ボタンでパチパチ留めるだけ。100以上の表情を見せるランプシェード

複雑な形が魅力的なランプシェードたち。
え? もっとシンプルなのがいいですか?そうですか。あっ、もう少し明るめを希望ですか。なるほど。

実はこのランプシェード、全部ひとつの同じ商品。ふたつのパーツを組み合わせてボタンで留めるだけで、なんと100通り以上の形ができるのです。

どの形も個性的で、見る角度によって光の透け方が変わり、部屋の幻想的な空間に演出できそう。

アイディア次第で
変幻自在

本体は2枚の平面状のパーツ。やわらかく、扱いやすい樹脂でできています。
この穴を重ね合わせて、専用のパーツで留めていくと、あっという間に球状のランプシェードが完成。留め方次第で、自由に形を変えることができます。

手持ちの照明にサッと簡単に取り付けられるのも魅力のひとつ。

部屋を毎日「模様替え」

パーツの色を変えればバリエーションは無限大。シーンや部屋ごとに手軽に雰囲気を変えられますね。

「昼間は白の丸みを帯びた形で落ち着いた雰囲気に」
「夜にはお客さんが来るから、明るい色で花形に」

なんて使い方もできそう。考えるだけでワクワクしてきます。

照明は意外と部屋の印象を大きく左右するもの。服を着替えるくらいの気軽さで照明を変えられたら、毎日をハッピーに過ごせそう。

気分を変えたくなったら、外してパチパチっ。

「Button Loop Lamp」はkickstarterでクラウドファウンディング中です。

Licensed material used with permission by Designhoming®
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
知ってるようで知らないフォーマルウエアのマナー。「ジャケットの一番下のボタンを外す理由」って?
バクテリアの新しい見方を示してくれるランプがあります。普通のランプの模様にあたる部分にバクテリアが使用されていて、「唯一無二」の配色や柄を生み出します。汚...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
ミリタリーアイテムに採用されている「パラシュートボタン」が誕生した理由とは?
照明からスピーカーまで、これまでさまざまな“雲”を世に送り出し、その度に注目を集めてきた「Richard Clarkson Studio」。そんな彼らが最...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
セックスのとき、他の人っていったいどんな顔してるんだろう…なんて気になったことはありませんか?それはそれは、とてもプライベートな出来事です。だからもちろん...
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...