要ない水耕栽培で、ライトの下にタネと少量の水を入れて、毎日スプレーで水をかけるだけで、約半月でしっかり育つというもの。日の当たらない部屋でもOKなのが嬉しいですよね。

水耕栽培で育てられるマイクログリーンであれば、小麦若葉でなくても問題ないようです。

このランプで育てた植物を料理に使えば、いくらか食費も浮きそうです。都会の自室にいながらにして、自分で育てたものを食べられるなんて、なんだか豊かな暮らしを送っているような気になりますよね。

「The less is more(余計なものは必要ない)」の考えのもと、デザインされているため見た目もシンプル。

デザイナーのMarko Vuckovicさんは、

グラスランプは、「自然」と「人」とのコネクターだ。

と語っています。
植物を育てるという命を育む行為によって、無機質な社会で日々過ごしている都会暮らしの現代人の荒れ果てた心に、少しばかり癒しをもたらしてくれそうです。

ちなみにAmazonでも購入できます。まあ、価格はかなりするんですがね(笑)

 

Licensed material used with permission by Marko Vuckovic
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
自宅でハーブを育てよう!…とはいえ、水は?肥料は?光は?と考えると不安。そんなあなたには、手間がかからない上に見た目もキュートなこのアイテムがオススメ。水...
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
クロッカスは、毎年春先になると、華やかな黄色や紫色、白色の大きな花を咲かせるアヤメ科の品種で、球根から育てることができます。品種によっては、秋咲きのものも...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
北欧のデザイン会社が開発したミニマリストなランプ。LED製のため1日6時間使ったとしても約14年ほど持つそうです。お値段も約3,600円〜とお手頃。地球と...
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
ここ数日、記録的な大雨が日本列島を襲っています。報道によると、各地で鉄道の運転見合わせや停電が多発している模様。引き続き、厳重な警戒が必要です。さて、今回...
今日はムーディーに、明日はパーティー気分で。シーンに合わせて変形する優等生な照明。
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
おしりをバシッ!と叩くと明かりが灯る。そんな、ちょっと不思議なランプをご紹介。一体どこに設置する照明なのか気になるところですが、ホームページによればこの証...
写真に写っているのは、体に巻き付いた太いロープ。そしてその先端には…電球。この「Fauna Lamp」は、自由自在に曲げられちゃう一風変わったランプなんで...